無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 中央区で低層ビルの陸屋根を通気緩衝工法でウレタン防水

中央区で低層ビルの陸屋根を通気緩衝工法でウレタン防水

【施工前】
陸屋根ウレタン防水施工前

【施工後】
陸屋根ウレタン防水施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


中央区に自社ビルをお持ちの企業様から陸屋根の防水工事を承りました。何ヶ月も前に陸屋根の表面に皺が発生し始めて、「大丈夫かな」と思っていたところ、その皺がどんどん酷くなり、数ヶ月前から雨漏りがはじまったということでした。現在も雨漏りが続いており、業務にも支障をきたすようになってしまったそうです。「こんなことになるなら、皺に気付いた時点で工事を頼んでおけばよかった」と後悔されていました。
中央区に自社ビルをお持ちの企業様から陸屋根の防水工事を承りました。何ヶ月も前に陸屋根の表面に皺が発生し始めて、「大丈夫かな」と思っていたところ、その皺がどんどん酷くなり、数ヶ月前から雨漏りがはじまったということでした。現在も雨漏りが続いており、業務にも支障をきたすようになってしまったそうです。「こんなことになるなら、皺に気付いた時点で工事を頼んでおけばよかった」と後悔されていました。


担当:渡辺


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックスDSカラー
お施主様
W様
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックスDSカラー
お施主様
W様
足場アイコン雨漏り修防水工事

点検の様子

施工前の陸屋根

シート防水されている陸屋根ですが、そのシートが下地から剥がれており、さまざまところに皺が寄っている状態です。立ち上がり部分や窓の下の部分からは完全にシートが剥離してしまっています。これでは防水層の下に雨が入り放題です。

 

立ち上がり部分のシートの剥がれ 寄れたシート

窓の下の立ち上がり部分は完全にシートが剥離して下地が見えていました。また、剥がれたシートが移動し、他の立ち上がり部分では防水シートがたわんでいます。これでは雨漏りしてもおかしくありません。排水性の低い陸屋根ですから、業務に支障が出るほどの雨漏りとなっているのも頷けます。

 

ウレタン防水通気緩衝工法

通気緩衝シート シール

今回の防水工事は下地に染みた雨水が後に悪影響を与えないようにウレタン防水通気緩衝工法を選択しました。下地に染みた雨水が水蒸気となった際、排出できるように脱気塔を設けます。これで水蒸気によって防水層が膨れるということがなくなるわけです。まずはこれまでのシート防水を撤去し、プライマーを塗布した後、通気緩衝シートを隙間なく貼っていきます。シートとシートの間はクロスを貼り、下塗りをして下処理します。

 

立ち上がりの処理 DSCF3144

立ち上がりの部分にもプライマーを塗布した後、クロスを貼っていきます。その後、下塗りをして、下地を作り上げます。これでウレタン防水の準備が整いました。

 

ウレタン塗膜防水立ち上がり用 DSCF3126

ウレタン防水には定評があるダイフレックスのDSカラーを使用しました。ウレタン防水はウレタン塗膜防水とも呼ばれ、塗り重ねて塗膜を形成させることで防水膜を作り上げます。立ち上がり部分も、平面部分もしっかりと防水膜が形成できるよう専用の防水材が用意されているのです。

 

ウレタン防水材塗布 

ダイフレックスのDSカラーの塗布が完了しました。塗布した直後は青みを帯びたグレーですが、乾燥すれば落ち着いたグレーになります。しっかりと乾燥させてから、排水口にカバーを取り付けます。この後、排水勾配を確認したら、防水工事は完了です。

 

ウレタン防水通気緩衝工法竣工

ウレタン防水竣工

ウレタン塗膜防水の施工が完了しました。これまではよれよれのシートが目立った陸屋根でしたが、それもなくなり、見た目もすっきりしました。これで業務に支障を来たしていた雨漏りともおさらばです。ウレタン防水の耐用年数は約10年と言われています。ウレタン塗膜防水は再度、ウレタン防水を重ね塗りすることができますので、ランニングコストの面でも優れているといえるでしょう。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      荒川区町屋で令和元年東日本台風被害で雨漏りを起こした瓦棒屋根の部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      中央区と近隣地区の施工事例のご紹介

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

      【施工内容】

      棟板金交換

      墨田区墨田にて令和元年房総半島台風の影響で片流れ屋根のスレートが飛散、スーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る