無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 三鷹市新井で水槽内の劣化した防水部分をウレタン防水工事で直し.....

三鷹市新井で水槽内の劣化した防水部分をウレタン防水工事で直します

【施工前】
劣化した防水

【施工後】
ウレタン防水で水を止めます

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 東京都三鷹市新井で塗装工事と防水工事をおこないました。工事をおこなった建物は住宅ではなく、研究所の中にある水槽です。大量の水を溜めて様々な研究をおこなう施設という事ですが、頻繁に水を抜いたりする事が出来なかった為数年ぶりに水を抜いて点検したところ、壁面の一部に劣化が見られたという事でお問合せいただきました。
 水槽内の壁面はコンクリートと鉄板で作られており、新たな設備を取り付ける為に鉄板に溶接をおこなうとの事で、骨組みを溶接後の塗装工事と、角には補強の為に防水が施工されていますが水が入り込んで膨らんでしまっているため、防水部分の補修工事も一緒におこないたいというご希望です。
 外部に面した部分の塗装工事や防水工事よりも常に水が溜まった状態のところへの施工となりますので、通常よりも下地処理が重要になります。
 鉄板部分はサビて真っ赤になっていますので、機械を使ってサビを削り落としていきます。サビ止めを2回塗って仕上げを2回塗り計4回塗りで鉄板部分を仕上げます。
 両角の防水は、元々ウレタン防水が施工されており、補修もウレタン防水でおこないます。膨らんだ部分には水が溜まっていますので、切って水を抜いてから浮いたウレタンを切り取ります。浮きが酷い面は古い防水を全て取り除きました。穴埋めにはクイックシーラントというシール材を使用して、劣化して除去した部分の下地補修をおこないます。防水は今までと同じウレタン塗膜防水を上から重ねて施工して雨水の浸入を防ぎました。
 このあと新しい設備を組み立てて水槽に水を溜めて終わりとなります。水を抜かなければメンテナンスが出来ませんので、今回の塗装工事と防水工事で次回のメンテナンス時期までは問題無い状態にする事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 東京都三鷹市新井で塗装工事と防水工事をおこないました。工事をおこなった建物は住宅ではなく、研究所の中にある水槽です。大量の水を溜めて様々な研究をおこなう施設という事ですが、頻繁に水を抜いたりする事が出来なかった為数年ぶりに水を抜いて点検したところ、壁面の一部に劣化が見られたという事でお問合せいただきました。
 水槽内の壁面はコンクリートと鉄板で作られており、新たな設備を取り付ける為に鉄板に溶接をおこなうとの事で、骨組みを溶接後の塗装工事と、角には補強の為に防水が施工されていますが水が入り込んで膨らんでしまっているため、防水部分の補修工事も一緒におこないたいというご希望です。
 外部に面した部分の塗装工事や防水工事よりも常に水が溜まった状態のところへの施工となりますので、通常よりも下地処理が重要になります。
 鉄板部分はサビて真っ赤になっていますので、機械を使ってサビを削り落としていきます。サビ止めを2回塗って仕上げを2回塗り計4回塗りで鉄板部分を仕上げます。
 両角の防水は、元々ウレタン防水が施工されており、補修もウレタン防水でおこないます。膨らんだ部分には水が溜まっていますので、切って水を抜いてから浮いたウレタンを切り取ります。浮きが酷い面は古い防水を全て取り除きました。穴埋めにはクイックシーラントというシール材を使用して、劣化して除去した部分の下地補修をおこないます。防水は今までと同じウレタン塗膜防水を上から重ねて施工して雨水の浸入を防ぎました。
 このあと新しい設備を組み立てて水槽に水を溜めて終わりとなります。水を抜かなければメンテナンスが出来ませんので、今回の塗装工事と防水工事で次回のメンテナンス時期までは問題無い状態にする事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
プルーフロン,オートンクイックシーラント
施工期間
5日間
築年数
20年
平米数
16㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付けしておりません
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
プルーフロン,オートンクイックシーラント
施工期間
5日間
築年数
20年
平米数
16㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付けしておりません
工場アイコン防水工事

現地調査

水槽内の壁修理工事

 お問合せいただいた水槽内の状況です。普段は水が溜めてあり色々な実験をおこなう施設になっています。大量の水が溜まる水槽のため中々水を抜く事が出来ないそうで、今回設備の交換に合わせて水を抜いた際に壁面に不具合が出ている事が分かりお問合せをいただきました。

作業場所は水槽内の壁面です 鉄板部分と防水部分

 回りはコンクリートで作られていますが一部鉄板の部分が有り、今回は鉄板部分の塗装の劣化と補強の為に施工されていた防水の保守工事をご依頼いただきました。

 元々あった古い設備を新しい物に交換する工事があり、現在撤去作業をおこなっています。

塗装と防水の施工範囲

塗装工事の範囲 防水工事の範囲

 左の画像の正面で赤く囲った部分は鉄板で出来ており、サビが大分広がって真っ赤になっています。この部分に新しい設備を溶接するそうで、取り合い部分も併せての塗装工事をおこないます。

 左右の赤い部分に防水が施工されているのですが、防水はこの部分だけで、角の補強の為に防水を上から施工している様です。

防水が膨らんでいます 膨らんだところには水が溜まっています

 ウレタン防水が施工されているのですが、あちこちで膨らみが出来ています。膨らんだ中には水が入り込んでいて溜まっている状態ですので、この水を一旦抜かないと防水をおこなってもフクレがとまりませんので、下地処理が重要になっていきます。

鉄板部分の塗装工事

機械を使ってサビを除去します ケレンでサビを除去します

 まずは鉄板の塗装工事から始めます。鉄板部分はサビが付着していて真っ赤になっていました。このまま塗装をおこなっても塗膜が付着しませんので、最初にサビを落とす作業をおこないます。

 新しい設備のフレームが溶接してある状態で作業をおこないますので、細かな所の作業が大変ですがしっかりとサビを落としていきます。電動工具の先に研磨する刃を取り付けて表面を丁寧にこすってサビを落とします。鉄板自体はそれ程劣化している訳ではありませんでしたので、思っていた以上に作業がスムーズに進みました。元々の塗膜はしっかりと残っていましたので、鉄板がサビたというよりはサビが表面に付着していただけの様です。

 鉄板表面のサビを綺麗に落としましたので、次は塗装工事に取り掛かります。

サビ止めを塗装します

 通常の外部にある鉄部の塗装と違い水槽の中の工事になります。雨が降ってたまに濡れる状態ではなく、常に水の中に入った状態ですので、塗装工事の工程も通常よりも手間をかけなければなりません。サビ止めを2回塗って仕上げの塗装も場合によって3回塗装する事も必要になります。

 サビ止めは塗装工事での下塗りになりますので、仕上げの塗料の付着性を高めるためにも丁寧にサビ止めを塗装していきます。

鉄板塗装が完了

サビ止めの後は仕上げの塗装をおこないます 仕上げは2回塗ります

 サビ止めで下地をしっかりと作った後は仕上げの塗装にとりかかります。溶接した鉄板部分にもサビ止めを塗っていますので特に溶接した部分は念入りにサビ止めを入れています。

 仕上げの塗装は2回塗って仕上げます。

塗装工事が完成

 鉄板部分の塗装工事が完成しました。新しい設備自体はステンレス製のフレームを使用していますので塗装する必要はありませんでしたので、溶接した鉄板と壁の鉄板の塗装が終わり、傷みが出ていた部分が綺麗に塗膜覆われてこれで暫くは安心出来る状態になりました。

角の防水工事に進みます

浮いた部分を剥がします

 ウレタン防水が施工されていたのは両側の角の部分です。両側の壁はコンクリートで出来ているのですが、正面は新たに下をコンクリートで上を鉄板で壁を作った様です。そのため角を防水で補強してありました。

 水が入り込んで膨れていたところがありましたので、切って水を抜いていくのですが、小さな膨れも入れると無数に膨れがありました。一つ一つ作業をおこないましたが、反対側は数が更に多いのでウレタンを全体的に剥がして下地処理をおこないます。

この面は殆ど剥がしました 水を抜いてから新しい防水をおこないます

 反対側は全体を剥がしました。補強材の上からウレタンが掛けられていて水が回りやすいのか、補強材の回りの膨れが結構出ていました。小さいところは2cm程度ですが、大きなところは30cm位の範囲の所もありました。

下地の補修をおこなってウレタン防水をかけます

穴埋め補修をおこないます ウレタン防水材

 剥がした部分の穴埋め補修にはオート化学工業のオートンクイックシーラントを使用します。防水層の補修用のシール材で、剥がして穴が空いた部分にクイックシーラントを詰めて平らにしていきます。

 新しい防水もウレタン塗膜防水を使用するのですが、使用材は日本特殊塗料のプルーフロンを使用します。

ウレタン防水

 穴埋めをおこなったあとはウレタン防水をおこなうのですが、カチオンフィラーを塗布して下地全体の処理をおこないます。その上からプライマーをかけてウレタンの付着性を高める必要があります。

ウレタン塗膜防水で雨水の浸入を防ぎます

ウレタン塗膜防水 念入りに塗布します

 プライマーを塗布した後はウレタン防水を2回塗って仕上げます。下地処理をしっかりとおこないましたので、問題なくウレタンが塗布出来ていきます。元々取り付けてある鉄骨がありますので、端部に塗り残しが無い様に丁寧に塗布します。

 ウレタン塗膜防水は塗料型の防水材なので、複雑な形状の所にも施工しやすい防水です。FRPやシート防水などもありますが、この様なシート状の防水材は今回おこなった様な複雑な形状の所への防水としては不向きです。

防水の補修工事が完成しました

 膨れた部分も綺麗にしてから下地調整をおこない、ウレタン防水を施工しました。バルコニーなどと比べても水が常に溜まっている水槽の中は条件が過酷ですので、耐久性は落ちてしまう事もありますが最大限の性能を発揮出来る様に施工しておりますので、安心して抱ければと思います。

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

工場や倉庫の屋根工事で資産を守る!メンテナンスを行う3つのメリット

工場や倉庫の屋根工事で資産を守る!メンテナンスを行う3つのメリット

 私たちもたくさんの工場・倉庫の屋根工事を手がけています。倉庫や工場などはその企業様の資産としてとても大切なものだと思います。企業様によってはメンテナンスサイクルを検討され、予算も組み、定期的にメンテナンスをされていらっしゃるところも多くあります。また、そういった取り組みをしたくてもどうしたらよいか…続きを読む
バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

@media only screen and (max-width: 374px) {.h336 {height: 336px !important;} お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。特に…続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区南小岩でFRPベランダの陥没した排水口を改修用ドレンを使って補修、ウレタン塗膜防水で仕上げました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      多摩市鶴巻で雨漏りの原因になっているマンションの斜壁を防水工事で直します

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      文京区白山で床がフワフワする屋上FRP防水を下地からやり直してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      三鷹市と近隣地区の施工事例のご紹介

      調布市西つつじヶ丘で劣化して傷みが進んだスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

      武蔵野市吉祥寺本町で割れて雨漏りしたサンルームの屋根を新しいポリカーボネートで交換工事

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る