点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区|スーパーガルテクトで屋根カバー工法を実施!

墨田区|スーパーガルテクトで屋根カバー工法を実施!

【施工前】
屋根カバー,施工前

【施工後】
屋根カバー,施工後

【お問い合わせのきっかけ】
外壁塗装工事と同時に、スレート屋根の劣化から屋根カバー工法を行う墨田区の現場です。 今回使用する屋根材はガルバリウム鋼板のスーパーガルテクト シェイドモスグリーンです。 屋根カバー工法だと雪止めは付けられないの?換気棟はどうなるの?といった疑問を解決していきます。

【工事内容】
屋根補修工事
【工事詳細】
使用材料
IG工業:スーパーガルテクト(シェイドモスグリーン)
お施主様
N様邸

スレート 足場架設

スレート屋根の状態です。決して塗装が出来ないような酷い状態ではありませんが、築年数が経過しているのか、今後のメンテナンスを考慮した上で、屋根カバー工法を実施することとなりました。

屋根の工事にはカバー工法と葺き替え工事がありますが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

まず、屋根カバー工法は既存の屋根材をそのままに重ね葺きをするため、生活をしながら工期も短く施工が可能です。屋根材を撤去するわけではありませんので処分費も掛からず、補修費用を抑えることが出来ます。

デメリットは屋根を重ね葺きにするため、屋根全体に重量が掛かります。軽量な屋根材でのカバーを行いますが、当然重たくなることは回避できません。

対して屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新たに葺く工法ですので、屋根材によっては軽量化を図ることが出来ます。また下地の腐食等を確認することが出来、補修も容易です。

デメリットは屋根の処分費用が掛かる事、そして問題となるのがアスベストです。2004年以前に建築された住宅ではアスベストを含んだ屋根材を使用していることがあります。

アスベストの処分には専門業者による適切な規制が定められていますので、費用も大きくかかってしまいます。

今現在の屋根の状態を確認し、果たして屋根カバーが良いのか、葺き替え工事が良いのかを判断していくと良いでしょう。

屋根点検 スレート

足場を架け早速、屋根カバー工法の準備を行っていきます。着工前にもう一度、施工上で問題が無いか確認をしていきます。

長期間に渡って雨漏りを起こしている場合は、野地板が腐食している可能性がありますので、このような場合は屋根カバーではなく葺き替え工事に切り替えた方が良いかもしれませんね。

タディスセルフ 雪止め

材料の荷揚げを行い、作業に入ります。屋根カバー工法を行う前に、雪止めや棟板金の凹凸の部材を外していきます。

雪止めは屋根材間でビス留めをしていますので、綺麗に外すことが出来ません。カッターやサンダーで切り取ってしまうのが通常です。

雪止め 換気棟

雪止め全てを撤去していきます。もし仮に全く設置していない住宅でも、近年の異常気象で積雪をする地域が拡大しています。その為、屋根カバー工法の際に取り付ける場合はお気軽にご相談ください。

後付けでも取りつけは可能ですが、屋根材間でしっかりとビス留めをする先付施工の方が丈夫です。

棟板金は元々換気棟を取りつけていました。換気棟は小屋裏換気にも高い効果を発揮しますので、屋根カバーでも同様に換気棟を取りつけていきます。

貫板 スターター

貫板を撤去し、屋根カバー工法を行っていきます。まずは軒先専用のスターターを取りつけていきます。そうすることでスレートを綺麗に覆って隠します。

防水紙 隅だし

防水紙を既存屋根材の上に張り付けていきますが、今回は遅延型粘着ルーフィング「タディスセルフ」を使用します。

防水紙はアスファルトルーフィングと改質アスファルトルーフィングに分かれます。全体的に性能を向上させている改質アスファルトルーフィングには、粘着型とタッカー留めに分類されます。

タッカー留めはわずかながら穴を開けてしまうというデメリットが存在しますが、粘着型はピッタリと屋根材に張り付くため穴を開けることはありません。

しかし、施工時に張り付くがゆえに施工にやり直しがききません。その施工時の問題を解決しているのがタディスセルフです。遅延型ですので、施工時には完全に張り付くわけではありません。

張り直しも可能な為施工は簡単ですが、施工後数時間でピッタリと張り付いていきます。

スーパーガルテクト ケラバ

屋根カバーです。使用材料はIG工業のスーパーガルテクト Sシェイドモスグリーンです。2016年3月にガルテクトからグレードアップし販売された屋根材です。

従来のガルテクトとほぼ同価格でありながら、耐久性は3倍超です。それに伴いメーカーの施工保証も拡大しました。

例えば、穴あき保証が20年から25年へ、沿岸地域の制限が5㎞以遠から500m以遠と、沿岸地域の住宅には嬉しいご報告です。

また、塗膜のヒビ・赤錆保証はそれぞれ5年の延長となりましたので、金属屋根の不安要素が大きく改善されたと思います。

屋根材の前に、軒先唐草・ケラバ等の役物を取りつけていきます。ビス止め後はビス穴から雨水が入り込まないようにシーリングで塞ぎます。

屋根カバー 雪止め

屋根材は軒先から葺いていきますが雪止めを設置される場合は、軒先から40~80㎝程の部分に雪止めを取りつけていきます。

後付けが引っ掛ける物であったり違う素材での取付と比較すると、ビス留めの先付けで統一感のある同質役物の方が見栄えも強度も保つことが出来ます。

雪止めの取付間隔や個数は、住宅屋根の形状・勾配・素材と地域によって異なります。

金属屋根のようにツルツルとした屋根材の場合、雪が滑りやすくなるため、スレートと比べると個数が必要となる場合もあります。

屋根の塗装工事をした後に雪が滑り落ちると言った現象も同様に、粗面に塗膜保護をし綺麗になった為です。思わぬきっかけで雪が滑り、対策が必要になるケースもありますので、施工の段階でご相談ください。

雪止め設置 スーパーガルテクト

雪止め設置後、棟まで屋根材を葺き棟板金と換気棟を取りつけ、屋根カバー工法は終了です。スーパーガルテクトは2.5寸以上の屋根での施工が可能で、5㎏/㎡と既存の屋根に大きな負担をかけない重量です。

遮音性が気になる金属屋根材ですが、断熱材と一体化にしておりますので屋根カバーだけでなく、葺き替え工事でもご使用いただけるスーパーガルテクト。

スレート屋根の劣化が心配になった、大きな費用をかけずに屋根のリフォームを検討中、メンテナンス等のランニングコストを抑えたいお客様に最適な屋根材です。

ぜひ葺き替え・屋根カバー工法の際にご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. 街の屋根やさん大田店

      1. 電話 0120-989-936
        1. 〒145-0071
          東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      1. お問い合わせはこちらから

        あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

         街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

        このページと共通する工事内容の新着施工事例

        江戸川区で南蛮漆喰「シルガード黒」で棟の取り直し工事!室内天井も張替え雨漏り跡を改善

        【施工内容】

        屋根補修工事、瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰詰め直し、漆喰取り直し、雨漏り修理

        中野区で強風により飛散したベランダ屋根の樹脂製波板の張替え

        【施工内容】

        屋根補修工事

        文京区|昨年の雹害に火災保険を利用し補修メンテナンス

        【施工内容】

        屋根補修工事、瓦屋根工事、雨樋交換、屋根塗装、雹災害

        その他の施工事例一覧→

        墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

        墨田区でウレタン塗膜防水をメンテナンス、遮熱トップコートのエクセルトップ使用

        【施工内容】

        墨田区の以前施工させて頂いたお住まいで、鼻隠し補修と雨樋補修!雪止めも設置し落雪対策

        【施工内容】

        雨樋交換、雪止め設置

        中央区で低層ビルの陸屋根を通気緩衝工法でウレタン防水

        【施工内容】

        防水工事

        その他の施工事例一覧→

        屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

        お問い合わせ・資料請求
        • 屋根リフォームの流れ
        • 徹底したお住まい調査
        • 不安ゼロ宣

言
        • 屋根のお役立ち情報
        • 当社のご案内
        • 屋根の資料請求

        点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

        株式会社シェアテック
        街の屋根やさん東東京
        〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        街の屋根やさん東京大田
        〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        ページトップへ戻る