無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区北千束で屋根リフォームのご相談、24年経ったスレートは.....

大田区北千束で屋根リフォームのご相談、24年経ったスレートは寿命?

更新日:2020年3月31日

大田区北千束のお客様より屋根のリフォームについてご相談をいただき、調査へ伺いました。スレート屋根の寿命が20~30年ほどと聞き、24年経った現在の屋根が急に心配になったとのお話です。ご自身の家でも、屋根は普段あまりしっかり見ることがないでしょう。しかし屋根を健全にすることは家を守ることにもつながります。定期的な点検とお手入れが理想的です。

スレート屋根の点検

苔の生えたスレート屋根 北側に苔が生えやすい

屋根に上がらせていただき現状の確認です。もともとの色はグレーだったのでしょうか。経年で色あせ、黒ずんでいます。また、オレンジ色に見えるのは苔です。セメントが主原料であるセメントは、表面を守っている塗膜を失うと徐々に耐水性がなくなり、水を含んで、こうして苔が生えやすくなります。陽が当たりにくい北側の方が苔がたくさん生えていますね。水を吸ったスレートは耐久性も落ちるので、こうなると寿命が近い証拠です。

割れたスレート

小規模ですが、割れているものも見つかりました。前述のように耐久性が落ちると台風などで一気に被害が広がってしまうこともあります。

棟板金の点検

棟板金の釘が抜けかかっている 棟板金の錆び

屋根のてっぺんに設置してある金属部品は棟板金とよびます。スレート屋根の場合はこちらも注意が必要な箇所で、釘が抜けて外れていないか、錆びていないかなどがポイントとなります。歪んだり浮いたりしていれば下から見上げても確認できると気があるのでチェックしてみて下さい。
お客様の仰るように、そろそろスレートの耐用年数が近づいています。これからも長く住み続けるお家であれば、屋根カバー工法などで一新してしまうのがベストです。現在雨漏り被害などはないようなので、少なくとも、釘が抜け錆びかけた棟板金や割れたスレートは交換した方が良いでしょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る