無題ドキュメント

HOME > ブログ > 港区元麻布で表面が膨らんだベランダ床防水は雨漏りの可能性あり.....

港区元麻布で表面が膨らんだベランダ床防水は雨漏りの可能性あり

更新日:2020年8月21日

港区元麻布の戸建住宅にてベランダ防水の点検です。表面が膨らんだり剥がれたりしているのが気になるとのこと。数年前、築15年ほどで一度メンテナンスとして防水の再塗布をされているそうです。雨ざらしになるベランダ・バルコニーの床には防水施工が必須です。こちらにはウレタン樹脂による防水層が施工されていて、その上に紫外線防止のトップコートが塗布されています。

ベランダ防水の点検

床の膨れや破れ

防水層の膨れ 防水層の破れ

お客様の仰るように全体的に塗膜がポコポコと盛り上がっています。さらにそこから傷ついてしまったのでしょう。破れて下の層が見えている部分もありました。こうして膨れが出来てしまう原因は、水分にあります。塗膜の下に入り込んでしまった水分が蒸発するときに逃げ場を失い、塗膜を持ち上げてしまうのです。もしかしたら前回のメンテナンスの時には既に下地が水分を含んだ状態だったのかもしれません。そして、下に水分が入り込んでいるということでは防水に意味がなくなってしまいます。

床に亀裂も

ベランダ床のヒビ 継ぎ目の部分がひび割れている

床に大きく亀裂ができていました。こういった場所からも水分が入り込む可能性があります。

ベランダ裏の様子

ベランダ裏は雨漏りにより剥がれていました

ベランダの裏側を確認すると塗装が剥がれて捲れていました。ベランダから雨漏りを起こし裏側にまで影響しているのでしょう。隣接した部屋の内部に雨漏り症状が現れてしまう危険もあります。早急に補修したいところです。こうして既に下地が雨漏りしている場合は、通気緩衝という工法を取るのが有効です。下地と塗膜の間に通気層を設けるので水分も逃がすことができます。古い塗膜を剥がし、ヒビなどは補修したうえで新しい防水層を作ることになります。
ベランダ・バルコニーも雨漏りの原因になる場所です。床の様子をたまにはチェックして、気になることがあれば点検をお申し付けください。点検・見積もりは無料で行っています。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区佐野でFRPにタイルが貼ってあるベランダの雨漏りをウレタン塗膜通気緩衝工法で防水工事しました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

台東区千束でベランダ防水の劣化に伴うメンテナンス、通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事、外壁塗装

豊島区池袋本町で屋上陸屋根直下の部屋の雨漏りをウレタン塗膜防水の通気緩衝工法と密着工法で解消しました

【施工内容】

陸屋根工事 、防水工事

その他の施工事例一覧→

港区と近隣地区の施工事例のご紹介

新宿区百人町でテナントビルの屋上をウレタン防水工事で補修します

【施工内容】

防水工事

新宿区若松町で台風被害にあった塩ビの波板を火災保険で使ってポリカーボネートに交換しました

【施工内容】

その他の工事

新宿区中落合のビルで古くなったアスファルトシングル屋根を葺き替えました

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る