無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区戸越で破損した棟を、板金内部にある貫板も含めて板金交換.....

品川区戸越で破損した棟を、板金内部にある貫板も含めて板金交換しました

更新日:2020年4月18日

 「屋根の頂上付近が破損している」とご心配なご相談がございましたのは、品川区戸越にお住いになられているH様からでした。先日の強風の影響で破損したそうで、室内にいると外からバンバンと音がしたそうです。外に出てみると、何かが外れたように見えることで街の屋根やさんにご相談がございました。私達、街の屋根やさんでは、新型コロナウイルスの影響がある中でも、出来る限りの注意を払いながら、お客様のお困りやご心配に対応させていただいております。

破損した棟板金

 

まずは破損した既存の棟板金と貫板を撤去します

棟板金を取り外すと貫板が露出します 貫板を取り外すと塗装されていないスレートが出てきました

 品川区戸越H様のお宅の屋根はスレートを使用した屋根でした。スレート屋根の頂上にある棟に使用されている部材に破損が見られました。スレート屋根の棟には棟板金と呼ばれる部材が取り付けられております。この棟板金は風の影響を受けやすく、飛ばされたり落下したりするケースが非常に多く、お困りになられている方も非常に多いです。棟板金は屋根に直接取り付けてある訳ではございません。板金内部にある貫板と呼ばれる木材に固定されております。

 

棟は風の影響を受けやすいことが多いの特徴です

新しい貫板を取り付けて新しい棟板金を取り付けます 棟板金交換工事が完成しました

 棟板金に異常があるときは新しい棟板金と交換する工事を行うことで直りますが、板金だけではなく貫板も一緒に交換することをおすすめいたします。新しい木材を使用することで固定力が向上するからです。棟板金の飛散や落下が起こりやすいのは、築年数やその屋根の使用年数がある程度経過した屋根で起こりやすい傾向があります。飛散や落下が起こることで、隣の建物を傷つけたり、通行人の方にも被害が出ることがございます。品川区戸越H様のお宅の壊れた棟板金は、棟板金工事を行って直すことが出来ました。私達、街の屋根やさんでは、スレート屋根の部分的な修繕も行っております。スレート屋根の部分的な修繕は、街の屋根やさんにお任せ下さい。

 

 

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区堀切で台風被害で破損したコロニアル屋根の棟板金を修理交換しました

【施工内容】

棟板金交換、ガルバリウム鋼板

豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金交換工事、台風被害により火災保険を使用しての施工となります

【施工内容】

棟板金交換

江戸川区西篠崎で令和元年房総半島台風のご被害で火災保険を使用した棟板金の交換工事を行いました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

目黒区柿の木坂で強風で破損した竪樋を火災保険の風災を適用して元通りに直します

【施工内容】

雨樋交換

渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る