点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区でカバー工事済みの屋根からの雨漏りはヒランビーで葺き替え工事を実施

墨田区でカバー工事済みの屋根からの雨漏りはヒランビーで葺き替え工事を実施

【施工前】
施工前の屋根写真

【施工後】
葺き替え後の谷

【お問い合わせのきっかけ】
墨田区のO様は雨のたびに起こる雨漏りに長い間悩まされてきたそうです。幾度も補修をしても直らない・・・。すごいストレスだと思います。部分修理で済む雨漏り補修もありますが、原因が多数である場合は思い切った決断も必要です。今回はお客様にも思い切った決断をしていただき、既存屋根を剥がして新規に葺き直す「屋根葺き替え工事」にて雨漏り改修工事を実施させていただきました。原因もはっきりし、雨漏りも止まってお客様も安心して頂いております。

【工事内容】
金属屋根工事 パラペット壁工事
【工事詳細】
使用材料
INAGAKIヒランビー、角波
施工期間
延べ5日間
築年数
40年以上
平米数
37㎡(パラペット含む)
お施主様
O様邸

【点検】

墨田区屋根葺き替え調査001 墨田区屋根葺き替え調査002

雨漏りは壁際の天井部分から発生していました。位置的にも屋根の集水マスの近辺であることから、漏水の可能性のある箇所として考えてみました。

墨田区屋根葺き替え調査003 墨田区屋根葺き替え調査004

屋根の上はパラペットに囲まれている構造となっていました。片流れの構造の屋根の雨水がすべて水下側に集まるため、漏水を引き起こしやすい場所と言えるでしょう。以前にも漏水を起こしたのでしょうか?板金の継ぎ目という継ぎ目にはコーキング処理がされていて、屋根塗装もされているようでした。

墨田区屋根葺き替え調査005 墨田区屋根葺き替え調査006

先程の谷の部分はあくまでも可能性の1つではありますが、他にも原因があるかもしれないので屋根全体を調査して行くと、搭屋の水上側にもかなり補修を行った形跡が見られました。より確実に漏水箇所を特定し、的確な工事をご提案させていただくためにも散水試験から行うことをご提案させていただきました。

【散水試験】

墨田区屋根葺き替え工事001 墨田区屋根葺き替え工事003

散水試験を行うに当たり、室内天井に点検口を作成させていただきました。散水試験は水下側から実施いたします。時間差を置いて水が出てくることもあるため、水かけ時間、待機時間と時間測定を行いながら実施いたしました。

墨田区屋根葺き替え工事002 墨田区屋根葺き替え工事004

漏水箇所の天井内部を見たところ、どうやら屋根が二重になっていることがわかりました。雨水が集中する谷の部分に古い谷が有ったのです。雨水の漏れてくる箇所は、古い谷に伝ってきていたので、新しい屋根(既存)と旧屋根の間から浸水していることになります。

墨田区屋根葺き替え工事005

また連棟となっているので、お隣との境からの漏水も可能性が出てきました。最初に可能性として見ていた集水マス近辺だけでなく、屋根全体の問題の可能性が高くなってきました。カバー工事のカバー工事はあり得ないため、今ある屋根を一度剥がして、新しい屋根を葺き直す「屋根葺き替え工事」を実施して完全に止水する工事をお客様にご提案させていただきました。

墨田区屋根葺き替え工事007 墨田区屋根葺き替え工事006

屋根全体の問題であることを確信したのは、その後の雨に備えて谷部分を養生したのですが、漏水量に大きな変化がなかったことからも明らかでした。この結果にお客様も屋根葺き替えのご決断をしていただく事になりました。

 

【工事】

墨田区屋根葺き替え工事010 墨田区屋根葺き替え工事011

まずは、屋根葺き替え工事にあたり、ベランダを一度解体し無くてはなりません。その後に屋根材を棟側より撤去していきました。塔屋の水上側の屋根材の撤去を行っていると大量のシリコンコーキングの塊が・・・。

墨田区屋根葺き替え工事013 墨田区屋根葺き替え工事012

棟側から流れてきた雨水を搭屋の屋根部分が受ける形状となっているためこの部分の雨仕舞はこの屋根工事の難所の1つとなっておりました。塊になっていたシリコンコーキングどうにかこうにか撤去をして屋根材を剥がすとそこにはビッショリと濡れたルーフィングが現れました。

墨田区屋根葺き替え工事014 墨田区屋根葺き替え工事015

搭屋の際の処理と搭屋と屋根が受ける部分の処理が上手くなかったのだろうと推測されました。もともとは瓦棒の屋根が有ったうえに、今の屋根を葺いたようです。完全に漏水を防ぐためにも屋根部分だけでなくパラペット壁部分と笠木に関してもカバーを行うことになりました。

墨田区屋根葺き替え工事016 墨田区屋根葺き替え工事022

ルーフィングは粘着式ルーフィングのタディスセルフを使用します。谷の処理、パラペット壁際の水切りの処理と行って参ります。

墨田区屋根葺き替え工事017 墨田区屋根葺き替え工事018

谷は事前におさまりを想定し作成してきたものを設置していきますが設置は排水口とも絡む為、この屋根工事の難所第二位にあたります。屋根材を葺くにあたり下地タルキ部分に墨出しをおこなって屋根材を葺いたいきました。今回使用した屋根材は、INAGAKIヒランビーです。ガルバリウム鋼板製の屋根材で錆に強く耐久性の高いものです。

 

屋根と搭屋の取り合い部分には、雨水が搭屋の際を流れてくれるように水切りを加工いたしました。際もシッカリ防水紙が立ち上がっています。

墨田区屋根葺き替え工事008 墨田区屋根葺き替え工事009

工事の難所第三位の排水口も、以前の補修でコーキングだらけになっていたため、撤去新設を行いました。これで可能性のある箇所、実際に雨漏りを起こしていた部分への補修は終了です。工事後も雨や雪や降っていますが雨漏りなく快適にお過ごし出来ているそうです。部分的に補修をしていたら完全な漏水停止は出来ていなかったかもしれないと思うとお客様の決断と職人の経験に本当に感心いたします。

 

 

【工事完了後】

完成とベランダ再設置

パラペット内壁に屋根色に合わせた角波を施工、笠木もガルバリウム鋼板製で被せました。屋根葺き替え工事で一度解体していたベランダの再設置を行っています。

棟側から搭屋に向けて流れてくる水量は流れが短いのでそれほど多くは無いと思われますが水が溜まらずに流れるように水切りを加工しています。

搭屋の雨受けぶ施工

棟側から搭屋に向けて流れてくる水量は流れが短いのでそれほど多くは無いと思われますが水が溜まらずに流れるように水切りを加工しています。

搭屋壁際おさめ

搭屋の壁際も際谷が入っていますので水が入り込む心配は有りません。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区で物置の波板屋根の葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、金属屋根工事

      葛飾区|瓦棒の棟板金を交換後に屋根塗装でメンテナンス!

      【施工内容】

      屋根補修工事、金属屋根工事、金属屋根補修工事、棟板金交換、屋根塗装

      葛飾区|瓦棒の雨漏りを保険で補修後、屋根塗装メンテナンスを実施!

      【施工内容】

      屋根補修工事、金属屋根工事、金属屋根補修工事、屋根葺き替え、金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区|築25年の屋根を雨漏りする前に屋根カバー工事で安心ゲット

      【施工内容】

      江戸川区|屋根材の塗膜剥がれ等の劣化を塗装工事で解消致しました

      【施工内容】

      屋根塗装

      江戸川区|金属瓦棒(トタン屋根)を塗装工事致しました

      【施工内容】

      屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もりなど無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      街の屋根やさん東京大田
      〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る