無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区西六郷にて築20年のアパートの点検、共用廊下や外壁サイ.....

大田区西六郷にて築20年のアパートの点検、共用廊下や外壁サイディングボードに雨漏り要因が

更新日:2020年2月21日

大田区西六郷にあるアパートの点検に伺いました。外壁などが傷んでいるので必要に応じて修繕したいとのこと。
こちらのアパートは築20年、外壁には窯業系サイディングが使われています。

外壁に傷みがあります

サイディングボードが剥がれたりひび割れが発生している箇所があります。

サイディングが剥がれた外壁

サイディングボードはセメントを主原料としてるため定期的に塗装をして防水性を持たせておかなければなりません。
このメンテナンスを怠るとサイディングボードは水分を含んでしまい、剥がれたり、反りがでたりと不具合が発生してしまいます。

ひび割れた外壁 傷んだシーリング

さらにサイディングボードの継ぎ目に充填されているシーリング材が劣化してひび割れが発生してます。
本来、シーリング材はサイディング同士の緩衝材なのですが、劣化して硬化したりひび割れたりするとその役割を果たせません。
放っておくとサイディングボードの破損や雨漏りの原因となってしまうのです。
アパート全体のシーリング材の打ち替えが必要です。

バルコニーや外廊下の雨漏り要

1階の共用廊下天井を見てみると雨染みのような模様が広がっています。
雨染みが拡がった外廊下天井 ひび割れた共用廊下の床

2階に上がって雨水の浸入経路を確認していきます。
まず共用廊下の床面にヒビが入り、浸水しやすい状態です。ヒビ割れを修繕して防水工事をする必要があります。
このような外廊下やベランダなどには床面のほかにも雨漏りの原因となりやすい箇所が多くあります。
例えば笠木部分や袖壁との立ち上がり部分が挙げられます。

笠木と外壁の取り合いの隙間 劣化した立ち上がり部分

このように笠木と外壁の隙間が開いてしまったり、立ち上がり部分が劣化してしまうと雨水が浸入し、建物自体を内部から傷めてしまいます。

アパートやマンションにも修繕工事は必要です。メンテナンスによって見た目だけではなく、建物の安全性や住みやすさも維持できます。
空室対策のためにも日頃から定期的な点検をしておきましょう。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区堀切でポリカ波板の取付不良による不具合が発生、交換施工に伴い台風対策で強度も増して取り付けを行いました

【施工内容】

その他の工事

台東区千束でベランダ防水の劣化に伴うメンテナンス、通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事、外壁塗装

足立区入谷でベランダ塗装に合わせて木製ベランダ床材を丈夫な人工木床材に交換しました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

世田谷区東玉川で雪害にあった雨樋の交換工事が完了しました

【施工内容】

雨樋交換

世田谷区成城で階段手摺の工事中、下地の腐食が判明したため鉄骨の手摺に交換いたしました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る