無題ドキュメント

HOME > ブログ > 三鷹市新川でスレート屋根の棟板金が浮いて屋根全体に傷みが出て.....

三鷹市新川でスレート屋根の棟板金が浮いて屋根全体に傷みが出ています

更新日:2020年8月2日

 三鷹市新川で屋根の調査をおこないました。

 スレート葺き屋根の棟板金が浮いていると指摘されたそうでお問合せをいただいたのですが、指摘した業者に屋根の状態をみてもらいその時に屋根で撮影した画像を確認したそうです。

 実際に屋根に上ってい見ると棟板金は浮いておらず仮で固定している跡がありました。気になるのは釘の抜け方で、下地の貫板がゆるんで自然に抜けたというより、釘をわざと抜いた様に見える所がありました。上った業者がわざと不具合を起こしてその画像を撮影した可能性も高いと思います。

 屋根全体の傷みが進んでいますので、棟板金交換だけおこなうよりも屋根全体を直した方がトータルの費用を抑える事が出来ます。

指摘された棟板金を確認します

指摘された棟板金 欠けた部分に塗装してあります

 スレート屋根には棟板金が取り付けてあります。屋根面と屋根面が合わさった部分を覆う様に取り付けるのですが、下地の貫板などが経年によって劣化すると固定している釘が緩んで抜けてしまう事があります。

 釘が抜けると屋根の上に乗っているだけになりますので、台風などの強風で板金が飛ばされてしまう事になります。棟板金のすぐ横のスレートが一部割れて脱落していましたが、その部分にも塗装工事をおこなっていましたので、割れたのは大分前の様です。

釘で仮止めしてあります

 棟板金が浮いていたらしい部分です。新しいステンレス製の釘で固定してあります。何となく違和感があるのは、この仮で固定してある部分です。浮いていたと指摘したそうですが、自然に釘が抜けたというよりもわざと抜いた跡があり、折れ曲がり方も不自然な感じでした。

 以前の状態を確認した訳ではありませんので断定は出来ませんが、『近くで工事をしている者ですが』や『屋根が壊れているのが見えたので』などと訪問してくる業者には注意が必要です。

強風で持ち上がったのであれば火災保険が適用になります

捲れた形跡がある棟板金 釘の浮き

 建物が強風による被害を受けた場合は、建物に掛けられた火災保険の風災が適用になります。火災保険が使用できると、元に戻す為にかかる費用を保険会社が負担してくれるので自己負担なく直す事が可能です。保険内容によって補償が変わってきますので、ご加入の保険会社へ確認する事をお勧めします。

 三鷹市新川で調査に伺ったスレート葺き屋根は、棟板金が劣化していて釘も抜けかかった部分が有りますので、火災保険の申請をして直します。屋根全体も築年数を考えると屋根カバーなどでメンテナンスする事が今後のメンテナンスコストを抑える事にも繋がります。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策でマスク着用・アルコール消毒をおこなっておりますのでご安心ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っ…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができ…続きを読む

三鷹市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。三鷹市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する三鷹市特設ページはこちら 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      三鷹市と近隣地区の施工事例のご紹介

      三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る