無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用し.....

町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

【施工前】
台風で飛ばされた棟板金

【施工後】
下地の貫板も新しく交換をおこないました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 町田市本町田で棟板金の交換工事をおこないました。
強風によってスレート屋根の棟板金が飛ばされてしまったのがお問合せのきっかけで、元に戻す工事のご依頼をいただきました。
棟板金が飛ばされたのは何本かに分かれている部分の一列分だけでしたが、全体的に下地の貫板が腐食していましたので全ての棟板金を交換する事になりました。
 棟板金が飛ばされてしまったのは、下地の貫板が腐食していた事も理由ですが、強風が棟板金に葺き込んでしまった為に持ち上げられて飛ばされていました。建物が風による被害を受けた場合は火災保険が適用になります。風の被害というと台風を想像されえると思いますが、台風以外でも最大瞬間風速20m/秒以上の風が吹いていれば火災保険の対象になります。今回の復旧工事も火災保険を適用して直す事になりました。
 古い貫板は木製のものが使われていましたが、経年によって湿気や雨水によって腐食してしまい釘が効かなくなってしまいますので、交換する棟板金の下地には樹脂製の貫板を使用する事にしました。固定も釘ではなくビス(ネジ)を使用しますので、今までの棟板金よりも強固な固定となりました。
 火災保険を使用して交換工事をおこなう事が出来、風の影響も受けにくくなりましたので、お客様に大変喜んでいただけました。
 町田市本町田で棟板金の交換工事をおこないました。
強風によってスレート屋根の棟板金が飛ばされてしまったのがお問合せのきっかけで、元に戻す工事のご依頼をいただきました。
棟板金が飛ばされたのは何本かに分かれている部分の一列分だけでしたが、全体的に下地の貫板が腐食していましたので全ての棟板金を交換する事になりました。
 棟板金が飛ばされてしまったのは、下地の貫板が腐食していた事も理由ですが、強風が棟板金に葺き込んでしまった為に持ち上げられて飛ばされていました。建物が風による被害を受けた場合は火災保険が適用になります。風の被害というと台風を想像されえると思いますが、台風以外でも最大瞬間風速20m/秒以上の風が吹いていれば火災保険の対象になります。今回の復旧工事も火災保険を適用して直す事になりました。
 古い貫板は木製のものが使われていましたが、経年によって湿気や雨水によって腐食してしまい釘が効かなくなってしまいますので、交換する棟板金の下地には樹脂製の貫板を使用する事にしました。固定も釘ではなくビス(ネジ)を使用しますので、今までの棟板金よりも強固な固定となりました。
 火災保険を使用して交換工事をおこなう事が出来、風の影響も受けにくくなりましたので、お客様に大変喜んでいただけました。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板、ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
21.2m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板、ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
21.2m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

強風で飛ばされた棟板金

飛ばされてしまった棟板金 ここまで浮くと強風で持ち上げられます

 強風によって飛ばされた棟板金です。昨年の台風による被害ではありませんが、風が強いときに棟板金が落下してきたそうです。

 台風以外の風でも最大瞬間風速20m/秒以上の風が吹けば火災保険の風災が適用になります。今回の被害も火災保険の申請をおこなって元に戻す工事をおこないます。

貫板ごと浮いています 重なった部分が浮いています

 飛ばされたのは屋根の一部の棟板金ですが、飛ばされいていない他の棟板金も指先が入るくらい浮いています。棟板金が浮いた原因は下地の貫板が腐食している事で、棟板金の釘が抜けたり貫板ごと浮いているところもあります。

 持ち上がったところへ強風が吹きこんでしまった為に板金が飛ばされてしまった様です。

工事までの間雨漏りしない様に養生します

工事までの間に雨水が入らない様に養生します

 飛ばされて貫板が剥き出しの部分には、工事までの間に雨漏りしない様に養生しておきます。貫板は左右に二枚並べて固定していますので、間に出来た隙間はスレートの下に葺いている防水紙(ルーフィング)が見えています。防水紙が劣化していると雨水によって雨漏りしてしまう事になりますので、工事までの間にこの隙間からの雨水の浸入を防水テープを貼って防ぎます。

棟板金交換=貫板の交換です

腐食した棟板金の貫板

 棟板金を剥がすと貫板が見えます。木製の貫板は雨水や湿気によって黒く腐食していました。この様な腐食状況では棟板金を固定する釘が浮いたり抜けていました。スレート屋根に釘で固定している貫板も釘が効いておらず、貫板ごと浮いているところもあります。

残った部分も全て剥がします

 強風の被害を受けたのは入り組んだ屋根の一面だけでしたが、全ての棟板金を交換しますので貫板も綺麗に剥がしていきます。

 昔から木を固定するのに釘が使われていましたが、釘はサビて膨張する事で抜けにくくなる性質を持っていますので、昔はわざと濡らして鉄釘を使用していました。実際にはサビが酷くなって釘自体がボロボロになってしまう事もありますので、結果的に釘が効かずに抜けてしまう事になります。

新しい貫板は樹脂製の物を使用します

樹脂製の貫板を使用します

 古い貫板は木製でしたが、新しく交換する貫板には樹脂製の物を使用します。木製の貫板の場合は、雨水や湿気によって長い年月で劣化してしまいます。今回棟板金が飛ばされた原因も貫田の腐食でしたので、交換する時には腐食しにくい樹脂製の物を使う事にしました。

 固定方法も釘ではなくビス(ネジ)を使用しますので、今までの様に腐食して固定が緩んでしまう事はなくなりました。

棟板金もビス(ネジ)で固定して完成しました

樹脂製の貫板にビスで固定します 棟板金交換が完了しました

 貫板を固定して後は棟板金を被せて固定します。貫板と同様に棟板金もビス(ネジ)で固定しますので、貫板から抜けにくくなります。

棟板金交換工事が完成しました

 今回は火災保険の風災を適用して元の状態に復旧工事をおこないました。全体的に傷みが出ていましたので全ての棟板金交換をおこないましたの、これで風の影響を受ける事がなくなりました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心してご依頼ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディア…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      江戸川区松江で令和元年房総半島台風で棟板金を破損したコロニアル屋根を火災保険で復旧、屋根塗装も実施

      【施工内容】

      棟板金交換、雨樋交換、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      町田市と近隣地区の施工事例のご紹介

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      相模原市東橋本で塗膜の劣化したトタン屋根を遮熱塗料による屋根塗装工事でメンテナンス

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根塗装、遮熱塗料

      多摩市聖ヶ丘でチョーキングが出ているスレート屋根の下塗り材にベスコロフィラーを使用して屋根塗装工事

      【施工内容】

      屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る