無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区北品川で外れたまま放置された雨樋、流れる水は建物を傷め.....

品川区北品川で外れたまま放置された雨樋、流れる水は建物を傷めます

更新日:2019年6月24日

品川区北品川のビルオーナー様からご連絡があり、雨樋の修繕に伺いました。一年位前にビル横の雨樋が外れてしまっているのに気づいたが、ついつい放置してしまっていたとのことです。

途中から破損した竪樋

破損した竪樋 外れた竪樋
竪樋が途中の接続部から破損していました。外れた樋はその横に立てかけられたまま置かれています。ビルの屋根が受け止めた雨水をこの竪樋で下へ流していたはずですが、破損した箇所からそのまま水が垂れ流されている状態です。

雨が当たる外壁が著しく傷んでいる

雨の当たる部分にカビや藻 外壁が崩れかけている

その下の外壁はカビや藻が生えて黒ずんでいて、外れた雨樋からの水がダイレクトに当たり続けていた様子が伺えます。もともと築年数の経っている建物で外壁も劣化していたのでしょう。足元では外壁がくずれて、苔や雑草が生えてしまっています。このままでは建物の耐久性に関わります。「雨垂れ石を穿つ」と言いますが、たかが水でも、流れ続ければ私たちの想像以上に素材そのものを傷めます。そうならないよう、雨樋は流れる雨を適切に流し、建物に負荷がかからないよう働いてくれています。

雨樋修理完了

雨樋修理

元は手前の壁に沿って設置されていた竪樋ですが、外壁が脆くなり、金具で支えることが困難と判断。建物の裏側へ回らせて再設置することと致しました。もちろん、外れたものではなく、新しい雨樋を用意いたしました。今回のケースは鉄筋コンクリートのビルですが、もちろん木造の一般家屋でも、雨樋は大切な働きをしています。外れた、割れた、ということがあれば早めに街の屋根やさんへご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けら…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

世田谷区東玉川で雪害にあった雨樋の交換工事が完了しました

【施工内容】

雨樋交換

練馬区大泉学園町で台風被害にあった雨樋を火災保険で交換工事しました

【施工内容】

雨樋交換

狛江市岩戸南で強風で破損した3階建ての雨樋は火災保険で直します

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る