無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区大崎で瓦と雨樋が落下、現場調査では破損し放置されていた.....

品川区大崎で瓦と雨樋が落下、現場調査では破損し放置されていた軒天も発見

更新日:2019年6月24日

品川区大崎で瓦と雨樋が落下しているとのご連絡をうけ、現場調査に伺いました。
だいぶ築年数は経っていたのですが、こうした点検は初めてとのこと。色々と気にはなっていたけれど、放置していた部分があって、と恐縮したご様子です。
しばらくお家の状態などをお聞かせいただき、お客様がリラックスしたところで調査を開始させていただきました。
するとすぐに放置したのはここかな、と軒天の破損跡を見つけてしまいました。

落下して割れた瓦 ずれた三州瓦

お話では豪雨があった翌日、瓦が落下しているのを発見。
他にも無いかと家の周りを探してみると、なんと雨樋も落ちていたとのことです。
屋根に上がってみますと、他にも瓦がズレている箇所を発見しました。

写真では確認しづらいと思われますが、こちらの瓦は三州瓦の塩焼瓦というもの。別名「赤瓦」と呼ばれ、独特の風合いで人気の瓦です。
耐久性が高いことも特徴ですが、落下には耐えられません。
お客様も気に入っているとのことですので、他の箇所の様子や予算とあわせ、瓦の一部交換か葺き直しといったご提案になりそうです。

お客様の方でブルーシートをかけたとのことですが、屋根の上は高所です。落下する危険性もありますのでご自身では上らずに、プロにお任せするようお願いいたします。

落下して二つに割れた雨樋 雨樋が外れた鼻隠し

外れた雨樋は中央辺りから割れて、落下したようです。
だいぶ変色していますし、留め具のあったところにも錆が見受けられます。
相当に劣化していたものと思われ、大量の雨水の重さや、強風の勢いに耐えられなかったのでしょう。
こちらは雨樋の全交換になりそうです。

大きく破損した軒天

瓦と雨樋以外にも破損している箇所を発見

お聞きしていたのは瓦と屋根だけでしたが、軒にぶら下がるブルーシートの残骸を発見。近づいてみると、軒天が下から強い衝撃を受けたように壊れていました。

このまま放置してしまいますと、ここから雨漏りが発生し、外壁や別の部位を傷めてしまう可能性があります。
またご覧の通り、大きく隙間も開いていますので、ここから鳥や害獣が浸入し、巣を作ってしまうとさらにコストがかかった修繕が必要となってしまいます。

ブルーシートを用いてもその場しのぎなだけであり、根本的な解決にはなりません。すぐに新しい軒天材に補修するようご提案させていただきました。
点検に二の足を踏んでおられたようで、お客様も色々と後悔しておられました。
未然に防げる破損は多々あります。壊れてからでは大きな出費となる場合がほとんどですので、まずはプロに見ていただくことが肝心です。

街の屋根やさんではお客様第一の目線で、最適な工事、金額のご提案をさせていただきます。
気になることや、築年数からメンテナンスをお考えの時は、一番にご相談いただければ幸いです。
無料点検も実施中、いつでもご連絡ください!

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

 お家を維持する上でかなり重要なお家の各部位の名前というと「破風板」や「鼻隠し」、「ケラバ」など聞きなじみのないものも多く、漢字も難しいものが多いのですが、「軒天」という字面を見るとどの場所かは何となく想像がつくのではないでしょうか。そうです、「屋根の軒」の「天井」だから軒天です。地上から屋根を見上…続きを読む
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けら…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      調布市国領町で倉庫の大型雨樋を高所作業車を使用して交換工事をおこないました

      【施工内容】

      雨樋交換

      三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、屋根葺き直し

      その他の施工事例一覧→

      品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

      【施工内容】

      棟板金交換

      大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      品川区中延にて火災保険の風災で波板張り替えと雨樋交換工事をおこないます

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る