無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江東区|落雪対策!スレート屋根に後付け雪止め設置工事(L型ア.....

江東区|落雪対策!スレート屋根に後付け雪止め設置工事(L型アングル)

【施工前】
雪止め,設置前

【施工後】
雪止め設置,L型アングル

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


雪止め設置依頼です。新築時にはそれほど意識せずに建築していたと思いますが、ここ数年の異常気象によって、今まで設置していなかった雪止めを取り付けるという方が急増しています。また屋根に積雪した雪が落下することによって近隣とのトラブルにも発展してしまっています。
今回はスレート屋根材の後付け雪止めの設置方法について紹介していきます。
雪止め設置依頼です。新築時にはそれほど意識せずに建築していたと思いますが、ここ数年の異常気象によって、今まで設置していなかった雪止めを取り付けるという方が急増しています。また屋根に積雪した雪が落下することによって近隣とのトラブルにも発展してしまっています。
今回はスレート屋根材の後付け雪止めの設置方法について紹介していきます。


担当:富田


【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
後付け雪止め、L型アングル
施工期間
1日
お施主様
T様邸
【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
後付け雪止め、L型アングル
施工期間
1日
お施主様
T様邸
足場アイコン

点検,雪止め設置 雪止め設置前

施工前の状況です。パッと見渡してみても、雪止め設置がされている所と取り付けられていない住宅とまちまちです。中途半端な降雪がある地域は雪止めの設置をお勧めしています。特に今から新たに新築をご検討されている方、中古物件の購入を検討中の方は、その地域のここ5年間の降雪量をチェックしてみてください。異常気象によって今まであり得なかった地域に雪が降るといったことが増加しています。その為、中古物件の場合では雪止めが取り付けていないまま、冬になり積雪がどっと落下してきたといった事故もあります。新築時には必ず地域の特徴を調べてから雪止めの設置の必要性を検討した方が良いかもしれません。

なぜ中途半端な降雪地域かというと、豪雪地帯ではそもそも雪止めが役に立ちません。そして雪下ろしの際に雪止めの存在が邪魔になってしまいます。パラパラ降る、一度でも積雪がある場合には雪止めの設置をご提案いたします。

後付け雪止め 雪止め設置

中古住宅、新築時に設置し忘れてた場合でも雪止めは後付けが可能です。瓦には雪止め瓦という特殊な形状の瓦があり、金属屋根にも雪止め金具があり、スレート瓦には後付け雪止めというものが市販でも販売されています。来年の降雪が心配だとなった場合にはお早めにご相談ください。

ちなみに市販での販売がされているという事はDIYでも施工は可能です。しかし、雪止め軒先から60~80㎝離したところに取り付けますので、大変危険な作業になります。屋根が傷んでいる際にも屋根材が割れ滑ることもありますので、専門業者に任せるのが一番安全です。

取付方は至って簡単です。雪止め金具に引っ掛ける場所があります。スレート屋根材の隙間に差し込み屋根材に引っ掛けたら完了です。簡単ではありますが、屋根材の傷み方によっては施工の際に割れる可能性があります。その際には工事をお請けすることが出来ないケースもあります。屋根補修工事の際に雪止めを取り付ける他ありません。

軒先雪止め設置完了 L型アングル設置

このように交互に取り付けることによって、一部分に負荷が掛からないように設置します。屋根の長さにもよりますが、今回は1辺におよそ10~12個ずつ取り付けていきました。更に大屋根は勾配が緩く積雪量も増えることが予想されるため、ベースの取付をして、L型アングルを締め取り付けます。

通常の雪止め金具の長さを考えると若干不安…という場合は雪止め自体を補助とし、L型アングルでしっかりと雪を止めましょう。

L型アングル設置工事

仕上がりがこのような形になります。緩勾配の為、施工は簡単ですが、やはり積雪の量が増えます。その為、積雪量が多くなるほどに住宅全体に負担がかかってしまう事は理解しましょう。また、雪止め金具はステンレスですが、経年劣化によって錆びたり腐食したりという事は充分に考えられます。設置してから一度も点検もしていない場合は、点検を実施した上で交換等の必要措置を行っていきましょう。

下屋,雪止め 後付け雪止め設置

最後に下屋にも設置して完了になります。下屋は面積もそれほどない為アングル等は必要ありません。大屋根から落雪によって屋根材自体が破損することが無いように大屋根の段階でしっかりと対策をします。

雪止め設置のお陰で、雨樋破損、近隣への落雪トラブル、屋根材の破損等は概ね解消できます。

また少し話が反れますが、屋根塗装後に雪の滑りが早くなったという事を耳にします。これは確かにあり得ます。屋根材の傷みによって雪が引っかかっていた場合、塗装で表面を綺麗にしていますので滑りは良くなります。また、フッ素系の塗料を使うと感覚としてはガラスです。滑りは当然良くなります。

その際にも今まで大丈夫だったと過信せずに雪止めの設置を同時に行う事をお勧め致します。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

「雪止め」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ  温暖な地域では雪止めを設置していないお住まいもかなり見ることができます。確かに温暖な地域では年間に数日のことですし、数時間で止んでしまうことほとんど…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
雪害漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      練馬区下石神井でテラスへ雪止めを設置しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      墨田区立花で台風被害に遭った廃版セメント瓦屋根を火災保険併用でコロニアル屋根に葺き替えしました

      【施工内容】

      瓦屋根補修工事、瓦屋根葺き替え、雨樋交換、雨漏り修理、雪止め設置

      その他の施工事例一覧→

      江東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区北小岩で斜壁と瓦棒屋根の境目からの雨漏りを斜壁カバーと瓦棒カバー工事で解消しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

      【施工内容】

      墨田区立花で令和元年東日本台風のご被害で棟瓦が損壊、雨漏りの発生に伴い棟取り直しと部分葺き直しを施工

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る