無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 稲城市矢野口で雨漏りの原因になっている屋上防水を直します

稲城市矢野口で雨漏りの原因になっている屋上防水を直します

【施工前】
雨漏りしている屋上防水

【施工後】
防水工事が完成しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 稲城市矢野口で雨漏りでお困りの建物の防水工事をおこないました。
 3階建ての建物の屋上部分はルーフバルコニーになっていて、階下の天井から雨漏りしていました。屋上の状態を見てみると、雨漏りによって下地が腐食していて歩くと底が抜けそうになっていました。
室内から天井を開けて確認すると、床下地が雨漏りによって腐食しており梁もカビだらけになっています。屋上の防水工事のやり直しは必要ですが、下地を直す必要もありますのでカビだらけの梁の交換工事もおこなう事になりました。
 屋上の床を剥がしていくと、元々FRP防水が施工してあるうえにタイルが敷き詰めてあるのですが、その上からウレタン防水をおこなっていて、タイルと全然付着しておらず浮きが出ていました。
木造住宅は常に動きが有る建物ですので、防水材が切れてしまった部分から雨水が入り込み、下地を腐食させていた様です。建物から跳ね出しているバルコニーなどと違い下が居室になっているルーフバルコニーは、防水層の劣化が雨漏りに直結してしまいますので、しっかりと直さなければなりません。
 今回の工事では、雨漏りの原因である屋上防水工事のやり直しと腐食した梁などの下地の交換工事をおこなっておりますので、工事後は雨漏りの心配も無くなり安心してお住まいになれる状態になりました。
 稲城市矢野口で雨漏りでお困りの建物の防水工事をおこないました。
 3階建ての建物の屋上部分はルーフバルコニーになっていて、階下の天井から雨漏りしていました。屋上の状態を見てみると、雨漏りによって下地が腐食していて歩くと底が抜けそうになっていました。
室内から天井を開けて確認すると、床下地が雨漏りによって腐食しており梁もカビだらけになっています。屋上の防水工事のやり直しは必要ですが、下地を直す必要もありますのでカビだらけの梁の交換工事もおこなう事になりました。
 屋上の床を剥がしていくと、元々FRP防水が施工してあるうえにタイルが敷き詰めてあるのですが、その上からウレタン防水をおこなっていて、タイルと全然付着しておらず浮きが出ていました。
木造住宅は常に動きが有る建物ですので、防水材が切れてしまった部分から雨水が入り込み、下地を腐食させていた様です。建物から跳ね出しているバルコニーなどと違い下が居室になっているルーフバルコニーは、防水層の劣化が雨漏りに直結してしまいますので、しっかりと直さなければなりません。
 今回の工事では、雨漏りの原因である屋上防水工事のやり直しと腐食した梁などの下地の交換工事をおこなっておりますので、工事後は雨漏りの心配も無くなり安心してお住まいになれる状態になりました。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
FRP防水、ウレタン防水
施工期間
7日間
築年数
20年
平米数
16㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
5年間
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
FRP防水、ウレタン防水
施工期間
7日間
築年数
20年
平米数
16㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
5年間
足場アイコン3階建て雨漏り修防水工事

雨漏りの原因を確認します

天井は雨漏りでブヨブヨになっていました 壁際からの雨漏り

 室内の天井と影際には雨漏りの跡が有りました。居室の為に雨漏りしていると生活するうえで非常に不便になっておりますので、原因を突き止めて対処しなければなりません。

床が沈んで雨水が溜まっていました 水たまりの真下で雨漏りしています

 雨漏りしている真上の部分は屋上でルーフバルコニーになっています。床面は防水が施工されているのですが、所々沈みが出ていて雨水が溜まっていました。

 防水材が劣化して雨水が入り込み下地を腐食させてしまい、床が沈んだところへ雨水が溜まり更に雨漏りが進んでしまう悪循環になっています。下地の腐食がどこまで広がっているのか、室内の天井を剥がして確認します。

雨漏りの影響は梁にも広がっていました

雨漏りしている部分の天井を開けます

 雨漏りの被害を確認する為に天井裏から状態を見てみます。天井に張っている石膏ボードが雨漏りの雨水を吸い込んでしまい、グズグズになっています。クロスを剥がすとカビが生えていて真っ黒になっていました。

天井らから断熱材を下ろします 雨水を吸い込んだ天井裏の断熱材

 天井には断熱材のグラスウールが乗せてありましたが、雨水を吸い込んでいてビショビショです。数日雨が降っていない状態で調査をおこないましたが、大量の雨水を断熱材が吸い込んでいました。

 今回のような雨漏りの場合、断熱材が一旦雨水を吸い込んでしまう事で天井に症状が現れにくい事が有り、気付いた時には被害が拡大している事があります。雨水を吸った断熱材は再利用出来ませんので処分します。

雨漏りで腐食した床下地 梁かカビだらけになっていました

 天井を剥がすとルーフバルコニーの床下地が確認出来ました。断熱材をどかして見てみると、梁や根太にカビが生えていて腐食している部分があります。指で押してもズブズブと入ってしまうところもあり、このまま雨漏りの原因を止めても腐食が広がってしまいまうので、劣化している梁も新しい物へ交換をおこないます。

屋上の床を解体します

タイル部分は張り付いていないので簡単に剥がれます 床の防水を解体します

 防水工事をやり直すために、既存の床を剥がしていきます。仕上がりはウレタン防水ですが、下には元々の防水が施工してありますので、下地が出るまで既存の防水層を撤去します。

タイルの上のウレタンは付着していません

 新築時の仕上がりは、図面上FRP防水の上にタイルを敷き並べた仕上げになっていましたが、実際はタイルの上にウレタン防水が流してあります。以前に雨漏りした際に防水工事をおこなったそうですが、タイルの上にウレタン防水は密着しませんので通常はおこなわない施工方法です。

FRPが割れた雨水が張り込んでいました 雨水が回って下地がボロボロです

 タイルを全て剥がしてFRP防水を剥き出しにしました。所々割れていて下地の合板が剥き出しの所もあり、ここから雨水が張り込んで下地は腐食しています。腐食した部分は除去しないと新しい防水工事が出来ません。

下地の木が雨漏りで腐食しています 腐食した部分は取り除きます

 木部は雨水や湿気によって腐食してしまいますので、見えない部分で劣化が進行しています。腐った木を取り除いて新しく床下地を組んでいきます。雨水が流れる様に床に角度が付けてありますので、新しい下地を組む際には今よりも若干角度を付けて組みます。

床下地の上にFRP防水を施工します

FRP防水で下地を固めます FRP防水で下地の層を作りました

 新しい床下地を作った上にはFRP防水を施工します。FRPとは繊維強化プラスチックで、ガラス繊維で補強されたプラスチックの防水剤で強度が非常に高い防水剤です。

FRP防水の上にウレタン防水を施工します

動きを逃がす通気緩衝シートを張ります

 FRP防水の上にウレタン防水を施工します。建物の動きと防水材の動きを逸らすために通気緩衝シートを張ります。通気緩衝シートを張る事で、建物の動きを逃がす事が出来るので影響を受けにくくなります。

立上りには補強クロスを入れます 角にはコーナー材を設置

 立上り部分には補強クロスを強化します。立ち上がり部分は動きを逃がす必要がありませんので、補強クロスをウレタン防水で埋め込みます。補強クロスはポリエステルなどで作られていてウレタン防水と良くなじみます。

隙間が空かない様に防水します 立上りは粘性が高い物を使用

 補強クロスの上からウレタン防水を塗っていくのですが、ウレタンの伸縮性にも追従しますので防水層に劣化の影響が出にくくなります。

ウレタン防水は塗料タイプの防水材です 立上りもしっかり防水します

 ウレタン防水はそのままですと紫外線の影響を受けて劣化してしまいますので、仕上げに保護材のトップコートを塗布します。ウレタン防水自体は薄い水色の様な色をしていますが、今回はグレーのトップコートを使用しました。

 トップコートにはグレー以外にもベージュ系や工場などで良く見る緑色したものがあり、お好みでお選びいただけます。

屋上防水工事が完成しました

防水工事完成

 トップコートを塗布した屋上の防水工事が完成しました。

 防水層の劣化によって室内へ雨漏りしていましたが、下地から新しく作り直しましたのでこれで雨漏りの心配も無くなり安心していただけます。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      荒川区町屋で令和元年東日本台風被害で雨漏りを起こした瓦棒屋根の部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      稲城市と近隣地区の施工事例のご紹介

      調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

      【施工内容】

      屋根塗装、その他の工事

      調布市深大寺にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦屋根の棟を補強金物を使った積み直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る