無題ドキュメント

HOME > ブログ > 世田谷区若林で雨漏りの原因特定の為に散水試験を実施します

世田谷区若林で雨漏りの原因特定の為に散水試験を実施します

更新日:2020年1月7日

世田谷区若林で雨漏り調査をおこないました。雨量や風向きによって雨漏りする場合としない場合がありますので、雨水がどこから侵入したのかを調べる必要があります。室内のドア枠が雨漏りによって剥がれていて、常に湿った状態になっていました。雨漏りを放置していると建物の柱などが腐食して被害が拡大してしまいますので、早急に対処しなければなりません。

雨水が浸入する可能性があるところに水をかけます

雨漏りでドアの枠が捲れています 常に湿った感じがしています

室内の建具部分に雨漏りの跡があります。ドア枠部分から雨水が垂れてきて、枠の木目シートが剥がれています。中は木ではなくMDFという木質繊維を固めた物が使用されているのですが、雨水を吸っていて膨れてしまいました。そのためにドアがちゃんと閉まらない状態になっています。

吹き上げる雨の状況を再現します 散水で雨の吹き込みを再現します

可能性があるところに水をかけて雨が降っている状況を再現する『散水試験』をおこなって雨水の浸入箇所を調べます。階段の上が一部屋根になっていますが、基本的には陸屋根といって屋根ではなく平らになっていて防水がせこうしてある造りになっています。壁との取り合いに笠木が設置されていて大きな隙間が空いているのでその部分に水をかけて調べます。

小さな隙間が原因になっていました

雨漏りの原因箇所

雨漏りの原因は一カ所とは限りませんので、可能性がある部分全てに水をかけていきます。今回の雨漏りの原因になっていたのは、バルコニーに出るドアの下にありました。防水材とサッシの取り合い部分に隙間が空いていて、そこに水をかけたら直ぐに室内に雨漏りとして水が出てきました。通常の降りの時には雨漏りせずに、吹き付けるような雨の時やゲリラ豪雨の様な雨量が多いときに雨漏りしていましたので、シール工事と部分的な防水工事で対応します。世田谷区若林で雨漏りしたいて建物は、散水試験で原因箇所が特定出来ましたので、ピンポイントの雨漏り修理工事をおこなう事になりました。

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

多摩市鶴巻で雨漏りの原因になっているマンションの斜壁を防水工事で直します

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

文京区白山で床がフワフワする屋上FRP防水を下地からやり直してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法で再防水工事しました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

文京区本駒込で断熱ブロックを撤去してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法を実施いたしました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

その他の施工事例一覧→

世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

大田区大森北でトップライトからの雨漏りをイージーフラッシュで防水しました

【施工内容】

陸屋根工事 

世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

【施工内容】

屋根補修工事

杉並区浜田山で強風で捲れてしまった急勾配の屋根を火災保険で葺き替え工事しました

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る