無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区|雨漏りにお悩みの工場の調査、原因は?

江戸川区|雨漏りにお悩みの工場の調査、原因は?

更新日:2017年10月29日

二週にわたる週末の台風でウンザリの方も多いでしょう。ここまで雨が続くと、今まで雨漏りしていなかった家屋でも、急に雨漏りが発生してしまうことがあります。

江戸川区で工場をお持ちのお客様も急な雨漏りでお困りでした。

建物は4階建て、鉄骨ALC造です。1階から2階にかけては工場になっているので、吹き抜けの構造になっています。そこへ雨漏りが発生したとの事で、お仕事にも支障が起きてしまいますね。

江戸川区工場雨漏り大001

工場だけに天井が高いですね。そこから、ポタン・ポタンと雨漏りがすると作業にも支障をきたしますし、何より作っている製品にも良くありません。何がこの不快な雨漏りを引き起こしているのでしょうか?

江戸川区工場雨漏り002 江戸川区工場雨漏り001

工場の上は社員食堂のスペースになっています。その上が屋上テラスになっているそうです。良く見ていくと壁際には、雨垂れの跡が無数に残っています。

工場にまで達する雨漏りは、建物の角で発生しているとの事で、お客様も天井の一部を外し、内部を確認したそうです。

江戸川区工場雨漏り003 江戸川区工場雨漏り004

内部は角の部分が濡れてビショビショ状態です。鋼鉄の梁があってその上が見えないですが、更に上に原因があるようです。

屋上テラスにのぼらせてもらい、確認をすると、そこにはテラスの排水が集まる「ドレン」がありました。鋼鉄製のドレンは長い年数のせいか、真っ赤に錆て、形も崩れてしまっていました。

江戸川区工場雨漏り005 江戸川区工場雨漏り006

テラス部分は、コンクリート抑えの防水ですが、床面に関しては、一度もメンテナンスをされたことが無いととの事です。床からの立ち上がり部にも大きな亀裂があり、良い状態とは言えません。

恐らく、工場まで流れている雨漏りの原因は、「排水ドレン」にあると考えられます。メンテナンスもされていなかったとの事と、今後の事も考えて、テラス面のウレタン塗膜防水とドレン部への改修ドレン変更を実施する工事でお見積りをさせて頂きます。早く雨漏りのない、環境になればよいですね。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理

江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工、併せて塗装仕上げを行いました

【施工内容】

その他の工事

江戸川区南小岩でFRPベランダの陥没した排水口を改修用ドレンを使って補修、ウレタン塗膜防水で仕上げました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る