無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 板橋区弥生町にてセキスイかわらUを使用した屋根を屋根カバー工.....

板橋区弥生町にてセキスイかわらUを使用した屋根を屋根カバー工事でカバールーフ455にリフォーム!

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】
板橋区弥生町にお住まいのお客様より、屋根補修に関するご相談をいただきました。 「ベランダなどに屋根から落下してきたと思われる物があるのですが……」というお問い合わせでした。破損した屋根材が落下したという事で、瓦にしても棟板金にしても当たると怪我ではすまない、重くて大きいものが多いだけに、ヒヤリといたしましたが、幸いなことに怪我人はなくご無事だったようです。さらにお話を伺うと、それほど大きなものではなく小さな破片のようなもの、ということでした。、まずはお客様の屋根の現状を把握するべく、調査に伺いました。

【工事内容】
屋根カバー工事
【工事詳細】
施工期間
7日間
築年数
25年
施工金額
140万円
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年

屋根の状態を確認

屋根にセキスイかわらUを使用 セキスイかわらUの傷み具合

屋根に上がらせていただき、確認したところ、お客様の屋根は、セキスイかわらUを使用していました。
セキスイかわらUというのは、文字通り、積水屋根システム株式会社の代表的な屋根材のひとつで、とても軽くて丈夫な屋根材で、瓦の形状をしていながらカバー工法ができるという優れものの屋根材でした。しかしかわらUは1990年以降のアスベスト規制に対応すべくノンアスベスト素材で製造されたのですが、残念なことに耐久性が非常に低くなってしまい、塗膜が剥がれやすく、割れやすい上に、一度劣化してしまうと塗装し直すこともできないため、一度劣化してしまうと葺き替え工事を行うしかないため、2007年に販売終了となりました。

セキスイかわらUの劣化具合 かわらUの製造番号

お客様のかわらUもまさにノンアスベスト素材を使用したかわらUでした。しかも元々は瓦棒屋根だったところをかわらUでカバー工事したものでした。

すでにすっかり塗膜が劣化した状態で、かわらの端が欠けてところどころ白くなっているのが見てわかります。
お客様のベランダに落ちたというのは、このかわらUの欠けた破片だったようです。大きく破損した個所はありませんでしたが、通常の屋根材よりも脆く劣化が早いかわらUですので、このタイミングでの屋根カバー工法による工事をおすすめしました。
現状を把握されたお客様から、この屋根材のままでは安心して過ごせないとのことで、お客様のご希望で屋根カバー工事のご依頼をいただき工事に着工いたしました。

 

カバールーフ455による屋根カバー工事の様子

 

セキスイかわらUを丁寧に撤去します 防水紙の設置

既存のかわらUをすべて手作業で一枚一枚取外しいきます。かわらUは非常に割れやすい状態になっていますので、慎重に作業を進めます。

屋根材や釘などの撤去後、綺麗に掃除を行います。

下から古い既存の防水紙が出てきました。ところどころ筋状に膨らんでいるのは、その下に瓦棒屋根の心木があるからです。

この上に、カバー工事で金属屋根をかぶせていきます。

今回は「カバールーフ455」を使用します。
既存の心木を撤去せず、上から新たに心木を重ねて補強していきます。

 

防水紙の設置 板橋_190327_0034

その上から雨水の浸入を防ぐ為の防水紙を敷いていきます。
屋根材も雨水を防ぐ大事な役割を担っていますが、お住まいの下地材や構造材を瀬戸際で守っているのはこの防水紙です。
丁寧に隙間なく敷いていきます。

 

カバールーフ455設置 棟板金の貫板設置

続いてカバールーフ455を葺いていきます。

カバールーフ455の優れている点として、山が高めに作られているのですが、これは下にあります心木がカバー工法で重ねているため高くなっているのですが、その高い心木に対応できる高さを持っているので、このカバー工法には最適なのです。
この山部分をビスで留めますが、既存芯木と新たな芯木を重ねたことにより下地までの距離が倍ほどありますので、充分な長さのビス使います。

次に棟板金に移ります。
棟板金を固定するための貫板を設置します。今回使用する貫板は金属屋根に取り付けることもあり樹脂製の貫板を使用します。

 

板金設置 棟板金設置完了

貫板に板金を設置していきます。合わせ目から雨漏りがしないよう、コーキング処理を施します。
棟板金を設置し、ビス止めしたところなどにコーキング処理を施し、無事にカバー工事が終了いたしました。

 

カバールーフ455によるカバー工事、竣工

カバールーフ455

経年劣化によって破損の恐れがあったセキスイかわらUも、カバールーフによる屋根カバー工法でしっかりメンテナンスを行い、生まれ変わることができました。

街の屋根やさんではこうした屋根に関するお悩みにもご対応し、必要な補修工事をご提案させていただきますので、お悩みがございましたら一度ご連絡ください。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

多摩市桜ケ丘で表面が劣化したニチハのパミールをスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工事

墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根を目指してスーパーガルテクトフッ素を使用した屋根カバー工事を一部火災保険を使用して行いました

【施工内容】

屋根補修工事、屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

西東京市中町でヒビ割れが酷いスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

台風10号への備え、できていますか

台風10号への備え、できていますか

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
ページトップへ戻る