無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 町田市三輪緑山で雨漏りしている廃盤品のセメント瓦葺き屋根は、.....

町田市三輪緑山で雨漏りしている廃盤品のセメント瓦葺き屋根は、コロニアルクアッドで部分葺き替えします

【施工前】
雨漏りしているセメント瓦

【施工後】
葺き替え工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


町田市三輪緑山で屋根の葺き替え工事をおこないました。5年程前に二階の屋根の漆喰工事をおこなった建物で、一階の下屋から雨漏りしているという事で調査をおこないました。築30年が経過しているセメント瓦葺きの屋根で、下に葺いてある防水紙(ルーフィング)が劣化して切れています。昨年の台風によって瓦も割れているので被害が広がってしまった様です。日本瓦と違い一枚一枚釘で固定されているので、瓦をどかして下地の状態を確認する事が出来ません。今回割れてしまった事で下地の状態が見る事が出来ましたが、下地の防水紙を直さなければ今回の雨漏りを止める事が出来ません。屋根の瓦はセメント瓦で現在造られていませんので、下屋全体を新しい屋根材へ葺き替え工事をおこないました。瓦よりも軽い化粧スレートのコロニアルクアッドで葺きました。瓦と比べて厚さが薄くなりますので、壁際の板金との納まりも新しく作り直しました。下地の防水紙(ルーフィング)も新しくなり雨漏りも完全に止まりましたので、お客様にも安心出来ると喜んでいただけました。
町田市三輪緑山で屋根の葺き替え工事をおこないました。5年程前に二階の屋根の漆喰工事をおこなった建物で、一階の下屋から雨漏りしているという事で調査をおこないました。築30年が経過しているセメント瓦葺きの屋根で、下に葺いてある防水紙(ルーフィング)が劣化して切れています。昨年の台風によって瓦も割れているので被害が広がってしまった様です。日本瓦と違い一枚一枚釘で固定されているので、瓦をどかして下地の状態を確認する事が出来ません。今回割れてしまった事で下地の状態が見る事が出来ましたが、下地の防水紙を直さなければ今回の雨漏りを止める事が出来ません。屋根の瓦はセメント瓦で現在造られていませんので、下屋全体を新しい屋根材へ葺き替え工事をおこないました。瓦よりも軽い化粧スレートのコロニアルクアッドで葺きました。瓦と比べて厚さが薄くなりますので、壁際の板金との納まりも新しく作り直しました。下地の防水紙(ルーフィング)も新しくなり雨漏りも完全に止まりましたので、お客様にも安心出来ると喜んでいただけました。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
4日間
築年数
30年
平米数
45㎡
施工金額
掲載不可
お施主様
Y様邸
ハウスメーカーその他
知り合いの大工さん
保証年数
10年
【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
4日間
築年数
30年
平米数
45㎡
施工金額
掲載不可
お施主様
Y様邸
ハウスメーカーその他
知り合いの大工さん
保証年数
10年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え雨漏り修

天井からの雨漏りの原因を調べます

天井の雨漏りの原因はどこにあるのでしょうか 屋根にはセメント瓦が葺かれています

町田市三輪緑山で以前に工事をおこなった建物です。玄関を入って直ぐの天井から雨漏りしていて染みが出来ているので見て欲しい、というお問い合わせでした。5年ほど前に2階の屋根の漆喰工事をおこなっているのですが、今回雨漏りしているのは1階の屋根が絡んだ部分です。昨年の台風24号の後から雨漏りしてしまったそうなので、原因がどこに有るのかをしっかりと調べます。

雨漏りしている部分の上に原因があります

雨漏りしているのは赤い円で囲った部分の真下です。この下が染みが出来ている天井なので、原因はその周囲にある事が分かります。色が違う瓦が2枚あるのですが、これは大分前に割れた時に差し替えをおこなったそうです。その横には板金が刺してあり、ここは数年前に割れた部分を隠すために取り付けたそうです。セメント瓦は現在では製造されていませんので、以前の様に部分的に差し替えをおこなったりする事は出来ません。

以前に差し替えた瓦の横が割れています 下地の防水紙が劣化して雨漏りしています

割れている瓦があるのですが、新しい瓦と差し替える事が出来ません。割れた事で下地の防水紙の状態も確認出来、築30年下地のメンテナンスをおこなった事が無いという事もあり、大分劣化が進んでいました。瓦も廃盤品で下地に葺いてある防水紙(ルーフィング)の劣化もありますので、新しい屋根材への葺き替え工事をおこなう事になりました。

 

廃盤品のセメント瓦は葺き替え工事で直します

下地を直すのに屋根も葺き替えます セメント瓦は現在では製造されていません

今回工事をおこなうのは1階の屋根(下屋)の為、2階の屋根の様に棟もありますし、外壁にぶつかる所もある為に雨水がしっかりと流れる様に雨仕舞いが重要になります。今回は葺き替え工事ですので、屋根のセメント瓦を全て剥がして処分するところから始まります。

 

防水紙にも寿命があります

セメント瓦を撤去して下地を出します セメント瓦の下の防水紙は大分劣化しています

瓦葺きの屋根は、下地の上に横向きに打ち付けた瓦桟に瓦を引っ掛けて葺いていきます。パッと見は問題が無くても、瓦の下で瓦桟が腐って折れていたり、防水紙が劣化して切れている事もあります。防水紙(ルーフィング)は20年~25年程度で寿命となりますので、ボロボロになった防水紙は雨漏りの原因になります。瓦桟と古い防水紙を剥がして新しい屋根の下地を作っていきます。

新しい屋根下地の野地板を張ります

セメント瓦を剥がした下地の状態ですと新しい屋根材の下地として使う事が出来ませんので、合板を上から張りかぶせます。合板を張りかぶせする事で新しい屋根材の下地にもなり、屋根の強度も増す事が出来ます。

 

屋根材と防水紙で雨水から建物を守ります

屋根はルーフィングが重要になります 野地板を張った後はルーフィングを葺きます

野地板で下地を補強した後は防水紙(ルーフィング)を葺いていきます。屋根は屋根材の1次防水と防水紙の2次防水の2段階で雨水から建物を守っています。屋根材が破損していても防水紙が劣化していなければ雨漏りする事はありません。逆をいえば、屋根材に問題が無くても防水紙が切れたりしていれば雨漏りしてしまうので、屋根材よりも重要なのが防水紙なんです。

 

壁際の雨仕舞いをしっかりと

スレートを軒先から葺いていきます ルーフィングを葺いたら軒先から屋根を葺きます

新しく葺く屋根材は化粧スレートです。瓦と比べて厚さが薄い屋根材です。今回工事をおこなっているのは1階の屋根なので、外壁とぶつかる部分があります。新築の時に葺かれたセメント瓦ですので、雨押えという板金が外壁の裏側から出ています。その板金の裏側に防水紙(ルーフィング)を立ち上げて板金を被せますので、雨仕舞いをしっかりとおこなう事が出来ます。壁際は雨漏りに繋がりやすい部分ですので、しっかりおこないます。壁際の板金の取り付けが終われば軒先からスレートを葺いていきます。

屋根の回りに取り付ける板金には順番があります 瓦と高さが違うので板金で納めます

ケイミューのコロニアルクアッドが新しい屋根材で、葺き上がった後に壁際の板金を納めます。屋根を葺く前に取り付けた板金が『谷』になるので、屋根材の下に回り込んだ雨水がスムーズに下へ流れる様に造りになっていますので、壁際からの雨仕舞いも万全です。

 

棟板金を取り付けて葺き替え工事が完成です

瓦からスレートへの葺き替えが完成です 壁際もしっかり納まりました

軒先から葺いてきたスレートは屋根の一番高い部分まで葺き終えた後は、棟板金を被せます。壁際の雨押えとの取り合い部分の納め方もしっかり行わないと雨水が入り込んでしまいます。屋根は屋根材の下にも必ず雨水が回り込むので防水紙を下に葺いていますが、壁際や棟などからはなるべく雨水が入り込まない様に納める必要があります。屋根には必要な隙間もありますので、その部分は塞がずに雨水の逃げ道を作りながら雨水が入らない様にする事が大切なのです。

コロニアルクアッドで下屋の葺き替え工事完成

壁際と棟の板金が納まったら屋根葺き替え工事の完成です。セメント瓦と比べて新しい屋根は軽くなりますので、築30年を経過した建物にとっては負担が少なくなりました。下地も防水紙(ルーフィング)も新しくなり、お問合せのきっかけになっていた雨漏りの原因も解消出来ましたので、町田市三輪緑山で葺き替え工事をおこなったY様にも、安心出来ると喜んでいただけました。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
お家の屋根材が廃盤・生産終了になってしまった場合屋根のメンテナンスはどうすべき

お家の屋根材が廃盤・生産終了になってしまった場合屋根のメンテナンスはどうすべき

 多くの屋根材が工場で生産されるようになってから久しく、さらに現在では現場での切削・加工が極端に少なくなるようプレカットまでされるようになってきました。そのことによって新築でも、リフォームでも、工期が短くなり、人権費の削減にも繋がっています。施工期間の短縮と費用の削減はどちらもお施主様の負担が軽くな…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 屋根材というと現在でも瓦というイメージが強いのか、どんな屋根材でも瓦と呼ばれがちです。スレート(カラーベスト・コロニアル)はスレート瓦と呼ばれますし、成型金属屋根材も金属瓦と呼ばれます。小さなピースを幾重にも並べて屋根を形成する屋根材の場合、そのような傾向が高いようです(トタンはトタン瓦と呼ばれな…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      台東区千束で屋根葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      町田市と近隣地区の施工事例のご紹介

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      相模原市東橋本で塗膜の劣化したトタン屋根を遮熱塗料による屋根塗装工事でメンテナンス

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根塗装、遮熱塗料

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る