無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区小菅にて築28年のお住まいのお客様、強風で剥がれてしま.....

葛飾区小菅にて築28年のお住まいのお客様、強風で剥がれてしまい棟板金を交換

【施工前】
飛散した棟板金の一部

【施工後】
交換後の棟板金

【お問い合わせのきっかけ】
今回ご紹介いたしますお客様は、葛飾区小菅にお住まいで、春先の強風により屋根から板金が落ちてきたとの事でご相談を承りました。 急に頭上から大きな金属板が落ちてきたら……。そう考えるとゾッとしますが、幸いにも怪我人が出ることもなく無事に済んだとの事です。 このような強風が原因での屋根破損の場合は火災保険の補償が適用になりますので、強風で破損した場合はすぐにご相談いただければと思います。 特に板金が飛散してしまいますと、とても雨に弱い状態となるため、雨漏りの危険があるだけでなく、残った板金がさらに飛散する可能性もあり、非常に危険です。 至急調査に伺いました。

【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
1日間
築年数
28年
施工金額
4.7万円
お施主様
W様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
20年
棟板金交換

棟板金の状態を確認

飛散した棟板金 傷んだ貫板

それではまず調査の様子からお伝えいたします。
こちらは金属屋根、トタンの瓦棒葺き屋根ですね。
瓦棒と言っても瓦でできているわけではありません。およそ50センチ間隔でトタン屋根に縦棒が入っている屋根を瓦棒葺き屋根といいます。
お客様の屋根は築28年との事で、屋根のメンテナンスはほとんどしてこなかったとのことで、すっかり錆びてしまっています。
板金が飛散してしまったとの事ですが、確かに一か所完全になくなって貫板が丸見えになっています。

早く伺うことができてよかったです。本格的な雨に見舞われる前に、修理をしないといけません。
屋根の頂部はトタン屋根材とは違う専門の屋根材でカバーいたします。それが棟板金です。雨水の浸入を防ぐ役割をします。新築時には釘でしっかり固定されているのですが、長年の風で板金が揺れることによって徐々に釘が抜け、固定が出来なくなってしまいます。特に嵐など強風が吹いた時に釘が抜けかかっていますと、それで一気に飛散してしまいます。
築10年が経過しているお住まいは、念のため板金が固定されているか、一度ご確認しておいたほうが良いでしょう。

釘が抜けかけた板金 貫板を止めていた釘穴

飛散せず残った棟板金も、釘が抜けかかっている個所が複数ありました。さらなる飛散の可能性もありますので、残った板金も補修しておいたほうがいいでしょう。
棟板金には非常に高い耐久性をもち、なおかつ錆びにくいという性質を持ったガルバリウム(GL)鋼板や、ステンレス製などがあります。とても錆には強く、最近では20年以上の補償がつく屋根もありますが、強風で煽られて釘が抜けてしまっては、いかに耐久性に優れていても飛散してしまいます。そういう意味でも定期的なメンテナンスが大切です。

 

古くなった貫板と棟板金の撤去

棟板金撤去後

飛散した板金はもちろんですが、この状態ですと残った板金も再利用はできませんので、残っていた棟板金とその下の貫板を解体、撤去しました。
かなりボロボロの状態です。屋根はやはり日頃見えない箇所ですので、日頃のメンテナンスの重要性もよく分かります。

板金を外し、貫板を外しましたが、ボロボロの状態で散らばってしまったので、まずはきれいに清掃します。

 

ぽっかり空いた瓦棒  空いた釘穴を埋める

清掃してきれいにしたら、貫板を固定するためにビスで開けたトタン屋根の穴をふさぎます。

 

新しい貫板を設置 貫板に設置した新しい板金

穴がふさがりましたら、新しい貫板を敷いてしっかりと固定します。貫板は屋根に直接取り付けて、棟板金はその貫板にビスで固定します。

 

板金との合わせ目をシーリングで埋める 新しい棟板金

その棟板金と棟板金の継ぎ目にはシーリングで雨水の浸入を防ぎます。

 

新しい棟板金 棟板金交換工事完工

新たにガルバリウム鋼板の棟板金を取り付け、ステンレスビスで固定していきます。

これで工事は完了です。

今回は幸い、棟板金が飛散した後は大きな雨も降らなかったということもあり、雨漏りが起きる前に完工することができました。
特に嵐や台風などの後は表面からでは見えない個所での不具合も発生している可能性もあります。
屋根や雨樋、軒天等、気になる事がありましたらお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      町田市本町田で強風で被災した棟板金交換時に屋根材がコロニアルNEOであることが発覚

      【施工内容】

      棟板金交換

      小金井市中町で瓦棒屋根の飛散した棟板金を交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      大田区大森北にて強風被害を受け落下してしまった棟板金の復旧工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、スレート屋根補修工事、棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区谷中でこれまでなかった玄関庇を新たに設置、雨の日も快適に

      【施工内容】

      その他の工事

      墨田区京島で耐震性アップのため、重い瓦屋根から軽い石葺き屋根材エコグラーニに屋根葺き替え

      【施工内容】

      屋根葺き替え、瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      葛飾区東水元で下屋根の雨押えからの雨漏りが発生した為、特殊形状加工した板金カバーにて解決致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      ページトップへ戻る