無題ドキュメント

HOME > ブログ > 千代田区で雨の前に棟板金交換工事間に合いました

千代田区で雨の前に棟板金交換工事間に合いました

更新日:2018年5月13日

千代田区の現場です。本日千代田区では、天気予報の通りに午後からしっかりとした雨が降りました。細かい工事を複数予定しておりましたが、何とか雨が降り出す前に終了することが出来て、ホッとしました。

千代田区のお客様の棟板金交換工事を行って参りました。前回調査、仮養生から少し時間が経ちましたが、仮養生も外れていなくてこれまた一安心。

本日は完全に交換して、風で飛散してしまうことも、棟からの雨漏りが起きることもないようにして参りました。

お客様もさぞかしご不安だったろうと思いますが、これでもう心配ありません。

高層ビルが建造されているのを背景に棟交換に使用する貫板が、無機質と有機質の何とも言えない雰囲気を醸し出しています。

 

先日、一部が飛散してしまった棟板金を仮固定していたものを撤去し、貫板も外していきます。貫板は年数なりの劣化具合ですが完全にボロボロになっていたわけでもないようです。

飛散してしまったのは板金側の劣化が原因で釘が緩んでしまったのでしょう。

 

棟の頂点の部分は雨水が入り込まない様に屋根を立ち上げてありますが、左右の屋根材の合わせ部分はかみ合わせてあったり、場所によっては口を開けていたりと、棟板金が無ければ雨が入り込んでしまう状況でした。

そこをカバーする棟板金を固定する貫板を屋根に固定して行きます。

ステンレス製のビスで屋根に固定した貫板に「横」から留めて、工事は終了となりました。空は今にも雨が降りそうな雰囲気でしたがどうにか雨の前に間に合いました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

千代田区と近隣地区の施工事例のご紹介

文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根をアスファルトシングルで葺き替え工事しました

【施工内容】

屋根葺き替え

文京区白山で床がフワフワする屋上FRP防水を下地からやり直してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法で再防水工事しました

【施工内容】

雨漏り修理

文京区本駒込で断熱ブロックを撤去してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法を実施いたしました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る