無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 練馬区で増築部分のルーフバルコニーからの雨漏りをFRP防水工.....

練馬区で増築部分のルーフバルコニーからの雨漏りをFRP防水工事で解決

【施工前】
ルーフバルコニー防水施工前

【施工後】
ルーフバルコニー防水施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


5~6年前に大規模な増築をしたというS様邸、その際に大きなルーフバルコニーを設けましたが数ヶ月前から雨漏りが起こっているということでする。さまざまな業者を呼んでいろいろと調べてもらったが、原因が分からず、解消しないままの状態数ヶ月、続いてるそうです。この度はS様から「屋根の専門店としてぜひ、解決してほしい」とご相談を受け、防水工事をすることになりました。
5~6年前に大規模な増築をしたというS様邸、その際に大きなルーフバルコニーを設けましたが数ヶ月前から雨漏りが起こっているということでする。さまざまな業者を呼んでいろいろと調べてもらったが、原因が分からず、解消しないままの状態数ヶ月、続いてるそうです。この度はS様から「屋根の専門店としてぜひ、解決してほしい」とご相談を受け、防水工事をすることになりました。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
お施主様
S様邸
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
お施主様
S様邸
足場アイコン雨漏り修防水工事

【点検の様子】

ルーフバルコニー塔屋部分 塔屋の屋根

お客様がおっしゃるには「どうも増築した部分から雨漏りしているようだ。大きく作ったルーフバルコニーがどうも怪しい」ということです。その部分を中心に点検していきましょう。

 

室内の雨漏り跡 クロスの剥がれ

ルーフバルコニー直下のお部屋です。ここが雨漏りしているそうで、確かに浸水した跡がついていました。クロスも剥がれてきています。

ベランダの不要物 点検を繰り返す

床と壁の取り合い部分が雨水の浸入箇所になっているのは分かりました。どうやらいろんなところからちょっとずつ漏っている、最終的にあのお部屋に集まってくるようです。完全に止めるためには陸屋根の防水層から作りかえるしかないようです。

 

【ルーフバルコニーへのFRP防水】

パネル 剥がした資材

こりまでの防水層を撤去し、一から防水層を作り上げます。これまではシート防水でしたが、今回は破断する心配のないFRP防水工事を行います。まずはシート防水のシートを撤去しています。立ち上がり部の木材なども撤去します。

 

下地造り ケレン

防水層とその表面を撤去したら、コンパネを増し打ちします。その表面をケレンによって均します。こういった細かい部分も防水の寿命を決める大切な部分です。

 

プライマー塗布 コーナー部にもプライマー

プライマーを塗布していきます。立ち上がりの面木にも塗布します。プライマーを塗布することによって後から貼るガラスマットやポリエステル樹脂の密着力を上げることができるのです。

 

ガラスマット 1495627356432

ガラスマットを貼り込み、ポリエステル樹脂を含浸させていきます。空気が入ってしまうと浮きが出てしまうので脱泡処理をしながら、作業を進めていきます。

 

樹脂含浸 1496145263075

防水層を厚くするため、トナーを入れたポリエステル樹脂を塗布していきます。この段階ではまだガラスマットが見える状態です。ガラスマットが目立たなくなるまで数回の塗布が必要です。

 

トップコートの塗布 完工

最後にトップコートで仕上げます。これは主に紫外線からFRPを守るためです。これで雨漏りとも無縁のルーフバルコニーになるでしょう。

 

ルーフバルコニーのFRP防水工事が完了しました。広いルーフバルコニーがとても素敵です。夏の夕暮れなどはこういったところで、涼しく過ごしたいものです。

 

 

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

 一般的な戸建て住宅で雨漏りの原因として意外と多い部分がベランダやバルコニーです。街の屋根やさんで雨漏りの原因を調べていると、ベランダやバルコニーが水の浸入口となっているケースはかなり多いのです。ベランダやバルコニー、陸屋根はほぼ勾配がなく、しかも四方を壁に囲まれていることがほとんどで、構造的にも排…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 【動画で確認「ベコ…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      豊島区南長崎で屋上陸屋根に高耐久のウレタン塗膜防水塗料ダイフレックスエバーコートZero-1Hを使って通気緩衝工法の防水工事を行いました

      【施工内容】

      陸屋根工事 、雨漏り修理、防水工事

      三鷹市新井で水槽内の劣化した防水部分をウレタン防水工事で直します

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

      豊島区南長崎で強風で剥がれたALC外壁に貼られた金属サイデイングの貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      ガルバリウム鋼板、その他の工事

      豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にもなる7寸丸に積み替えました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金交換工事、台風被害により火災保険を使用しての施工となります

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る