無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 稲城市矢野口で3階建て屋上の排水口が原因の雨漏りは改修用ドレ.....

稲城市矢野口で3階建て屋上の排水口が原因の雨漏りは改修用ドレンを使って防水工事をおこないました

【施工前】
草が生えた屋上防水の排水口

【施工後】
防水と排水管が一体になりました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 稲城市矢野口で雨漏り修理工事をおこないました。
 エアコンが取り付けてある室内の壁と天井の境目から雨漏りしてしまうそうで、漏るときには結構な量の雨水が流れてくるそうです。
 雨漏りしている場所の真上は屋上になっていて防水工事が施工されています。防水は水を防ぐと書くことからも雨から建物を守るために重要な役割を持っていますが、雨漏りするという事は防水層が劣化しているとういう事ですので、早急に対処しないと更に雨漏りの被害が拡大してしまいます。
 屋上の状態をちょうさすると排水口の回りから草が生えているのが確認出来ました。排水口は、排水管と鋳物で作られた金物と防水層の取り合いが有る部分で、経年によって劣化してしまう事が良くあります。排水口は雨水を集める部分ですので、ここが劣化してしまうと大量の雨漏りに繋がってしまいます。
 防水層の切れ目から草が生えていますので、直ぐに抜いてしまうと被害が拡大する恐れがありますので、こうじまでそのままにしておきます。
 今回の工事では、改修用ドレンという鉛製の板と排水パイプが一体になった物を使用して、排水管と防水層が一体化する様納めました。この様にすることで今回の様に裂け目が出来る事もなくなりますので、雨漏りも止まり今後の対策にもなります。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心して工事をお任せください。
 稲城市矢野口で雨漏り修理工事をおこないました。
 エアコンが取り付けてある室内の壁と天井の境目から雨漏りしてしまうそうで、漏るときには結構な量の雨水が流れてくるそうです。
 雨漏りしている場所の真上は屋上になっていて防水工事が施工されています。防水は水を防ぐと書くことからも雨から建物を守るために重要な役割を持っていますが、雨漏りするという事は防水層が劣化しているとういう事ですので、早急に対処しないと更に雨漏りの被害が拡大してしまいます。
 屋上の状態をちょうさすると排水口の回りから草が生えているのが確認出来ました。排水口は、排水管と鋳物で作られた金物と防水層の取り合いが有る部分で、経年によって劣化してしまう事が良くあります。排水口は雨水を集める部分ですので、ここが劣化してしまうと大量の雨漏りに繋がってしまいます。
 防水層の切れ目から草が生えていますので、直ぐに抜いてしまうと被害が拡大する恐れがありますので、こうじまでそのままにしておきます。
 今回の工事では、改修用ドレンという鉛製の板と排水パイプが一体になった物を使用して、排水管と防水層が一体化する様納めました。この様にすることで今回の様に裂け目が出来る事もなくなりますので、雨漏りも止まり今後の対策にもなります。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
改修用ドレン、ウレタン防水
施工期間
3日間
築年数
25年
平米数
1カ所
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
改修用ドレン、ウレタン防水
施工期間
3日間
築年数
25年
平米数
1カ所
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
3階建て雨漏り修防水工事

雨漏りの原因を特定して直します

エアコンが取り付けられた壁から雨漏りしています

 雨漏りしているのはエアコンが取り付けてある壁面からです。和室の壁と天井の取り合いにある廻り縁から結構な量の雨水が垂れてくるそうです。雨漏りの影響は建物の構造に不具合が出る事が大きいですが、今回の様にエアコンなどの電気器具の周囲などは漏電の危険もあります。

 雨漏りは雨が降るたびに毎回漏る場合と、雨量や風向きによって変わる事が有るのですが、今回調査した建物は雨が降るたびにあまもりしているのですが、雨量によって雨漏りの量が変わるようです。

 結構な量の雨漏りする事がるので、ビニールで受けられる様にしてありました。雨が降るたびに雨漏りしてしまう事を心配されていますので、早く直す必要があります。

原因は屋上防水の排水口

排水口の回りに汚れが溜まっています 雨漏りの原因になっている排水口

 エアコンが取り付けてある壁の上には屋上防水の排水口がありました。調べてすぐにわかりましたが、排水口から草が生えていました。排水口は雨水を集める部分ですので、ここが劣化してしまうと大量の雨漏りに繋がってしまいます。

 排水管の中に泥や葉っぱが入らない様に目皿が取り付けてありますが、その目皿にゴミが堆積してしまうので雨水が流れずに溜まってしまいます。草が生えているところを良く見ると、溜まった泥などから生えているのではなく、防水層の切れ目から生えている事がわかりましたので、排水管回りの防水を直して雨漏りを止める事になりました。

目皿をどかして掃除します 排水口の劣化は雨漏りに繋がります

 邪魔な草を取り除いて目皿を外すと、堆積した葉っぱやどこからか飛んできた紙の様なものが現れました。目皿をどかしてもゴミなどがつまっていますので、配管が詰まっていないか確認しながら取り除いていきます。

 排水口の回りは、排水管と鋳物で出来た排水金物と防水層が集まるところですので、建物のが動く事で不具合が出やすいところです。

溜まったゴミを綺麗に取り除きます

配管に詰まった泥を取り除きます

 排水管の方へ腐葉土の様になった泥や葉っぱが流れ込んでいましたので、かきだして掃除していきます。あまり力を入れてしまうと防水層を傷めてしまう事になるので、丁寧に取り除いてい行きます。

 今回ここから雨漏りしたのは初めてという事でしたが、排水金物の上にウレタン防水が塗ってありましたので最低でも一度はメンテナンスをおこなっている様です。しかし、ウレタン防水が大分古くなっているので、効果は殆ど無くなっている様です。

堆積したごみを取り除きます 防水層の切れ目から草が生えていました

 泥を取り除くと草が生えていたところが確認出来ました。排水金物と防水層の境目が切れていた為に、防水層の下に根が伸びてしまった様です。

泥を取り除くと防水層の劣化が分かります

 水を流して泥を落としました。前回におこなったと思われるウレタン防水の補修が大分大雑把におこなわれていましたので、目皿もちゃんとはまらずに隙間からゴミなどが入り込んでいました。排水管との取り合い部分にも隙間があいていて、ここも大量の雨漏りの原因になっていました。

改修用ドレンで防水層と排水管を一体にします

鉛の板と排水パイプが一体になった改修用ドレン 回りをウレタンで仕上げます

 今回の雨漏りを止める為に、劣化しやすい防水層と金物と排水管の取り合い部分を一体化します。

 その際に使用するのは改修用ドレンです。鉛の板と排水パイプが一体になった物で、排水パイプを排水管の中に差し込んで使用します。パイプを差し込んだ後は鉛の板をぴったりとハマる様に納めた上にウレタン防水を塗布していきます。

ウレタン防水で仕上げます

 今回は全体の防水層に傷みは殆どありませんでしたので、雨漏りを止める目的で排水口の回りだけの防水工事をおこないました。雨漏りを放置してしまうと建物への被害が拡大してしまいますので、不具合を感じたら早く直す事が大切です。

 稲城市矢野口でおこなった雨漏り修理の防水工事が無事に完成し、雨漏りも完全んに止まりましたのでこれで安心です。

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

 お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。特に近年は狭小住宅が多く、庭の代わりにバルコニーをガーデニング等で活用しているお住まいも多く見られます。しかし防水工事の必要性を知らずメンテナンスを怠ると、…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。ベランダやバルコニー屋…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区平井で勾配の取れていないベランダに勾配を作成しウレタン塗膜防水工事にいたしました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      稲城市と近隣地区の施工事例のご紹介

      稲城市長峰で強風で破損した雨樋を火災保険を使って復旧工事をおこないます

      【施工内容】

      雨樋交換

      府中市矢崎町で穴の空いた銅製雨樋を交換いたしました

      【施工内容】

      雨樋交換

      調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る