無題ドキュメント

HOME > ブログ > 東京都|急に台風が増えてきました、雨漏りは大丈夫ですか

東京都|急に台風が増えてきました、雨漏りは大丈夫ですか

更新日:2016年8月20日

お盆過ぎからにわかに多くなってきた台風です。そのせいもあってか大気の状態も安定せず突発的なゲリラ豪雨も発生しています。雨風が多いと気になるのはやはり「雨漏り」ですよね。今まで雨漏りしていなかったのに急に雨漏りが発生したなんてお話も良く聞くことがあります。しかし急に雨漏りが発生するという事はなかなか考えづらい事でもあります。大抵は気が付かないレベルで天井内部まで雨は浸入していたのですが途中の断熱材や天井材で吸収されていて垂れてこなかっただけだったりもします。許容量を超えてしまった時に気が付いた、という事がほとんどと考えられます。その為、実際に雨が室内に垂れてくる場合は屋根の内部は結構すごいことになってたりするのです。さすがに今日の明日にどうにかはできませんので、次の台風に備えて屋根をメンテナンスしておくことをお奨め致します。でも、実際に屋根の上に登ることは難しいと考えられます。そこでみなさんでも、最初にできる事があります。それは室内の天井に色の変わった部分などが無いか見てみることです。お部屋の真ん中の天井にシミがある!なんていうケースは屋根の棟廻りの雨漏りの可能性があります。壁側の天井の縁だったりすると屋根の平場部分の防水紙が駄目になっている可能性があります。気になる方は普段はあまりじっくりとみることのない天井を見てみてください。特に築年数がある程度経っているお客様は要注意です。

 

築年数30年以上、コロニアルの屋根です。塗装工事は行ったことが有ったそうですが天井には雨漏りのシミがハッキリと残っています。雨漏りが屋根全体にわたっていたためにカバー工事で雨漏りを修理しました。

 

やはりコロニアルの屋根です。過去の塗装はすっかり劣化しています。室内中央部近くに雨染みが出来てしまっていました。雨漏りの範囲が広く部分修理での対応は不可能だったため屋根カバー工事にて雨漏りを修理した例です。

 

和瓦屋根のお客様の雨漏りは雨が入った場所から離れた部分でシミが広がっていました。瓦を一度外して下地をやり直してもとに戻す、葺き直し工事をおこなって雨漏り修理をした例です。

 

セメント瓦屋根の雨漏りも天井に大きなシミが出ていました。この位になるとはっきりと雨漏りの実感があることと思われます。下葺き材が古く屋根の多くの場所で雨漏りが発生していたため今の屋根材から違う屋根材へ変更する葺き替え工事をおこなって雨漏り修理を行った例です。このような症例の雨漏りでもすべての屋根の上では目立った破損が見られない事が特徴です。。よほど瓦がとんでしまっていたり棟が飛んでいたりすればわかりますがそのようなことが無くても雨漏りは起こります。雨漏りも状況によっては部分修理が可能なこともありますが、屋根の形状や状態によっては屋根カバー工事、葺き替え工事が必要になることもあります。室内にアヤシイ跡があったらまずは点検を行いましょう。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

【施工内容】

屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る