無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 豊島区南長崎で屋上陸屋根に高耐久のウレタン塗膜防水塗料ダイフ.....

豊島区南長崎で屋上陸屋根に高耐久のウレタン塗膜防水塗料ダイフレックスエバーコートZero-1Hを使って通気緩衝工法の防水工事を行いました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 豊島区南長崎のA様は、以前に違う箇所の雨漏りがあって私たち「街の屋根やさん」で工事を行わせていただいたお客様です。

 その際にもご相談を頂いておりましたごくまれに発生する天窓周辺のシミの事で改めてご相談を頂きました。ごくまれに発生するのですが、以前も散水調査などを行っても再現せず原因不明となっていた事案です。

 A様もご自分で色々と究明されたようですがやはり原因はわからずとなっておりました。
そのような中、屋上の防水工事をそろそろ行っていきたいとご依頼をいただき天窓周りの細かいチェックを行いながらウレタン塗膜防水による通気緩衝工法で防水工事を実施する事になりました。
 豊島区南長崎のA様は、以前に違う箇所の雨漏りがあって私たち「街の屋根やさん」で工事を行わせていただいたお客様です。

 その際にもご相談を頂いておりましたごくまれに発生する天窓周辺のシミの事で改めてご相談を頂きました。ごくまれに発生するのですが、以前も散水調査などを行っても再現せず原因不明となっていた事案です。

 A様もご自分で色々と究明されたようですがやはり原因はわからずとなっておりました。
そのような中、屋上の防水工事をそろそろ行っていきたいとご依頼をいただき天窓周りの細かいチェックを行いながらウレタン塗膜防水による通気緩衝工法で防水工事を実施する事になりました。


担当:渡辺


【工事内容】
陸屋根工事  雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス社エバーコートZero1-H、脱気筒、改修用鉛ドレン
施工期間
7日間(実働、仮設工事含む)
築年数
約20年
平米数
約70㎡(立上り含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
A様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
陸屋根工事  雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス社エバーコートZero1-H、脱気筒、改修用鉛ドレン
施工期間
7日間(実働、仮設工事含む)
築年数
約20年
平米数
約70㎡(立上り含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
A様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコンマンションアイコン3階建て雨漏り修防水工事

天窓の室内側の状況から

雨漏りの様子

 豊島区南長崎のA様は以前にも他の箇所の雨漏り修繕工事を私たち街の屋根やさんで行わせていただいたお客様です。その際にもご相談を頂いていた天窓周辺の雨漏り?のような症状を解消すべくお伺いさせていただきました。症状が発生するのが、非常に稀であることから原因がなかなかつかめないでおりました。結露の可能性も否定できずどのように改修していくかを検討しておりましたところ、以前防水工事を行ったときから10年程経つとのことで防水工事を承る事になりました。

防水工事着工(下地処理・調整など)

準備 天窓

 A様邸の屋上には芝生が敷かれておりますので、まずはその移動から行っていきます。原因がつかみきれなかった天窓にはグルっと木枠が組んであります。この状態で雨漏り?と思ってしまいますよね。

清掃 洗浄

 芝生を工事中の間、敷地内に移動して作業を行います。芝生を移動させ、土埃などをあらかた清掃し、高圧洗浄を掛けていきます。まずは下地処理作業です。

支柱穴あけ 手すりの支柱に溜まった水

 屋上には転落防止のため、フェンスが取り付けられていることが多いと思います。そのフェンスも取り付け方にもよりますが、雨漏りの原因か所になっていることがあるんです。支柱に穴をあけた途端、勢いよく吹き出る水・・・・。これはフェンスのどこかしらから雨水が浸入した証拠です。この支柱が直接床面に刺さっていたら・・・。想像するだけでも怖いですね。そのようなことも想定し、支柱の根元部分にエポキシ樹脂を注入し、架台内部に浸水しないように処理を行います。

樹脂注入 フェンス支柱樹脂注入

 架台の数が多いとなかなか手間のかかる作業にはなりますが、防水工事で完璧を求めるなら外せない作業です。

プライマー 笠木シール

 下処理工事はまだまだ続きます。屋上の内側部分からは絶対に浸水がおこらないようにするのが防水工事の目的でもありますので、笠木下端のシーリングも実施していきます。プライマー塗布後のシーリング作業の様子です。

緩衝目地撤去 緩衝目地シール

 床面はモルタル抑え防水になっていました。緩衝目地といわれる目地があります。そこにもシーリング材が充填されておりますが、打ち替えていきます。

シーリング 天窓周りのシール

 天窓の周りにもシーリング処理を行っていきます。

防水工事(樹脂モルタルの塗布など)

立上り樹脂モル 樹脂モル施工

 シーリング作業が終了し、立上り部分と床面に樹脂モルを塗布していきます。

天窓周り

 樹脂モル塗布作業の際に天窓の周りをじっくりと観察してみると、何やらモルタル部分に隙間が開いているのが見つかりました。この部分、非常にアヤシイです。隙間にシーリングを行い対処していきます。

プライマー荷姿 プライマーの塗布

 樹脂モルの塗布が終わり、次なる工程に移ります。プライマーを塗布していきます。

プライマー 架台プライマー

 立上り部分、架台にもプライマーを塗布します。

改修用ドレン設置

 防水工事で欠かせないものの一つ、改修用鉛ドレンです。雨漏りの発生個所で多い部分でもある排水口を鉛製のドレンで覆いかぶせてしまう事で排水口周りからの漏水をシャットアウトします。ジャバラ状になった管が直接配管に行くため漏水しない仕組みです。

通気緩衝シート貼り 端部補強

 今回の防水工事は、床面(平場)は通気緩衝工法にて行い、架台部分、立ち上がり部分は密着工法で行っていきます。床面には通気緩衝シートを敷設し端部にはメッシュテープにて補強を行います。

脱気塔の取付 脱気筒取付

 脱気塔の設置も行っていきます。膨れの原因となる下地水分の水蒸気が通気緩衝シート裏面を経由し、この脱気筒から排出されます。床面でも一番高い位置に設置します。

脱気筒

 防水工事が終了したあとは、芝生が再度敷かれるため、フェンス外に脱気筒を設置しています。
一層目準備 一層目準備補強
 通気緩衝シートのジョイント部分にはジョイントテープで処理を行います。

防水工事(ウレタン塗膜塗布1層目)

エバーコートZero1-H

 今回の防水工事で使用するのは、ダイフレックス社のウレタン塗膜防水塗料でも高耐久である、エバーコートZero-1Hを使用していきます。防水塗装後に芝生が敷かれるということもあり通常よりも過酷な環境になる事が想定されたためです。

エバーコートZero1-H立上り用 天窓周り処理

 立上り用、平場用と粘度が違うものが用意されているのは、通常よく使用する同社のDSカラーシリーズと同様です。樹脂モル塗布時に発見された天窓周辺のモルタル亀裂部もしっかり塗膜を付けていきます。

立上り塗布 架台塗布

 立上り部分、架台部分の施工を行っていきます。

一層目塗布 一層目終了

 床面への施工を行っていきます。材料をいくら良いものを使用しても施工がダメでは意味がありません。ウレタン塗膜防水は自由度が高い防水工事ではありますが、均一に塗膜を塗布しなければならないので難易度としては高い部類の防水工事になります。そこは経験値の高い「街の屋根やさん」の職人の腕の見せ所でもあります。

防水工事(ウレタン塗膜塗布2層目・トップコート塗布)

架台塗布 架台2層目

 だいぶ暖かくなってきたこの時期は施工する側もやりやすくなってきました。とはいえウレタン塗膜防水の1層目を塗布してから1日は時間をおいて2層目の塗布を行います。

立上り塗布 立上り2層目

 架台周り、立上りと1層目と同じ工程を踏んでいきます。

2層目天窓 天窓周り2層目

 要所である天窓周りも確実に作業を行いました。

2層目完成 狭いところ仕上げ2層目

 エアコン室外機は馬で浮かして作業を行っています。

架台トップコート 立上りトップコート

 2層目のウレタン塗膜防水塗布工事から2日をあけて、いよいよ仕上げのトップコート塗布作業に入ります。

平場トップコート 平場終わり間際

 こちらも架台部分、立ち上がり部分を先に施工し、最後は自分たちの逃げ場を確保しながら塗布していきます。

防水工事終了

完成全体

 トップコートの施工も終わり、キレイに仕上がった屋上です。しっかり乾燥させてから芝生を戻していきます。

狭いところ完成

 狭い部分にも施工しやすいのがウレタン塗膜防水のメリットでもあります。

ドレン廻

 排水口も改修用ドレンを入れておりますので、今後の雨漏り対応はバッチリです。緊急事態宣言下の工事となりましたが、新型コロナウイルス対策をしっかり行いながら作業をさせていただきました。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

@media only screen and (max-width: 374px) {.h336 {height: 336px !important;} お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。特に…続きを読む
陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 陸屋根とは勾配のない(実際には排水のため勾配が設けられています)、平らな屋根の形状を言います。一般的に家屋の「屋根」というと本を逆さで閉じたような三角形の形をしていたり、単純な三角形ではなくとも勾配がある屋根が多いですよね。それと比較すると陸屋根は感じるほどの勾配がなく、ビルの屋上やマンションの屋…続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
必見!屋根塗装をお考えの方に知っておいてもらいたい屋根・外壁の塗料についての基礎知識

必見!屋根塗装をお考えの方に知っておいてもらいたい屋根・外壁の塗料についての基礎知識

 これまでの屋根塗装と外壁塗装の多くは家屋内部への浸水を防ぐ、美観を保持するといった理由が大半でした。近年、これに快適機能をプラスするという目的も加わりました。遮熱塗料で塗れば、夏を涼しく快適に過ごせます。光熱費の節約にもなります。耐汚染塗料で塗れば、お住まいが汚れにくくなります。汚れても降雨で洗い…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
どの塗料が一番いいの?屋根塗装のおすすめ塗料をご紹介

どの塗料が一番いいの?屋根塗装のおすすめ塗料をご紹介

現在、市場には数多くの塗料が出回っています。非常に数多くのメーカーが存在し、塗料の製造会社が組織する団体「一般社団法人 日本塗料工業会」には正会員だけでも99社、賛助会員を入れると計270社が登録されています。これだけの会社が塗料を作っており、新製品を次々と発表してくるのですから、本当に凄い量の塗料…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

      葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

      【施工内容】

      瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根をアスファルトシングルで葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、その他の工事

      板橋区坂下でパラペットからの雨漏りを笠木交換を行って改修工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る