無題ドキュメント

HOME > 屋根工事に関する3つのお得情報を教えます|街の屋根やさん東京.....

屋根工事に関する3つのお得情報を教えます

屋根のメンテナンスがなぜ必要なの?必要があれば補修を行うことでやねそのものの寿命を延ばすことができます

年中日ざらし雨ざらしの屋根にはダメージが蓄積!

 屋根のメンテナンスやリフォームというと、老朽化が進んだ家と決め付けてしまう方も多いようですが、実は違います。昔に較べて住宅の建材の性能は飛躍的に伸びました。そのことで、安心している方も多いでしょう。
では、昔に較べて天候の方はどうでしょうか。季節を問わず発生する爆弾低気圧、毎年恒例となった記録的な夏の酷暑、地球温暖化の影響からか年々大型化する台風、ゲリラ豪雨に竜巻、冬の積雪…

年中日ざらし雨ざらしの過酷な環境の屋根

 近年より過酷になっていること間違いありません。年中日ざらし・雨ざらしの屋根にはダメージが蓄積され続けているのです。

 さらには屋根や家屋にダメージを与えるものとして地震があります。東日本大震災からの復興はまだ途中です。

点検とメンテナンスで屋根のダメージを回復し、寿命を延ばす

 屋根リフォームやメンテナンスはダメージを蓄積し続けている屋根に対し、雨漏りの防止の他、暴風や地震時に備えて屋根材が飛散や落下しないように予防を目的として行われます。補修や塗装を行うことによってダメージを回復し、寿命を延ばすことができるのです。
これまで点検を受けたことのない方、何となく不安だったけど先延ばしにしてきた方、街の屋根やさんの無料点検を受けてみてはいかがでしょうか。

 私たちは年間600~700件のお住まいを点検していますが、本当に工事が必要とされ、実際に工事を引き受けるのは200件程になります。 梅雨や台風シーズン前に点検を受けておけば、長雨の時も、暴風の時もすっきりお過ごしいただけると思います。

新築から10年が一つの目安

メンテナンスの時期を知っておきましょう!

定期敵なメンテナンスで大規模リフォームのリスクを軽減

 屋根の葺き替え(リンク)やカバー工法(リンク)などの大規模リフォームは極度の劣化や老朽化、雨漏りがなければ必要ありません。ただし、定期的なメンテナンスを忘れてはなりません。
スレート(コロニアル・カラーベスト)、瓦、金属、様々な素材がありますが、新築から10年を一つの目安として考えましょう。もちろん、10年経過する前に点検を行い、メンテナンスをしておけば、大規模リフォームを行わなくてはならないリスクを軽減することができます。

 屋根とお住まいが受けるダメージは立地と環境によって大きく左右されます。
早め早めの点検とメンテナンスが屋根の寿命を延ばし、トータルでのコストを下げるのです。

定期点検で気をつけたいポイント

棟板金の釘の浮き

 板金を固定している力が弱まっています。中の貫板に異常がないようなら、釘やビスの打ち増しをすると良いでしょう。

棟板金の浮き・変形

 強風で煽られると屋根材との隙間ができてしまいます。
隙間があればあるほど、風の影響も受けますし、雨水も浸入してきます。
隙間が小さく、中の貫板に異常がなければ、釘やビスの打ち増しで元に戻すこともできますが、棟板金を交換した方が良いケースもあります。

屋根材の割れや欠け

 強風時の飛来物などによって屋根材に割れや欠けが生じることがあります。軽微なものならば、補修可能です。

漆喰の剥がれ

 瓦と瓦の間に詰まっている漆喰が崩れてしまうと瓦の固定力が弱まります。
瓦はメンテナンスフリーと言われていますが、この部分だけはお手入れが必要です。漆喰の詰め増しや棟瓦の取り直しが必要になります。

漆喰のゆがみ

瓦をまとめている銅線が緩むと、瓦がずれてしまう恐れがあります。
揺れや強風時に引っ掛かったビニール袋が原因でゆるむことがあるようです。

瓦のズレ

 強風や揺れでずれてしまうことがあります。ずれると、そこから雨水が浸入してくる恐れがあります。正常なの位置へ戻しましょう。

瓦の割れや欠け

 瓦の弱点は割れやすいところです。強風時の飛来物で割れてしまう場合があります。部分的な交換が必要です。

表面の傷

 飛来物などで表面が傷つきますと、そこからサビがはじまります。最近はサビに強い金属屋根材も発売されていますが、それでも弱点には変わりありません。

屋根工事と屋根リフォームのお得情報

工事をおまとめしてコストカット!!

工事をおまとめしてコストカット!!

 屋根は高所作業となるため、多くの工事で足場が必要となります。
「雨樋の掃除や交換」、「軒天や破風の塗装」、「外壁塗装」など他の足場が必要となる工事を一緒に行いますと、足場の架設費用が1回分となりますので、お得になります。

自然災害による屋根の補修には
火災保険が適用されるケースが多くあります

自然災害による屋根の補修には
火災保険が適用されるケースが多くあります

 火災保険は火災による損害だけを補償するものではありません。「台風による棟板金の飛散」、「大雪による雨樋の破損」などにも対応しています。
保証の適用は契約内容や損害額によっても変ってきますので、改めて加入している保証内容を確認しておくことが大切です。

自治体によってはリフォーム助成金や
ヒートアイランド対策に対する助成金制度があります

自治体によってはリフォーム助成金や
ヒートアイランド対策に対する助成金制度があります

 詳しくは各自治体にお問い合わせください。

関連するブログ一覧

  • 江東区南砂で軒先が壊れた瓦屋根の半面を葺き替え工事にはいりました

    端材集め

    屋根の半面を葺き替えます  江東区南砂で突然軒先が崩れてしまったお客様の屋根工事を行っていきます。瓦が割れてしまったことで軒先が腐食して崩れてしまったと判断できました。瓦屋根ですので瓦を使った葺き直し工事も検討いたしましたが、既存瓦は年数の経ったものであったため再利用は難しいと考えアスファルトシングル材を使用して軒先の崩れてしまった側の屋根面だけを葺き替える工事を行う事になりました。新形コロナ感染...続きはこちら

  • 西東京市保谷町の屋根にはパミールが使われていたので葺き替え工事をご提案しました

    ボロボロのパミール

    ニチハのパミールは問題を抱えた屋根材です  西東京市保谷町にお住まいのお客様より屋根の調査依頼をいただき現地で屋根に登ってきました。ここ最近当たることが本当に多いのですが、屋根材にはニチハのパミールが使われていました。パミールは製造期間が1996年~2008年と、屋根材の中ではロングセラー商品の部類に入るものです。そのため使われている屋根が比較的多く、よく見かける屋根材です。パミールの特徴は何とい...続きはこちら

  • 三鷹市井口で調査した屋根はセキスイのかわらUという屋根でした

    かわらUの剥がれ

    セキスイのかわらUが使われた屋根  三鷹市井口にお住まいのお客様より屋根の点検をお願いしたいとお問合せをいただき、現地を確認して参りました。屋根材にはセキスイのかわらUというものが使われており、いろいろな意味で業界では有名な屋根材です。セキスイかわらUは1970年から2007年まで製造されていたセキスイのロングセラー商品です。全国で50万棟以上に使用されたということもあり、街で屋根を見ていると比較...続きはこちら

  • 関連する施工事例一覧

    葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施、色はSシェイドブラックになります

    【施工内容】

    屋根カバー工法

    三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

    【施工内容】

    金属屋根工事 屋根葺き替え

    江戸川区江戸川で腰折れ屋根のカバー工事、野地板の増し貼りとアールロックで施工致しました

    【施工内容】

    屋根カバー工法

    あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

     街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

    屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

    お問い合わせ・資料請求
    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    • 屋根リフォームの流れ
    • 徹底したお住まい調査
    • 不安ゼロ宣

言
    • 屋根のお役立ち情報
    • 当社のご案内
    • 屋根の資料請求

    点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

    株式会社シェアテック
    街の屋根やさん東京
    東東京支店
    〒132-0023
    東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    TEL :0120-989-936 
    E-mail : info@sharetech.co.jp
    品川支店
    〒141-0031
    東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
    多摩川支店
    〒182-0025
    東京都調布市多摩川3-68-1
    Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
    ページトップへ戻る