無題ドキュメント

HOME > ブログ > 日野市平山にて腰折れ屋根の点検を行いました。

日野市平山にて腰折れ屋根の点検を行いました。

更新日:2021年2月20日

 日野市平山にて屋根の葺き替えをお考えのお客様邸の調査を行いました。調査したお宅は築30年で十数年前に一度塗装のメンテナンスを行ったそうですが経年劣化も気になり屋根の葺き替え工事をご希望とのことでした。一般邸に防水紙の寿命は25~30年程度と言われております。ですので屋根のメンテナンスを行うにはちょうどいい時期なのかなと思います。

途中で勾配が変わっています

屋根の造りは腰折れ屋根でした

 腰折れ屋根とは屋根の途中で角度が変わっているもののことを指します。もっと厳密にいうとマンサード屋根(外側四面寄棟二段勾配屋根)とギャンブレル屋根(二面切妻二段勾配屋根)の二つに分類されます。腰折れ屋根のメリットとしては急勾配になる分、雨水が滞在する時間が短くなりますので水はけがよくなり、苔や藻が発生しずらくなります。また、狭小地でも屋根を作ることができるといった特徴があります。屋根を張り出すことのできない狭小地において屋根を作る際に用いられることもあります。

屋根材も急勾配の方が劣化しずらいです 7寸勾配以上は登って調査が難しくなってきます

急勾配によるデメリットもあります。

 急勾配であることはいいことばかりというわけにはいきません。急勾配の屋根は風が当たる面積が大きくなりますので風の影響を受けやすいという特徴があります。また、工事費用が割高になってしまうというデメリットもあります。勾配が急ですとそもそも屋根に登れなかったり、安全に作業することが難しくなります。工事を行う際にも屋根足場という足場が必要になってくるのでどうしても費用がかさんでしまいます。

 更に腰折れ屋根に関しては途中から勾配が変わる訳ですから当然その間に隙間ができてしまいます。しっかりと知識のある業者が施工しないとそこから雨漏りを引き起こしてしまうといった恐れもあるのです。

棟板金も段違いになっていました 劣化の具合も変わってきます

 私達、街の屋根やさんでは感染拡大を続ける新型コロナウイルスの感染防止対策としてマスクの着用を徹底しております。また、雨漏りの調査やベランダ防水の調査を行う際にご自宅にお邪魔させていただくことがあります。そういった際にも手指のアルコール消毒を行いソーシャルディスタンスをとって作業させていただいております。お困りごとありましたら安心してご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る