無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工.....

江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 江戸川区鹿骨のU様は中古住宅をご購入し雨漏りの痕跡が多数あったため、雨漏りの原因調査と対策を私たち「街の屋根やさん」にご依頼くださいました。雨漏りと言えばどうしても「屋根」というイメージが強いのでU様も「街の屋根やさん」にたどりついたそうです。実際に雨漏りの様子を確認していくと屋根からの雨漏りの痕跡ではなく「壁」が原因となっていることが分かりました。当然他社様にも数社、調査依頼をしていたそうですが「壁」という診断をした会社はなかったようでまたU様の納得のできる根拠も示してもらえなかったそうです。最終的な施工業者を絞り込んでいく際に、屋根からの雨漏りと指摘していた会社様が、ほかの会社では壁からという話もある、と振ったところ急に内容が変わって信用できないという事で最終的に「街の屋根やさん」をお選びいただき、現状で起きている雨漏りの改修工事と今後のリスクになりえるベランダの再防水工事を承らせていただくことになりました。
 江戸川区鹿骨のU様は中古住宅をご購入し雨漏りの痕跡が多数あったため、雨漏りの原因調査と対策を私たち「街の屋根やさん」にご依頼くださいました。雨漏りと言えばどうしても「屋根」というイメージが強いのでU様も「街の屋根やさん」にたどりついたそうです。実際に雨漏りの様子を確認していくと屋根からの雨漏りの痕跡ではなく「壁」が原因となっていることが分かりました。当然他社様にも数社、調査依頼をしていたそうですが「壁」という診断をした会社はなかったようでまたU様の納得のできる根拠も示してもらえなかったそうです。最終的な施工業者を絞り込んでいく際に、屋根からの雨漏りと指摘していた会社様が、ほかの会社では壁からという話もある、と振ったところ急に内容が変わって信用できないという事で最終的に「街の屋根やさん」をお選びいただき、現状で起きている雨漏りの改修工事と今後のリスクになりえるベランダの再防水工事を承らせていただくことになりました。


担当:渡辺


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス DSカラー、改修用鉛ドレン、脱気筒
施工期間
3日間
築年数
20年
平米数
約8㎡(立上り含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
U様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス DSカラー、改修用鉛ドレン、脱気筒
施工期間
3日間
築年数
20年
平米数
約8㎡(立上り含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
U様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
雨漏り修防水工事

点検

雨漏り

 江戸川区鹿骨のU様から雨漏りのお問い合わせを私たち「街の屋根やさん」に頂き、調査に伺いました。中古住宅をご購入されたとのことですが雨漏りの形跡がいくつもあったためとのことでした。部屋の中を見せていただくと一階の部屋の窓の周りを気にされていました。

窓下の雨漏り 窓際の雨漏り

 確かに窓の周りには雨が染みたような跡が残されています。購入されたばかりとのことで、実際に雨漏りをしていたかどうかはU様にはわからなく心配だったそうです。

目地シーリング 外壁の様子

 建物の外部や屋根の確認をしていきました。U様は屋根からの雨漏りを懸念されていらっしゃったので、押し入れから小屋裏に入らせていただき屋根の雨漏りの有無も調査させていただきましたが屋根からの雨漏りは見当たりませんでした。窓周りに残っていた雨の染み込んだような形跡はおそらく外壁サイディングの継ぎ目のシーリング切れであると外部の点検からお伝えし、外壁とサイディング継ぎ目のシーリング打ち替えのご提案をさせていただきました。

FRPベランダ ベランダ

 そしてベランダの点検も実施したところ、FRP防水のベランダでしたが表面のトップコートはひび割れ等も目立ってきている状態でした。外壁周りの防水対策は塗装、シーリング打ち替えで万全になるため余計に気になったそうです。当初は表面保護のトップコートの施工をご検討でしたが、どうせ実施するなら万全にしたいとのことでベランダ防水工事を行う事になりました。

防水工事(下地調整から一層目まで)

FRP防水面

 外壁塗装工事、シーリング工事が終わり、一番最後にベランダ防水工事を実施します。高圧洗浄は外壁塗装時に実施済みの為、塗装工事の際に出た塗膜片などの簡単な清掃で済みます。今現在はベランダからの漏水は起きていないようですが、これから先の「安心」のために実施していきます。

洗浄 プライマー

 軽い清掃を行った後、アセトンを使って油分を取り除きます。何事も「下地」が肝心です。下地調整が終わったら、FRP防水面用のプライマーを塗布します

通気緩衝シート 脱気筒取付

 今回の防水工事ではウレタン塗膜防水の通気緩衝工法を平場に、立ち上がり部はウレタン塗膜防水の密着工法を行います。通気緩衝工法は既存下地内にある水分を通気させるため、ウレタン防水後の「膨れ」が起きにくい工法です。通気緩衝シートを平場と呼ばれる床面に敷設します。格子状になっているラインを水分が水蒸気となって伝わっていきます。その水蒸気を外部に排出させるために脱気筒をベランダの一番高い部分に設置します。とは言え邪魔になってはいけないので水上側のサッシの間に設置することになりました。

改修用ドレン取付 ドレン補強

 排水口にも鉛製の改修用ドレンを設置します。鉛は柔らかい金属であるので加工しやすく、サビず、なじみやすい特徴があります。改修用ドレンを付けることにより排水口からの直接的な漏水は起こらなくなりますがデメリットも存在します。それは排水口の口径が小さくなることです。施工後は事前の状態より雨水が若干溜まりやすくなります。

脱気塔補強 端部メッシュ

 改修用ドレンの周りや脱気筒、通気緩衝シートの端部をメッシュテープにて補強を行いウレタン塗膜防水材を塗布する準備が整いました。

メッシュ補強 一層目立上り

 ベランダの立ち上がり部にもメッシュテープで補強を行っています。ウレタン塗膜防水の立ち上がり部は密着工法になります。同じウレタン塗膜防水材でも立上り用と平場用では粘度が異なります。立上り用ではより粘度が高いものが使われています。粘土が低いと塗布している最中に垂れて来てしまい良く塗れないからです。

一層目平場 一層目完了

 立上り部のウレタン塗膜防水材塗布後、床面である平場へのウレタン塗膜防水材塗布を行い「一層目」の工程は終了となります。

防水工事(2層目からトップコートまで)

二層目立上り 二層目平場

 一日、1層目を乾燥させて、2層目の作業となります。立ち上がり部へのウレタン塗膜防水塗布、床面の平場へのウレタン塗膜防水材の塗布です。2層目を実施したときに雨に降られることがないように天気予報には非常に敏感になります。この時点で雨に降られると塗膜表面に雨跡が残り仕上がりが悪くなります。午前中が晴天でも午後にゲリラ豪雨の予報がある場合は外気温にもよりますが休工の決断をすることもあります。

トップコート立上り トップコート塗布

 ウレタン塗膜防水2層目が終了した後、ウレタン防水層を紫外線などから保護するトップコートを塗布して作業は終了となります。トップコートには遮熱タイプの物もありますので屋上が陸屋根になっている場合の防水の際には検討してもよいかもしれません。自治体によっては地球温暖化防止の助成金制度がある事もあります。

 

完成

トップコート施工

 ウレタンは水にぬれると滑りやすいので、トップコートには防滑材を混ぜて施工しています。

トップコート完成

 雨漏りの原因となりうる箇所の工事が終わり、お客様にも安心していただける工事となりました。

 

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

塗装や工事をお考えの方、お住まいの点検お任せください!建物の無料点検実施中

塗装や工事をお考えの方、お住まいの点検お任せください!建物の無料点検実施中

 日頃、意識することは殆どありませんが、屋根は毎日、私たちの生活を守るという大役を繰り返しています。 風に曝され、砂埃を叩きつけられ、紫外線を照らされ続け、雨を浴び、夏は暑さ、冬は寒さ… 屋根がとれだけ頑張っているか分かるでしょうか。 実は毎日かなりの負担を強いられているのです。 ご近所のお住まいが屋根工事をしていたり、屋根に色褪せや苔が発生したりと変化してくると、屋根に対して様々な不安や疑問が出てくることと思…続きを読む
屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

 一般的な戸建て住宅で雨漏りの原因として意外と多い部分がベランダやバルコニーです。 街の屋根やさんで雨漏りの原因を調べていると、ベランダやバルコニーが水の浸入口となっているケースはかなり多いのです。ベランダやバルコニー、陸屋根はほぼ勾配がなく、しかも四方を壁に囲まれていることがほとんどで、構造的にも排水性が悪い部分です。そのため、極めて雨漏りの原因となりやすい場所なのです。 現在、雨漏りに悩まれている方、二度…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 目次【非表示表示】 ・ベランダやバルコニーの屋根は強風被害を受けやすい ・ベランダやバルコニーの屋根の…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      荒川区町屋で令和元年東日本台風被害で雨漏りを起こした瓦棒屋根の部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      江戸川区一之江で瓦屋根の葺き替え工事、スーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る