無題ドキュメント

HOME > ブログ > ゴムアスファルトルーフィングは雨漏りを起こしにくい屋根に仕上.....

ゴムアスファルトルーフィングは雨漏りを起こしにくい屋根に仕上げる優れもの!

更新日:2020年4月24日

ゴムアスファルトルーフィングの役割

 屋根工事を行う際、皆さんが注目しているのはおそらく瓦や化粧スレートなど屋根材かと思います。デザインや耐久性、コストを考慮した上で決められるかと思いますが、実は室内への雨水浸入を防いでいる要は屋根材ではなく、防水紙やルーフィングと呼ばれる下葺き材です。そしてこのルーフィングには種類がいくつかあり耐久性も異なります。そこで今回はルーフィングの役割、種類からぜひお薦めしたいゴムアスファルトルーフィングの特性についてご紹介したいと思います。

防水紙(ルーフィング)の役割とは?

 防水紙やルーフィングと呼ばれる下葺き材の役割はずばり雨水を浸入させないことです。

「屋根材で防いでいるんじゃないの?」と思いますよね?確かに屋根材がほとんどの雨水をブロックしていることは確かです。

瓦屋根 ガルテクト

 瓦も金属屋根材も太陽光や雨水に晒され続けながら大切なお住まいを守り続けています。しかし100%ではありません。というのも屋根材には必ず隙間が出来ていますので、わずかな雨水が屋根材の下を流れているのです。その流れてきた雨水が室内に浸入することを防いでいるのが防水紙・ルーフィングの役割なのです。

防水紙の役割 防水紙の劣化による雨漏り
 つまり屋根材に異常が見られなくとも防水紙に穴が開いていれば雨漏りを起こしてしまいますので、屋根カバー工法葺き替え工事、葺き直し工事を行う際にはルーフィングもセットで葺き直す必要があります。

ルーフィングの仕組みと種類

 ルーフィングの主な原料は道路の舗装にも使用されているアスファルトです。それをフェルトや布・紙などにゴムや繊維などと融解させ染み込ませて厚み約1㎜に仕上げたものが防水紙です。その中でもいくつか種類が分かれていますがここでは多く使用されている2点をご紹介します。

道路に舗装されるアスファルト

① アスファルトルーフィング
 耐水性がある布や紙にアスファルトを染み込ませ、両面をアスファルトで覆い更に鉱石粉を固着加工したもので、現在多くのお住まいで使用されている一般的なルーフィングです。

普及したのは関東大震災のころですが、土葺きの瓦が地震で大量に落下したことが関係しているのかもしれませんね。

② 改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)
 アスファルトの性能を強化させ、耐久性・耐水性共にアスファルトルーフィングよりも優れたものが改質アスファルトルーフィングと呼ばれる防水紙です。ゴムアスファルトルーフィングとも呼ばれるルーフィングは、改質アスファルトルーフィングを指していますので同じものだと考えていただいて大丈夫です。

 ちなみに通常のルーフィングはステープルと呼ばれるコの字型の針で留めているのですが、改質アスファルトルーフィング・ゴムアスファルトルーフィングには粘着タイプのものもあり、これは穴を開ける心配もルーフィング同士の隙間ができる恐れもありません。私たち街の屋根やさんも風が強い地域や緩勾配屋根を中心に粘着型ルーフィングをお薦めさせていただいております。

改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)の優れた性能

 防水紙はほかにも様々な種類がありますが、現在最もおすすめなのは改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)です。その理由は以下になります。
1.コストパフォーマンスに優れる
 防水紙には安価なものから高価なものまで存在します。最も高耐久・高価とされているマスタールーフィングはなんと60年以上の耐久性を誇るようでぜひお使いいただきたいのですがやはり費用面が心配という方もいらっしゃいます。
対して改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)は比較的安価ですが、アスファルトルーフィングよりも耐用年数が長くおよそ20年前後です。ちょうど屋根材のメンテナンス時期にも差し掛かりますので、雨漏りを起こすことなく新たな屋根材に変更させることも可能です。

2.シール性に優れ雨漏りしにくい

ステープルでの固定 ビスでの屋根材固定
 先ほどもご紹介しましたが防水紙は通常ホッチキスのようなコの字型の針で固定しています。そしてその上に屋根材をビス等で固定します。施工直後は全く問題ありませんが築年数が経過するほどに徐々に開いた穴が広がり雨漏りを起こすリスクが高まります。しかし改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)はルーフィングそのものが開いた穴を塞ぐシール性を持ちます。そのため通常のアスファルトルーフィングよりも防水性・耐久性に優れており雨漏りを起こしにくい屋根に仕上げることができます。

まとめ

下地補修と防水紙の敷設 防水紙の種類

 屋根工事を行う際に最も大事なのは下地です。野地板が腐食していれば屋根は歪みますし、安価なルーフィングを使用すれば屋根材の耐用年数よりも早くメンテナンスが必要になってしまう可能性があります。このようなことが起きないよう、一度屋根材だけに固執せず屋根業者がどのルーフィングを使用しているのか聞いてみるのも良いかもしれませんね。

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

お住まいは手をかけただけ、応えてくれます!「数年前にちょっとだけ雨漏りしたけど、その後は何も問題がない」という方、そのケースはおそらくは防水紙が問題を抱えています。屋根は表面の瓦やスレート(コロニアル・カラーベスト)、金属だけでなく、その下の防水紙でも雨漏りを防いでいるのです。雨漏り時の雨水の浸入に…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

【施工内容】

スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る