無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区の雨漏りは外部からでは無く内部からの物でした

江戸川区の雨漏りは外部からでは無く内部からの物でした

更新日:2018年7月20日

「何でこんな所から雨漏り?」そんな雨漏りにお悩みでは無いですか?

江戸川区のお客様は、屋根のないところである、一階のお部屋からの雨漏りにお困りでした。

屋根が有る場合は、その関係での雨漏りが中心となりますが、一階などで壁際でもなく部屋の真ん中あたりから雨漏りをしていると疑問はMAXになりますよね。

雨漏りは、外部からだけが原因ではないこともあります。ただし、その場合は「水漏れ」になってしまいますが・・・。

本日は、江戸川区のお客様の「水漏れ」の調査を行いつつ、現状復旧工事を行いました。

江戸川区雨漏りでは無い水漏れ大001

部屋の中陰部に近い場所からの漏水が有ったらしく、天井が大きく下がってしまっておりました。原因探りと現状復旧を行います。ちなみに外部に漏水の原因となるようなものは有りませんでした。

二階の屋根から漏るには少々無理がある様子だったので、外部からでは無く内部からの漏水を疑いました。

江戸川区雨漏りでは無い水漏れ001 江戸川区雨漏りでは無い水漏れ003

天井を一部解体するので、室内には養生を行って作業を行います。天井を剥がしてみると、想定外の事態が・・・。薄ベニヤと石膏ボードの二枚貼りに!更に石膏ボードには不燃目的のための塗り物が施されておりました。

水漏れ原因 江戸川区雨漏りでは無い水漏れ004

天井の解体には、想定外の部分もあり、当初の予想より時間がかかりましたが、漏水箇所の原因はやはり内部からの物であることがハッキリとわかりました。二階の排水部からの漏水だったようです。現在は使用していない部分の為、漏水は止まっておりました。

既存天井と極力高さを合わせるために、石膏ボード9.5ミリを二枚重ねに施工していきます。下地の石膏ボードは無地の物を使用しました。

ボード二枚重ね 江戸川区雨漏りでは無い水漏れ005

表に出る部分は、少し模様のあるタイプの石膏ボードで施工を行現状復帰は完了です。漏水と言うと外部ばかりを気にしてしまいますが排水と言う場合もあるので気を付けましょう。

「雨が降っていないのに水染みがある。」「一階や中間階の漏水。」などの場合は排水や上水の漏水の可能性もあります。思い当たる節があるお客様はお気軽にご相談ください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

【施工内容】

屋根カバー工法

葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理

江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工、併せて塗装仕上げを行いました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る