無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区東矢向、ルーフィングの劣化が原因で雨漏り発生

大田区東矢向、ルーフィングの劣化が原因で雨漏り発生

更新日:2020年4月9日

大田区東矢向で雨漏りが発生、ご連絡をいただき調査に伺いました。
室内を拝見すると雨漏り箇所は一か所ではありませんでした。
押し入れの天井、リビングの壁クロスに雨染みを確認。
離れた箇所で雨漏りがの形跡があり、雨水の浸入経路も複数箇所あると考えられます。

押し入れ天井に雨染み 雨染みができた壁紙

瓦屋根の状態を確認

屋根は瓦葺きです。

築25年の瓦屋根

こちらのお宅は築25年が経過しているそうですが瓦自体に大きな劣化は見られません。
瓦屋根の雨漏り原因といたしましては瓦そのものではなく瓦の下地となっているルーフィング(防水紙)や野地板の劣化、瓦が積まれている棟部分の歪みや崩れなどの方が多いのです。

瓦を捲って見てみましょう

瓦の下にはルーフィングが敷設されています。
防水紙とも呼ばれますが、原料は主にアスファルトです。
瓦屋根だけでなくスレートや金属屋根の下地としても広く使用され、ルーフィングがあることで屋根材の隙間から入り込んだ雨水をシャットアウトしているのです。

ルーフィングに切れ目

このようにルーフィングに穴や切れ目ができてしまうとそこから雨水が浸入して
その下にある野地板を腐食させたり、建物内への浸水、室内への雨漏りへと発展してしまいます。

複数箇所でルーフィングが劣化しています 雨漏り原因となるルーフィングの劣化

しかもルーフィングの劣化箇所は一か所ではありませんでした。
屋根のあちこちに破れたり割れたりしている箇所があり、いつ別のお部屋で雨漏りが発生してもおかしくはありません。
ルーフィングの張替えが必要です。

雨漏り修繕方法は?

今回、瓦を一度撤去して屋根下地を作り直し、再度瓦を積み直す「屋根葺き直し」工事を行うことになりました。
お客様のご希望でアスファルトルーフィングに合成ゴムを加えた「改質アスファルトルーフィング」を下地に使用します。
こちらは温度変化に強く、耐久性・収縮性も高い高品質なルーフィングです。
今後長期間、屋根を雨漏りから守ってくれるでしょう。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区東金町で棟際の洋瓦のズレを棟積み直し工事で解消しました

【施工内容】

瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

多摩市桜ケ丘で雨漏りしている瓦葺き屋根を葺き直し工事で雨漏り修理します

【施工内容】

屋根葺き直し

江戸川区南葛西で令和元年東日本台風のご被害により、火災保険を活用し部分葺き直しと棟の取り直し工事を施工

【施工内容】

屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

世田谷区成城で階段手摺の工事中、下地の腐食が判明したため鉄骨の手摺に交換いたしました

【施工内容】

雨漏り修理

世田谷区成城で外れかけた天井のボードを張替え工事で修復しました

【施工内容】

その他の工事

世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る