無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区北篠崎でサビて穴の開きそうなシャッターボックスをガル.....

江戸川区北篠崎でサビて穴の開きそうなシャッターボックスをガルバ鋼板でカバー工事しました

更新日:2020年6月15日

 江戸川区北篠崎のお客様からシャッターボックスの上部の膜のような物が剥がれているので調査してほしいというご依頼を私たち「街の屋根やさん」に頂きました。新型コロナウイルス対策を万全に調査にお伺いさせていただいたところ、お客様のおっしゃる通りシャッターボックスの塩ビ鋼板の塩ビシートが一部はがれかけておりました。お客様の家にはその他複数の同様なシャッターボックスがあるのですが何故かこの1か所だけが剥がれかけておりました。原因を探っていくと、どうやら何か鋭利なものがシャッターボックスに当たり、そこから雨水が浸入し鋼板をサビさせて内部から膨れ上がってきて剥がれてしまっているようでした。鋼板も何か当たったような形跡の部分がかなりサビてきてしまっていたため、塗装では修復は難しいと考えてガルバリウム鋼板で同様の形状に加工してカバー工事をすることになりました。

塩ビシートが捲れあがったシャッターボックス

塩ビ鋼板

 数か所あるシャッターボックスの1か所だけ塩ビ鋼板の塩ビシートが捲れあがっていました。お客様がたまたま気が付かれたそうです。

原因は?

サビ付いたシャッターボックス 下地処理

 剥がれかけた塩ビシートをめくってみるとかなりサビが酷くなっておりました。あともう少しで鋼板に穴が開きそうです。何かが当たって傷がついた部分はかなり小さな物だったので初期の状態ではお客様も見つけることは不可能だったと思われます。

新しくガルバリウム鋼板でカバーしました

完成 完成全景

 幸い分割形式になっていることもありサビている大きな面をガルバリウム鋼板の板金を加工してうまくカバーすることが出来ました。ガルバリウム鋼板は非常にサビにくい鋼板です。表面の塗装も現在の物は高耐久になっています。固定するビスもステンレス製ですのでサビに強く安心です。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る