無題ドキュメント

HOME > ブログ > 武蔵野市境で太陽熱温水器撤去と棟取り直し(漆喰)工事

武蔵野市境で太陽熱温水器撤去と棟取り直し(漆喰)工事

更新日:2019年3月18日

太陽熱温水器の重さやワイヤーの負荷でお住まいにダメージが出ている

本日ご紹介いたしますのは武蔵野市境で行った棟取り直し工事の様子です。屋根には太陽熱温水器が取り付けられており、その重みで瓦が割れて雨漏りしている状態でした。
今回の工事では太陽熱温水器を撤去し割れた瓦の交換と補修、さらに棟取り直し工事を行い雨漏りを改善いたしました。

武蔵野市境 太陽熱温水器 武蔵野市境 太陽熱温水器の重みで瓦が割れている

太陽光温水器の総重量は内部に蓄える水量にもよりますが、大体50~100Kgほどです。また、それを固定する為のワイヤーを取り付けるので、長い時間それらの負荷が屋根にかかるため、今回のように瓦が割れてしまうことがあります(右写真)。
最近は太陽光発電用のパネルを屋根に取り付けているお住まいも多いですが、メンテナンスのことも考え事前に屋根の状態を点検したり、設置するパネルの重量を考慮して取り付けることが大事です。

太陽熱温水器を撤去して棟取り直し工事を実施

1495955076452 1495955077789

太陽熱温水器を撤去した後、棟取り直し工事を行います。
一旦棟を解体しますが、元々使用していた瓦は再度利用するので割らないように丁寧に取り扱い、棟解体後はずり落ちないように安定した場所に整理して置いておきます。

 

使用していない太陽熱温水器は早めに撤去しましょう

DSC_1336

土台部分に漆喰を詰めその上から熨斗瓦、冠瓦を設置して銅線で固定して工事は完了です。(棟取り直し工事について詳細はこちら
太陽熱温水器も撤去し、棟も新しくなりました。雨漏りも改善しておりますので、これからは安心ですね。
冒頭でもお伝えした通り、屋根に設置されているだけでお住まいに負荷がかかる太陽熱温水器ですが、現在使われていない場合も撤去に手間がかかるためそのまま放置されているケースが多いです。ですので、お住まいに余計なダメージを与える前に、使っていない太陽熱温水器は撤去しておいた方が良いでしょう。
街の屋根やさんでは屋根工事だけでなく設備撤去や、それに付随する工事も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区東金町で棟際の洋瓦のズレを棟積み直し工事で解消しました

【施工内容】

瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

墨田区八広で瓦屋根の漆喰表面の剥離症状から棟取り直し工事をご提案し施工致しました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

江戸川区南葛西で令和元年東日本台風のご被害により、火災保険を活用し部分葺き直しと棟の取り直し工事を施工

【施工内容】

屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

武蔵野市と近隣地区の施工事例のご紹介

練馬区大泉学園町で台風被害にあった雨樋を火災保険で交換工事しました

【施工内容】

雨樋交換

三鷹市深大寺で漆喰が剥がれて棟が崩れ始めたので棟瓦取り直し工事で元通りにします

【施工内容】

棟瓦取り直し 

西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いました

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る