無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 荒川区|瓦葺き直しと差し替え工事で雨漏り改善!

荒川区|瓦葺き直しと差し替え工事で雨漏り改善!

【施工前】
瓦,破損

【施工後】
瓦,葺き直し

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


貸し家にしている住宅で2階から雨漏りを起こしているようです。小屋裏と瓦屋根の確認をし、雨漏りの原因を特定していきます。瓦の場合は1枚1枚の差し替え工事で改善できますので、原因さえ特定出来れば簡易的な補修が可能です。
貸し家にしている住宅で2階から雨漏りを起こしているようです。小屋裏と瓦屋根の確認をし、雨漏りの原因を特定していきます。瓦の場合は1枚1枚の差し替え工事で改善できますので、原因さえ特定出来れば簡易的な補修が可能です。


担当:渡辺


【工事内容】
瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨漏り修理
【工事詳細】
お施主様
M様邸
【工事内容】
瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨漏り修理
【工事詳細】
お施主様
M様邸
足場アイコン火災保険アイコン雨漏り修

【点検の様子】

室内,雨漏り 木枠,雨漏り

賃貸住宅のオーナー様からのお問い合わせです。貸家の住人より2階で雨漏りを起こしてしまっているとご相談を受け、ご連絡を頂きました。実際、内部には天井の木枠に沿って雨水の染みがうっすらと残っていました。この程度であればそれ程急がなくてもいいだろうと考える方がいらっしゃいますが、雨漏りは最優先に補修するべき内容です。天井にまで雨染みが残る程、雨水が住宅内部に入ってしまっています。天井に達するまでには、屋根を抜け、小屋裏を通過していますので、その間にどれ程の木材を濡らしているのかは分かりますよね。

 

小屋裏 小屋裏,雨漏り

天井よりも小屋裏の状態が酷いのは明白です。小屋裏は湿気も充満していますが、木材にも雨が伝わりカビの発生原因にも繋がります。小屋裏は普段見て確認することは少ないとは思いますが、小屋裏が雨漏りの原因を突き止めるのは良い場所です。塗れている跡があればそこからは雨水が侵入していますし、野地板や垂木の状態から屋根自体の劣化を確認することも出来ます。

今回のように小屋裏で雨水の進行が止まらなかった場合に、限界を超え天井に染みが出来てしまいます。雨漏りを早めに感じ取った場合はまさに不幸中の幸いです。気付かなかった場合はそのまま住宅の腐食にすら気づかずに生活を続けているんです。知らない恐怖と共生するよりも、現状を理解し、一刻も早く補修することで住宅の長寿命にもしっかりと繋がります。

 

瓦屋根 笠木,瓦屋根

では屋根の状態を見ていきましょう。築20年超、記憶に残るほどのメンテナンスは無しとのことです。屋根からの雨漏りを防ぐもの、それは屋根ではなく防水紙です。屋根材の下で2次防水の役割を果たす防水紙は薄いシートにも関わらず雨の侵入をブロックし、雨漏りを防ぐ縁の下の力持ちの役割を担っています。しかし、寿命は15~20年程度で経年に伴って傷みが進行していってしまいます。防水紙に限界がきてしまうと破れて穴が開いてしまい雨漏りを起こしてしまいます。

また、昔の住宅でチラホラみられるのが屋根との取り合いにある立上り外壁です。看板設置等の為なのかこうした住宅は見られますが、屋根からの雨水が溜まり劣化が進行していることが多いです。笠木なども鉄板での仕様が多く、雨水によって錆びている住宅が多いです。錆が進行すると外壁自体に穴が開いてしまい、こちらも雨漏りに繋がってしまいますので、定期的な塗装補修といずれは張り替え補修が必要となります。

瓦,割れ 瓦,割れ

全体を見渡してみると瓦に割れが見られます。なにかがぶつかって瓦が割れてしまったのでしょうか?割れた瓦は屋根の上で引っかかってしまっていますが、落下すると通行中の方にもご迷惑が掛かってしまいます。瓦が割れたことで防水紙も露出してしまっています。防水紙は紫外線でも傷んでしまいますので、屋根材の破損は防水紙にとっては痛手になってしまいます。

瓦桟 養生,応急措置

割れた瓦は下ろし、防水紙の確認をすると雨が染み込み色が変わっている部分が出来ています。小屋裏の雨染みと瓦の破損部分がとても近いですのでここからの雨漏りと考えられます。施工は部分的な瓦の葺き直しと瓦の差し替え工事で補修が可能です。このままでは雨水が確実に入ってしまいますので、テープで養生をして雨水の侵入をなるべく防ぎます。しかし応急措置に過ぎません。雨は瓦の内部(防水紙の上)を伝って流れていきますので、少なからず雨水が侵入してしまいます。なるべく早急に補修を行いましょう。

 

【施工の様子】

瓦,寸法 瓦,剥がし

まずは雨漏り部分を更に広げてどこまで施工するのかを決めていきます。場所を決めて瓦を剥がしていきます。本来であれば、棟や谷といった区切りの良い場所で葺き直し工事をするのがベストです。防水紙を重ねたからと言って雨水が新規の防水紙の下に入ってしまえば雨漏りを起こします。防水紙に区切りを作らないように施工するのが最善ですが、費用面・部分的な補修希望の場合は、雨漏り箇所よりは広く補修するといった方法を取ります。

防水紙,破れ 野地板,露出

防水紙の確認です。見てすぐにわかるような穴を発見しました。めくると野地板が確認できますが、これが屋根の裏側になります。これほど大きな穴が開いていれば雨水が入り雨漏りを起こすのは当然です。

防水紙 瓦,桟木

原因は特定できましたので後は補修工事のみです。新たに防水紙を重ね穴の上に重ね、瓦の葺き直し工事を行います。防水紙の上に瓦桟を取付、そこに瓦を引っ掛けながら戻していきます。瓦桟にも木材が使用されますが、プラスチックの木材よりも腐食しにくい素材も出回っています。また雨水の流れを妨げないように桟木には水抜き穴が付いているものもあり、昔よりも施工も技術も進歩しているのが分かりますね。

 

 

 

【工事完了後】

瓦差し替え,葺き直し

瓦を戻し、葺き直し工事は完了です。色は若干違いますが同質の瓦で差し替え防水紙の保護も出来ました。瓦が割れていようと、防水紙に問題が無ければ雨漏りは起きません。しかし、瓦が割れていることによって防水紙が傷んでしまいやすい状態に陥ってしまいます。雨漏りを起こした、瓦がずれているかもといったことがあれば弊社にご相談ください。原因特定と最適な補修工事をご提案させて頂きます。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。 目次【非表示表示】 …続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。 自分の敷地内ならまだしも、お…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい  一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違います。したがって、屋根葺き直しが行える屋根は耐用年数が長い屋根材、瓦や天然スレート葺…続きを読む
雪害漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      その他の施工事例一覧→

      荒川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る