無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地.....

立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

【施工前】
雨漏りで落ちそうになっている玄関庇の軒天

【施工後】
下地から直して完成です

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 立川市錦町で雨漏りの被害を受けた部分の工事をおこないました。
 被害を受けているのは玄関の上にかけてある庇で、屋根部分のトタンがサビて穴が空いてしまいそこから雨漏りしていました。雨漏りした事で下地の木が腐ってしまい、軒天のモルタルが自重によって剥がれ欠けている状態でした。
 玄関で常に人の出入りがある部分ですので、重いモルタルが剥がれてしまったら非常に危険ですので直す事になりました。
 雨漏りによって庇の木下地が腐食している部分があるので、腐食した下地を直す事から始めます。剥がれそうになっているモルタルを撤去して、下地を補強してから屋根を葺きます。元々はトタンが葺かれていたために経年劣化によってサビて穴が空き雨水が流れ込んでいました。モルタルが剥がれそうになって初めて庇の腐食に気付く事になったのですが、モルタルが剥がれるという事は下地が大分劣化しているためで、木部の腐食が広がっていました。
 サビたトタン屋根部分を直せば雨漏りは止まりますが、腐食した木下地を補強してからトタンではなくガルバリウム鋼板で屋根を仕上げました。サビにくくて耐久性が高い鋼板ですので、今回の様な雨漏りの心配も無くなります。
 屋根を直して雨水の浸入を止めましたので、剥がれていた軒天の復旧をおこないます。モルタルで同じように下地を作りますが、柄を合わせる為に塗装工事でパターンを付けました。
 雨漏りが完全に止まって下地の補強もおこないましたので安心です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 立川市錦町で雨漏りの被害を受けた部分の工事をおこないました。
 被害を受けているのは玄関の上にかけてある庇で、屋根部分のトタンがサビて穴が空いてしまいそこから雨漏りしていました。雨漏りした事で下地の木が腐ってしまい、軒天のモルタルが自重によって剥がれ欠けている状態でした。
 玄関で常に人の出入りがある部分ですので、重いモルタルが剥がれてしまったら非常に危険ですので直す事になりました。
 雨漏りによって庇の木下地が腐食している部分があるので、腐食した下地を直す事から始めます。剥がれそうになっているモルタルを撤去して、下地を補強してから屋根を葺きます。元々はトタンが葺かれていたために経年劣化によってサビて穴が空き雨水が流れ込んでいました。モルタルが剥がれそうになって初めて庇の腐食に気付く事になったのですが、モルタルが剥がれるという事は下地が大分劣化しているためで、木部の腐食が広がっていました。
 サビたトタン屋根部分を直せば雨漏りは止まりますが、腐食した木下地を補強してからトタンではなくガルバリウム鋼板で屋根を仕上げました。サビにくくて耐久性が高い鋼板ですので、今回の様な雨漏りの心配も無くなります。
 屋根を直して雨水の浸入を止めましたので、剥がれていた軒天の復旧をおこないます。モルタルで同じように下地を作りますが、柄を合わせる為に塗装工事でパターンを付けました。
 雨漏りが完全に止まって下地の補強もおこないましたので安心です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根補修工事 雨漏り修理 庇工事
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
5日間
築年数
25年
平米数
3㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年間
【工事内容】
屋根補修工事 雨漏り修理 庇工事
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
5日間
築年数
25年
平米数
3㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年間
雨漏り修

劣化の状況を確認します

剥がれていたモルタル

 玄関の庇は屋根のトタンが劣化した事による雨漏りによって下地の木が腐食していました。軒天にはモルタルが塗って塗装で仕上げてあるのですが、下地が腐食している為にモルタルの自重によって剥がれ落ちそうになっていました。

下地の木が腐食しています 下地が無くなっています

 隙間からのぞくと下地の木が腐っているのが確認出来ました。雨漏りして直ぐに木が腐食する事はありませんので、大分前から雨漏りは起こっていたようです。

 庇の屋根にはトタンが葺いてあるのですが、経年によってサビが広がってしまい穴が空く事になってしまいます。トタンの下に雨水が回り込んでしまうので下地を腐らせてしまいます。

トタンを剥がして下地を直します

古いトタンを剥がして下地の工事 雨水が回って下地が腐食しています

 腐食した下地を直す為に古いトタンを剥がしていきます。トタンを剥がすとボロボロになった防水紙(ルーフィング)が見えます。トタンが劣化していても防水紙が問題無ければ雨漏りする事はありませんが、今回は屋根材と防水紙の両方が経年劣化によって傷んでしまった為に雨漏りに繋がっていました。

下地が腐っていました トタンの劣化が雨漏りの原因です

 野地板はバラ板といって板を敷き並べたものが使われています。ところどころ腐っていて木が無くなっているところがありました。ここまで劣化するには大分前から雨漏りしていたことがわかります。腐食した木を直さなければ屋根が直せませんので、腐った部分を取り除いてから補強をおこないます。

下地の補強

 下地を補強したら新しい野地板を張りかぶせます。鉄骨製の柱が庇にはありましたので全体が落ちる事はありませんでしたが、屋根の下地を補強する事で庇全体の強度を増す事にもなります。

下地を直したらガルバリウム鋼板で屋根を葺きます

新しい防水紙を張ります 防水紙は重要な作業です

 屋根材を葺く前に防水紙を敷きます。屋根は屋根材と防水紙で雨水を防いでいます。今回の雨漏りした原因も防水紙の劣化によるものでしたので、新しい防水紙で雨漏りを防ぎます。

壁際に屋根の下地を作ります 壁際も綺麗に納まりました

 壁際には木を打ち付けて下地を作ります。段差を作る事で屋根を葺いた時に板金で納めやすくします。新しい屋根材はガルバリウム鋼板を使用します。トタンよりもサビにくくて耐久性が高い材料ですので、工事後もメンテナンスは殆ど必要ありません。

ガルバリウム鋼板で仕上げます

 庇の腐食の原因になっていた屋根の復旧工事が終わりました。下地を補強して防水紙も新しくしましたので雨漏りの心配も無くなりました。屋根からの雨漏りが止まりましたので、剥がれてしまった軒天の復旧工事をおこないます。

剥がれた軒天を直します

モルタルで下地を作ります モルタルの表面は平らなので柄を付けます

 下地が腐食して剥がれていたモルタルを復旧します。下地が腐食していた為に重いモルタルの自重で下がっていましたので、剥がれた部分を剥がして腐食した下地を補強しました。そのあとモルタルを塗って軒天の下地を作ります。

パターンを付ける下塗り材

 モルタルは金ゴテで仕上げてありますので、表面がツルっとしています。そのままで塗装しても他の部分と合わないので、同じような柄(パターン)を付けていきます。元々は吹き付け仕上げでしたが下地用の弾性塗料でパターンをつけます。

塗料の付着を高める下塗り 下塗り材の後はパターン付けです

 塗料の密着性を高める為に下塗り材を塗布します。下塗りをおこなわないと塗料の付着が悪くなり、浮いたり剥がれたりしてしまいますので、しっかりと塗布していきます。

パターンを付けて仕上げます

目の粗いローラーを使用して模様を付けます パターンを付けて塗装します

 パターン付けには吹付ではなく目の粗いローラーを使用します。目の粗いローラーを使用する事で表面に凹凸を付ける事が出来ます。パターンを付けたら仕上げの塗装をおこなって軒天復旧工事が完成します。

雨漏りした庇の修復工事が完了

 屋根の雨漏りが原因で下地が腐食してしまった玄関庇の修理工事が完成しました。屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えて下地も補強しましたので、これで安心出来る様になりました。

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む
古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

 安くて丈夫、施工もしやすいということから普及がはじまったトタン屋根。現在では見かけることが少なくなったものの、トタン屋根という建物は意外とあります。現在のトタン屋根はそのほとんどが大分、古くなってきています。古くなってきたからこそ、メンテナンスが必要な状態なのですが、どのような方法が改修としては最…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      立川市と近隣地区の施工事例のご紹介

      小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、屋根葺き直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る