無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区高砂で台風被害で破損した倉庫駐車場波板屋根の復旧工事、.....

葛飾区高砂で台風被害で破損した倉庫駐車場波板屋根の復旧工事、既設雨樋も含め補強処置を講じた上で取り付け交換を行いました

【施工前】
波板が台風で飛散

【施工後】
ポリカ波板の交換が完了です

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


葛飾区高砂で台風の影響でカーポートの波板屋根が飛ばされてしまったとの事で、修繕のご相談をお受け致しました。今回台風によるご被害で、このように波板が飛ばされてしまったと言うお住まいの方からは、本当に数多くのご相談をお受け致しました。特に昔ながらの塩ビ製波板のお宅様や、支柱が木製で構築された波板のお宅様等では、このような離脱やめくれ、飛散と言った状況を数多く目にしてきました。こちらのお客様も波板が捲れてしまって、通りに面している駐車場である事からも、見栄え的にしっかりしておきたいとのご要望から、修繕のご相談をお受けするに至りました。
葛飾区高砂で台風の影響でカーポートの波板屋根が飛ばされてしまったとの事で、修繕のご相談をお受け致しました。今回台風によるご被害で、このように波板が飛ばされてしまったと言うお住まいの方からは、本当に数多くのご相談をお受け致しました。特に昔ながらの塩ビ製波板のお宅様や、支柱が木製で構築された波板のお宅様等では、このような離脱やめくれ、飛散と言った状況を数多く目にしてきました。こちらのお客様も波板が捲れてしまって、通りに面している駐車場である事からも、見栄え的にしっかりしておきたいとのご要望から、修繕のご相談をお受けするに至りました。


担当:藤崎


【工事内容】
雨樋交換 その他の工事 ポリカ波板交換工事、鼻隠し取付工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート波板
施工期間
1日
築年数
築50年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
N様邸
【工事内容】
雨樋交換 その他の工事 ポリカ波板交換工事、鼻隠し取付工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート波板
施工期間
1日
築年数
築50年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
N様邸
火災保険アイコン台風アイコン倉庫アイコン雨樋交換

被災状況の現状確認から行います

波板に取り付けられた雨樋ごと外れる

状況確認すると波板と共にその波板自体に直接取り付けてある雨樋も離脱、変形しております。本来は波板に直接取り付けるべき物では無いですが、こう言った取り付け方をされているケースは時折目にします。単純に同じ様な現状復旧をしても、また年数が経つと雨樋に溜まる雨水の重み等でまた再び波板が変形してしまう事も想定されます。ですのでしっかりとした下地補強を行った上で波板交換雨樋交換工事を実施する事をご提案致しました。

風災害は火災保険が使用できます

波板が大きく割れて飛散しています 風災害による波板被害

更に今回は台風によるご被害と言う事も有り、火災保険のご使用を併せてお話しさせて頂いたところ、火災保険がご利用できる事を詳しくご存じなく、保険会社に確認して頂き、保険の適用範囲であるとの回答を得て、保険申請を経て修繕工事を行う事となりました。

ポリカーボネート製の波板交換

撤去した塩ビ製の波板 ポリカは人が乗っても問題ない強度があります

既存の波板を撤去致しました。これまでの素材は塩ビ製の波板で強度の面で若干弱い素材です。少し前はこれが主流でしたが、現在は殆どの場合ポリカーボネートが使用されます。母屋や垂木などフレームの上ならば、このように作業時に職人さんが乗っかっても問題なく作業が出来る強度です。今回も耐久性の面からもこのポリカを使用し交換工事を行っていきました。

重なりも規定通りに重ねて施工

ポリカは隣のものと重ねて設置していきます 波板の設置は完了

ポリカ波板はこのように隣との重ねを作りながら、順番に取り付けて行きます。規定通り2山半の重なりをしっかり作って端まで設置が完了致しました。

取り付けビスはこれを使用

鉄骨支柱用のフックボルト 鉄下地用ポリカ波板ビス

これまで鉄骨支柱のフックボルトは鉄製の物が使用されていました。こちらも同様でしたが、どうしても鉄は錆びて劣化してしまうものです。そこで今回は、このように接合部の上部にポリカ製の傘付きの専用ビスを使用致しました。これで接合部の錆びによる劣化は防げる構造となります。

全てのビス止めが完了です

波板に隙間なくビスを取り付け

こちらも規定通りにしっかりと隙間なくビスを取り付けて、風対策にも有効で丈夫なポリカーボネート波板の設置となります。

鼻隠しを新たに設置し、そこに雨樋を取り付けます

破風板を新設 破風板を設置し雨樋を取り付けます

ポリカを設置した後は、雨樋の取り付けに掛かりますが、その前に下地の補強作業を行います。これまで波板に直接取り付けていた事も有り、その重みで弱っていた波板が強風で割れてしまった事も今回の被災原因の一つと考え、下地を新たに作るべく、この様に鼻隠しを取り付けて参りました。鉄骨の支柱に木材を横に流して、その表側に鼻隠しを設置した訳です。下地がしっかりしているところに雨樋を設置すれば、波板に負担を掛ける事も無く、よりしっかりとした施工となるのです。

雨樋を設置し完成になります

雨樋を設置 新設した破風板に雨樋を取り付け

構造的にはこのように支柱の飛び出した部分と、先ずは横に流した木材をしっかり固定し、その表面部分に新たに構築した鼻隠しを設置して、そこに雨樋を取り付けて行くと言った構造です。要するに新たに交換したポリカ波板には一切の負荷が掛かっておりません。この雨樋を終いまで取り付けて行けば一連の交換工事も完成となります。

 

 

【工事完了後】

波板交換完了を上から撮影

波板の交換が無事完了いたしました。交換に当たりポリカーボネートを使用しております。耐久力はこれまでの塩ビ製の波板よりも強い素材ですので、台風で飛ばされると言った事もしばらくは無い筈です。先程も申しました通り、鉄骨支柱用のビスも使用しておりますので取付接合部の上部にポリカ製の傘も有るものなので、そこからボルトが錆びてしまい劣化すると言った懸念も防げます。やはり少しでも耐久性を持たせる事は、折角のこのお手入れの機会となるので非常に重要な要素となるのです。

こちらの処置も耐久性を持たせる為のひと手間です。これまで直接波板自体に取り付けられていたので雨水流れ、少しでも量が溜まるとどうしても波板に負担を強いる事に繋がり、劣化も進行してしまい易くなります。そこで今回は下地補強の意味も込めて鼻隠しを新たに取り付けて、そこに雨樋を取り付ける事にしたわけです。少なくともこの取り付けであれば、雨樋に雨水が溜まったとしても、これまでの様に波板に負担を掛けると言った事は無くなります。少しでも耐久性を持たせる為において、今回工夫したポイントも言える所になります。尚、塗装に関してはお知り合いさんがいらっしゃると言う事で、この後依頼して施工する予定との事となりました。

鼻隠しを新たに取り付け雨樋を交換

こちらの処置も耐久性を持たせる為のひと手間です。これまで直接波板自体に取り付けられていたので雨水流れ、少しでも量が溜まるとどうしても波板に負担を強いる事に繋がり、劣化も進行してしまい易くなります。そこで今回は下地補強の意味も込めて鼻隠しを新たに取り付けて、そこに雨樋を取り付ける事にしたわけです。少なくともこの取り付けであれば、雨樋に雨水が溜まったとしても、これまでの様に波板に負担を掛けると言った事は無くなります。少しでも耐久性を持たせる為において、今回工夫したポイントも言える所になります。尚、塗装に関してはお知り合いさんがいらっしゃると言う事で、この後依頼して施工する予定との事となりました。

波板、雨樋とも無事交換工事完了です

火災保険も使用出来たので、持ち出しが無く工事を行う事が出来ました。お客様もご存じなかっただけに、喜びもひとしおだった次第です。更に鼻隠しを新設し強度のある施工をご提案についても非常に喜ばれました。波板と雨樋のバランスも問題なく、水を流して流れや勾配の確認もしっかり行いました。台風被害において交換を行う場合は、同じ様なご被害が出ない様に修繕していく事に拘って、今後も取り組んで参りたいと考えています。

葛飾区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。葛飾区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する葛飾区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。 現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店の各エリアの待ち状況と工事のお申し込みをいただいてから着工までの目安をお伝えします。 …続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。7月から10月にかけてが最も多く、私たち屋根業者としても毎年この時期になると台風によって被害を受けたお客様と接するた…続きを読む
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともなかったという方が多いのではないのでしょうか。雨水を集め、…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受けたみたいだ」というご相談をいただいております。 「こんなことなら台風前にメンテナンスしておけばよかった」、「来年…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 目次【非表示表示】 ●台風後や地震後の屋根にはその後の災害便乗商法を含めて危険がいっぱい ●台風…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
工場や倉庫の屋根工事で資産を守る!メンテナンスを行う3つのメリット

工場や倉庫の屋根工事で資産を守る!メンテナンスを行う3つのメリット

 私たちもたくさんの工場・倉庫の屋根工事を手がけています。倉庫や工場などはその企業様の資産としてとても大切なものだと思います。企業様によってはメンテナンスサイクルを検討され、予算も組み、定期的にメンテナンスをされていらっしゃるところも多くあります。 また、そういった取り組みをしたくてもどうしたらよいかわからない会社様からのご相談もたくさんお受けしています。 目次…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

    お住いの台風対策はお済みですか?       台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!       ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!   問題があった方は要注意…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

      【施工内容】

      屋根塗装、その他の工事

      調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る