無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区旗の台で経年劣化による軒樋と集水器の接続部分からの水漏.....

品川区旗の台で経年劣化による軒樋と集水器の接続部分からの水漏れを調査

更新日:2019年9月25日

品川区旗の台のお客様から、雨樋から水か漏れてくるので交換して欲しいとのご連絡があり、調査へとお伺いしました。
お客様のお住まいは2階建てスレート屋根の建物で、水が漏れてくるのは二階部分の集水器のあたりからとのことでした。
屋根の周りに設置してある雨樋は、屋根から流れてくる雨水をスムーズに排水する役割を担っていますが、経年劣化により水漏れを起こすことがあります。
水漏れをそのまま放置してしまうと、雨水が外壁に直接かかってしまい、外壁の施されている塗膜を劣化させます。塗膜が無くなり剥き出しになった外壁の隙間から雨漏りが壁の内部へ浸水して、建物を腐食させていってしまいます。
お住まいの老朽化を防ぐためにも、雨樋からのトラブルはすぐに対応した方がよいでしょう。
早速、雨樋の状態を確認したいと思います。

外観

 

集水器の接続部分に隙間が

調査のためにハシゴをかけて雨樋を確認してみると、集水器と軒樋の接続部分に隙間ができていました。
この隙間から雨水がこぼれていたのですね。
集水器は軒樋からの雨水が集まる場所で、ここから縦樋に雨水を流す役割を担っています。
雨水が集まる場所ですから、相当な量の水が漏れてしまっていることが考えられますので、早急に新しい雨樋に交換するなど対処することをおすすめいたします。

集水器破損 集水器の隙間

 

軒樋にたわみもあります

軒樋の状態も確認させていただきましたが、良く見ると、軒樋が少し家の外側に傾いているように見えます。
樋を固定している金具が劣化により錆びており、手で押してみると簡単にたわんでしまう状態でした。
本来雨樋は屋根からの雨を受け止めるために建物側に傾いています。
傾きが外側になっていると、屋根からの雨水をうまく受け止めることができずに、雨樋から雨水がこぼれてしまいます。
こぼれた雨水が外壁を劣化させてしまうので、固定金具などを含めて新しいものに交換をおすすめいたします。
その他に縦樋なども確認しましたが、特に問題はありませんでした。

軒樋 縦樋

一通り調査を行った結果、お客様には雨樋交換工事をご提案させていただきました。
雨樋はお住まいを守るためになくてはならないものです。破損したままで放置してしまうと、大切なお住まいをどんどん劣化させてしまいます。
雨樋でお悩みの方はお気軽にご相談ください。無料点検いたします。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

稲城市長峰で強風で破損した雨樋を火災保険を使って復旧工事をおこないます

【施工内容】

雨樋交換

武蔵野市関前で鳩による鳥害に遭った雨樋を部分交換いたしました

【施工内容】

雨樋交換

府中市矢崎町で穴の空いた銅製雨樋を交換いたしました

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

と近隣地区の施工事例のご紹介

港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

【施工内容】

棟板金交換

大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

【施工内容】

屋根補修工事

品川区中延にて火災保険の風災で波板張り替えと雨樋交換工事をおこないます

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る