無題ドキュメント

HOME > ブログ > 世田谷区八幡山で雨漏りが原因でタイル目地から木材腐朽菌がはみ.....

世田谷区八幡山で雨漏りが原因でタイル目地から木材腐朽菌がはみ出しています

更新日:2020年8月9日

世田谷区八幡山で外壁の調査をおこないました。

外壁の一部がタイル張りになっているのですが、隙間から白い物が出てきてしまうという事でお問合せをいただきました。モルタル吹付の外壁の一部にアクセントで素焼きタイルが張ってありますが、そのタイルの目地部分から白い物がはみ出してこびり付いていました。

これは木材腐朽菌といって木を腐らせてしまう菌類の事をいいます。キノコなども同じ分類です。タイル張りの外壁でなぜ木材腐朽菌が発生するのか疑問を持たれるかもしれませんが、木造住宅ですので、アクセントでタイルを張った外壁の下地には木材が使用されていて、その木材に発生した腐朽菌がタイルの目地などから外へ出てきていました。

タイルの目地はコケが付着しています

素焼きのタイルの目地はコケが付着しています タイル張りの外壁

素焼きタイルの目地にはラフに目地材が詰めてあります。日が当たりにくい北面の目地にはコケが付着していました。雨水を弾かない為に濡れてしまうのでコケなどが付着しやすい状態になっています。

下地の木が腐食している様です

タイル目地の回りには白い塊が付着しています。触るとポロポロと剥がれ落ちるこの塊は木材腐朽菌です。簡単にいうとキノコなどと同じ分類の菌類で、木材を腐食させてしまいます。

この木材腐朽菌が出てきているという事は、外壁の下地に使用されている木材が腐食している事を表しています。

目地にはビッシリと木材腐朽菌が付いています

目地の隙間から出てきています 白い腐朽菌がこびりついています

下地が腐食している可能性があって木材に腐朽菌が発生しているのですが、目地の隙間からはみ出している様です。ここまで大量の木材腐朽菌が出ているという事は、大分下地の劣化が進んている様ですので腐食した木材を除去して新しく作り直す必要があります。

世田谷区八幡山で調査した外壁は、雨漏りによって木材が腐食して腐朽菌が大量に発生していましたので、タイルを剥がして下地から作り直す工事をご提案しました。

私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますのでご安心ください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

多摩市鶴巻で雨漏りの原因になっているマンションの斜壁を防水工事で直します

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

文京区白山で床がフワフワする屋上FRP防水を下地からやり直してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法で再防水工事しました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

文京区本駒込で断熱ブロックを撤去してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法を実施いたしました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

その他の施工事例一覧→

世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

大田区大森北でトップライトからの雨漏りをイージーフラッシュで防水しました

【施工内容】

陸屋根工事 

世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

【施工内容】

屋根補修工事

杉並区浜田山で強風で捲れてしまった急勾配の屋根を火災保険で葺き替え工事しました

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る