無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 多摩市鶴巻で雨漏りの原因になっているマンションの斜壁を防水工.....

多摩市鶴巻で雨漏りの原因になっているマンションの斜壁を防水工事で直します

【施工前】
雨漏りの原因部分

【施工後】
防水工事で雨漏りを止めました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 多摩市鶴巻で防水工事をおこないました。お問合せのきっかけは、雨漏りしているので直したいという事でした。建物を調査すると、鉄骨造でALC板が張ってある仕上げで、お客様ご自身で目地のコーキングが一部打ってありました。一旦はコーキングで止まったそうですが、全体的に傷みが出ているのでしっかりと直したいというご要望がありました。
 3階建てのマンションで原因になっているのは、外壁から屋上にかけて斜めになった斜壁と呼ばれる部分です。『壁』と書くために外壁と同じ仕上げになっている事が多いのですが、この部分は壁ではなく『屋根』として考えなければなりません。斜めになっているだけで外壁と比べて雨のあたりが全く違いますので、屋根と同じ仕上げ方法で納めます。
 斜壁も外壁と同じALC板が張ってありますが、元々の塗膜も剥がれてALCが剥き出しになっていて、目地のコーキングもなくなっています。壁との取り合い部分に金物が取り付けてありますが、ここも雨漏りの原因になっていました。
 劣化してボロボロになったALC板の表面を左官工事で平らに仕上げてから、ウレタン塗膜防水をかけています。目地のコーキングも打ち替えましたので、これで雨漏りも止まり一安心です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 多摩市鶴巻で防水工事をおこないました。お問合せのきっかけは、雨漏りしているので直したいという事でした。建物を調査すると、鉄骨造でALC板が張ってある仕上げで、お客様ご自身で目地のコーキングが一部打ってありました。一旦はコーキングで止まったそうですが、全体的に傷みが出ているのでしっかりと直したいというご要望がありました。
 3階建てのマンションで原因になっているのは、外壁から屋上にかけて斜めになった斜壁と呼ばれる部分です。『壁』と書くために外壁と同じ仕上げになっている事が多いのですが、この部分は壁ではなく『屋根』として考えなければなりません。斜めになっているだけで外壁と比べて雨のあたりが全く違いますので、屋根と同じ仕上げ方法で納めます。
 斜壁も外壁と同じALC板が張ってありますが、元々の塗膜も剥がれてALCが剥き出しになっていて、目地のコーキングもなくなっています。壁との取り合い部分に金物が取り付けてありますが、ここも雨漏りの原因になっていました。
 劣化してボロボロになったALC板の表面を左官工事で平らに仕上げてから、ウレタン塗膜防水をかけています。目地のコーキングも打ち替えましたので、これで雨漏りも止まり一安心です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
30年
平米数
14㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
30年
平米数
14㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
足場アイコンマンションアイコン3階建て雨漏り修防水工事

現地調査

斜壁の状態

 雨漏りの原因になっている斜壁です。外壁が斜めになっている部分で、マンションなどで斜線規制に関係する部分が斜めにカットされているところをいいます。建物の構造が鉄骨造で外壁にはALC板が張られていて、この斜壁もALCの上に塗装が施工されていた様です。下から殆ど見えない部分でここが雨漏りの原因になっていました。多分一度もメンテナンスをおこなっていないと思われ、塗膜が殆ど剥がれ落ちていて表面がボロボロになっています。

目地のシールが殆ど無くなっています ALCパネルが剥き出しの状態です

 ALC板同士の繋ぎ目は目地が設けてありコーキングが打ってありますが、このコーキングも劣化していて無くなっているところもあり、ここからも雨水が浸入している様です。塗膜が劣化して表面の撥水性が無くなっている為、部分的にALC板が欠けたり割れたりしているところがあります。

サッシ回りの破損が特に酷い これでは雨漏りしてしまいます

 特にサッシ回りの破損が著しく鉄筋が見えている部分もあります。表面や目地部分からの雨水の浸入を防がなければなりませんので、斜壁部分に防水工事をおこないます。

 斜壁と書きますが、外壁ではなく屋根として施工を考えなければなりませんので、屋上防水などと同じ要領で施工をおこないます。

下地処理で表面を平らにします

高圧洗浄で汚れ落とし 大きな穴を埋めました

 高圧洗浄で表面に付着した汚れや剥がれた塗膜を洗い流していきます。防水材が付着しなくなってしまいますので、丁寧に作業します。目地のコーキングも打ち換えてここからの雨水の浸入を防いでから下地の工事をおこなっていきます。

プライマーを塗布します 下地調整材

 大きな穴や破損している部分が結構ありましたので、表面を平らにする前にALCの補修材で穴埋めをおこなっております。防水が仕上がれば雨水が入り込むイ事はありませんが、デコボコな状態では防水層が切れてしまう事もありますので、下地処理は重要です。事前に穴埋め補修をおこなった↑から下地調整材を塗布するためのプライマーを塗布していきます。表面を平らにするのには補修用のモルタルを使用します。カチオンプラスという補修材で、アクリル樹脂を配合しており安定した接着力を有していますので、下地調整材には最適です。

金ゴテで表面を平らにしていきます

下地調整材塗布 下地を平らにします

 プライマーが乾いたら左官補修で下地を平らにしていきます。ガタついたり下地のガサガサした状態を無くすために補修材を表面に塗ってから金ゴテで押さえて平らにします。

左官でがたついた下地を直します

 下地をガッチリと固めますので吸い込み止めの役割ももっています。穴埋め補修は私がおこないましたが、やはり均一に平らにする職人さんの腕には敵いません。

下地処理の後はウレタン防水工事

下地補修が完了 ウレタン防水の前にプライマー

 下地処理材でガタついた表面を平らにしました。続いてウレタン防水を施工する前に、補修作業の際にもおこないましたがプライマーを塗布します。プライマーが塗布されていないとウレタン防水材が密着しませんので、必ずおこなう工程です。

ウレタン防水材

 使用するのはウレタン防水材で、AGCポリマー建材株式会社のサラセーヌを使用します。ウレタンゴムの特性を活かした弾力性のある塗料型の防水材ですので、建物の動きにも追従しやすく耐久性も兼ね備えています。

ウレタン防水を2回塗ります 紫外線保護材のトップコート

 ウレタン防水を2回塗って仕上げるのですが、塗料型の防水材ですので施工性にも優れているので配管の回りなどの施工も容易です。

 防水層は紫外線に弱いので保護する為に紫外線保護材のトップコートを塗布して仕上げます。

防水工事完成

斜壁防水工事完成

 雨漏りの原因になっていた斜壁の工事が完成しました。

 ALC表面の劣化、目地のコーキングの劣化、ALC板の破損などが雨漏りの原因になっていましたので、屋根や屋上と同じと考えて外壁の様な塗装工事ではなく、ウレタン塗膜防水工事で雨水の浸入を完全にシャットアウトしました。

 これから梅雨になっていきますが、雨が多くなる前に工事が完了しましたので、お客様も安心できると大変喜んでいらっしゃいました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
入居率を上げる魅力的な4つのポイント、アパート・マンション・ビルの屋根メンテナンスを行うメリット

入居率を上げる魅力的な4つのポイント、アパート・マンション・ビルの屋根メンテナンスを行うメリット

アパート・マンション、ビルなど賃貸物件のオーナーの皆様 私たちはたくさんのアパート・マンション、ビルなどの屋根工事を手がけています。アパート・マンション、ビルはオーナー様の資産ですからとても大切なもメンテナンスサイクルを検討し、予算も組み、定期的にメンテナンスをされていらっしゃるオーナー様もたくさん…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根をアスファルトシングルで葺き替え工事しました

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理、その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る