無題ドキュメント

HOME > ブログ > 目黒区鷹番で雨漏りしているALCの外壁は目地の劣化が雨漏りの.....

目黒区鷹番で雨漏りしているALCの外壁は目地の劣化が雨漏りの原因です

更新日:2020年4月27日

 目黒区鷹番で雨漏りしている建物の雨漏り修理工事をおこないます。

 鉄骨造の外壁にはALC板が張ってありますが、目地のシールが劣化しています。特に雨漏りしているサッシ回りの部分はパックリと裂けてしまっているところがありますので、シールを打って雨水の浸入を防がなければなりません。

室内の雨漏り箇所を確認します

サッシの下から雨漏りしています

 サッシの下部分から雨漏りしています。通常の雨の時には雨漏りしないそうですが、サッシに吹き付ける様な風を伴った雨の時に雨漏りしてしまうそうです。

 建物の構造が木造の場合や鉄骨造などの場合ではサッシの取付方法が違いますので、構造を把握したうえでサッシ回りの状況を確認していきます。

ALCの外壁目地が劣化している サッシ回りのシールが劣化

 鉄骨造の建物の外壁にALC板が張ってありますが、目地のシールが劣化していてヒビ割れしています。大きく割れている部分もありますので、雨水が浸入して雨漏りの原因になっています。

サッシ回りのシール工事で雨水の浸入を防ぎます

小さな隙間でも雨水は浸入します

 屋上への出入り口になっているドアの下が雨漏りの原因になっていました。外壁と床の防水が絡むところで、更に入隅(いりずみ)といって角にサッシが取り付けてあるので、取り合い部分の雨仕舞いがしっかりと出来ていないと雨漏りしてしまいます。

 シールの劣化もありましたので、外壁との取り合いとモルタルが塗ってありますが床の防水との取り合いのシール工事をおこないます。
 
ヒビ割れから雨漏りします サッシ回りのシール工事

 大きくヒビ割れが出ているところもありますので、埋める様にシールを打ちます。除去できるところは打ち換えをおこない、除去できない所は上から増し打ちをおこないます。

 目黒区鷹番で工事中の建物は雨漏りしている部分の補修工事をおこないますが、今回の補修工事で暫くは雨漏りが止まりますが、全体の劣化を考えると目地のシール打ち換えと併せて塗装工事をおこなった方が良いでしょう。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス感染対策をおこなって作業をおこなっております。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区佐野でFRPにタイルが貼ってあるベランダの雨漏りをウレタン塗膜通気緩衝工法で防水工事しました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

世田谷区成城で階段手摺の工事中、下地の腐食が判明したため鉄骨の手摺に交換いたしました

【施工内容】

雨漏り修理、部分塗装

江戸川区北小岩で斜壁と瓦棒屋根の境目からの雨漏りを斜壁カバーと瓦棒カバー工事で解消しました

【施工内容】

屋根カバー工法、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

その他の施工事例一覧→

目黒区と近隣地区の施工事例のご紹介

世田谷区成城で外れかけた天井のボードを張替え工事で修復しました

【施工内容】

その他の工事

世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

【施工内容】

その他の工事

世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

【施工内容】

屋根補修工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る