無題ドキュメント

HOME > ブログ > 調布市深大寺元町で下地が劣化し始めた瓦葺き屋根は葺き直し工事.....

調布市深大寺元町で下地が劣化し始めた瓦葺き屋根は葺き直し工事が必要です

更新日:2020年11月15日

 調布市深大寺元町で瓦葺き屋根の調査をおこないました。

 お問合せのきっかけは漆喰が剥がれ落ちている様なので見て欲しいという内容でしたが、実際に屋根に上ってみると漆喰は剥がれているところは有りませんでした。

 色が変わって黒ずんでいるとこがあり、そこが下から見ると漆喰が剥がれているように見えている様でした。屋根に上って確認しましたので、全体的に傷みが出ていないか調べていきます。

問題がなさそうな瓦葺き屋根

瓦葺きの屋根 多少のし瓦が外にはみ出してきました

 瓦が綺麗に葺いてあります。下から見てもズレなども無く比較的状態は良さそうに見えます。棟瓦の銅線が切れているところもなく、見た目には被害は無さそうです。

瓦屋根でも下地の劣化は進行します

瓦の下の状態を確認します 瓦桟のすぐ上で重なっています

 瓦葺き屋根は見た目には問題が無くても、下地が劣化している事がありますので瓦を剥がして確認してみます。

 横向きに打ち付けた瓦桟に瓦を引っかけて葺いていくのですが、その下は雨水が建物内に入り込まない様に防水紙(ルーフィング)は葺いてあります。築年数が経過した建物ですと、木を薄くはいだものを網合わせたとんとんなどが使われている事もありますが、瓦が葺いてあると見た目身はわかりませんので、必ず瓦を何か所かどかして下地の状態を確認する事は必要です。

 防水紙は1m位の幅のロール状になった物を軒先から横向きに葺いていきます。上の段を葺くときには重なりを設けて同じ様に葺いていくのですが、瓦桟のすぐ上が重なり部分になっていました。

 瓦屋根には屋根の下にも必ず雨水は張り込みますが、瓦桟が横向きに打ち付けてあるので雨水が溜まってしまいます。瓦桟の裏側に雨水を流す為の溝が作られていたり、タテ向きに貼ったキズリテープなどで隙間を開ける事がありますが、今回調査した屋根はそのように納めてありませんでしたので、瓦桟に溜まった雨水が防水紙の重なり部分から中に入り込む可能性があります。

水返しに土がついています

 また瓦には水返しといって雨水が中に入り込みにくくする溝が切ってありますが、そこは土ぼこりで埋まっていました。この状態ですと雨水がうまく流れなくなり、雨水を中に引きこんでしまう事もあります。

 今回調査した調布市深大寺元町の瓦葺き屋根は、漆喰は問題ありませんでしたが下地の傷みが進行し始めていますので、お客様が瓦を気に入られているという事もありますので、葺き直し工事のご提案を致しました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心しておまかせください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

豊島区駒込で台風被害で破損したドーム型天窓カバーの交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理、天窓工事

中野区若宮で雨漏りで崩れた瓦屋根を下地を作り直して葺き直し工事をおこないました

【施工内容】

瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

北区西ヶ原で雨漏りをしている小波スレートのガレージ屋根の葺き替えを行いました

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

世田谷区東玉川で雪害にあった雨樋の交換工事が完了しました

【施工内容】

雨樋交換

府中市白糸台で硬化不良を起こしている屋上の床を防水工事で直します

【施工内容】

防水工事

府中市府中町で強風で破損した軒天のべニアを足場を架けて張り替え工事します

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る