無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 以前屋根カバーを行った荒川区東尾久のお住まいにて、火災保険を.....

以前屋根カバーを行った荒川区東尾久のお住まいにて、火災保険を利用した屋根葺き替えで雹災補修

【施工前】
雹災による凹み

【施工後】
屋根カバー工法,屋根葺き替え工事

【お問い合わせのきっかけ】


ITS事業部:根本


以前屋根カバー工事をさせていただきました荒川区東尾久のF様邸です(前回の施工事例はこちら)。
今回は雹災により施工した金属屋根材への凹みやカーポートの破損が見られ、補修のご相談をいただきました。高耐久の金属屋根材ですので雹での破損は起きませんが、それでもそのままにしておけない理由がありますので火災保険を利用し屋根補修を行いました。今回は屋根カバーを行った屋根材を剥がして施工し直しますので屋根葺き替え工事にあたります。
以前屋根カバー工事をさせていただきました荒川区東尾久のF様邸です(前回の施工事例はこちら)。
今回は雹災により施工した金属屋根材への凹みやカーポートの破損が見られ、補修のご相談をいただきました。高耐久の金属屋根材ですので雹での破損は起きませんが、それでもそのままにしておけない理由がありますので火災保険を利用し屋根補修を行いました。今回は屋根カバーを行った屋根材を剥がして施工し直しますので屋根葺き替え工事にあたります。


ITS事業部:根本


【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
IG工業:スーパーガルテクトフッ素(SFブラック) リクシルフーゴRミニ18-43型(ロング柱)
築年数
築21年
お施主様
F様邸
【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
IG工業:スーパーガルテクトフッ素(SFブラック) リクシルフーゴRミニ18-43型(ロング柱)
築年数
築21年
お施主様
F様邸
雹災害屋根葺き替え

【半年前に屋根カバー工法を行ったお住まいでの雹災】

荒川区東尾久の屋根点検 雹災

およそ半年前にクボタのアーバニーを使用していた屋根を、スーパーガルテクトフッ素で屋根カバー工法をさせていただきました荒川区東尾久のお住まいです。工事から時間が経っていませんが降雹によって被害が発生し、点検・補修のご相談をいただきました。雹は直径5㎜以上の氷粒を呼びますが時にはゴルフボール大程のサイズにも成長することがあります。カーポートやテラス屋根には穴が開きますし、自動車も凹ませるほどの衝撃ですので多くのお住まいで被害が生じます。

屋根点検 全体的な凹み

以前は自己負担にて屋根カバー工法を行った屋根です。一見すると何も問題が無いように見えますよね?しかし様々な角度で確認すると、全体的に波打つように凹凸が発生しているのです。金属屋根材ですのでこの程度の被害で済んでいるのですが、スレートの場合は雹痕がびっしりと残り、時には屋根材の割れを発見することもあります。それほど雹というのは広く大きな爪跡を残す自然災害なのです。

雹災による凹み 棟板金の凹み

しっかり見てみると、屋根材の至る所が凹んでいます。この程度ならと思われがちですが、屋根材が凹んだ際に表面塗膜ももちろんダメージを受けます。少しでも塗膜が剥がれてしまっていれば、錆びにくいガルバリウム鋼板であっても徐々に錆が発生し耐久性を低下させてしまいます。前回使用したのはガルテクトシリーズの最高級「スーパーガルテクトフッ素(変褪色・赤錆保証20年、穴あき保証25年)」です。そのせっかくの金属屋根材が自然災害によって錆びるリスクを抱えるのは悔しいものです。しかしご安心ください。今回は自然災害による破損ですので、お住まいでご加入されている火災保険で補修することが可能です。施工後の年数等は全く関係なく、自然災害による破損という事が判断できれば申請が可能です。しかし被災後3年以内の申請に限られますので、まだ大丈夫、今度申請しよう等、後回しにしてしまわないようにご注意ください。

今回は被害に遭った金属屋根材を剥がします。そして直下に葺かれていたスレート屋根材はそのままに再度スーパーガルテクトフッ素を葺き替えていきます。仕上がりは屋根カバー工法ですが、施工内容としては屋根葺き替え工事になります。ちなみに火災保険の補修条件は【原状復旧】です。今回はスーパーガルテクトフッ素を使用していたため、補修にも同製品を使用することが出来ますが、既に製品が廃盤になっている場合は、同等屋根材での補修となります。

【スーパーガルテクトフッ素での屋根葺き替え工事】

足場仮設 屋根材撤去

火災保険は補修に必要な足場仮設費用も申請することが出来ますので、自己負担は発生せずに補修を行う事が出来るでしょう。免責金額を定めている場合は、免責金額以内での補修が可能な場合は、火災保険を利用できませんので予めご確認ください。

まずは既存屋根材を棟板金から剥がしていきます。施工後半年ですので貫板等も綺麗なままですが、ビス留めによってひび割れが生じていますので新たな貫板に取り替える必要があります。

屋根材剥がし 防水紙露出

既存屋根材も被害を受けているためこのまま廃棄となります。今回再利用できたのは雪止め金具と、軒先に取り付ける屋根カバー用唐草です。それ以外はまだほとんど破損も見られないのですが撤去・処分です。屋根材の下には前回葺いたばかりの防水紙(ルーフィングシート)がありますが、こちらも既にビス留めで穴が開いていますので、もう一度防水紙を被せていきます。

防水紙敷設 カーポート撤去

今回使用したのも遅延粘着層ルーフィングの「タディスセルフ」です。既存防水紙との隙間が無いように軒先から丁寧に張り重ねて雨水の浸入を防ぎます。この後は新規屋根材を葺き直していきます。使用したのはもちろん前回と同様のスーパーガルテクトフッ素(SFブラック)です。

 

続いては駐輪場の補修です。屋根材のみの交換が出来なかったため、製品自体の交換となりました。柱周辺を斫り既存駐輪場を撤去していきます。

フーゴR 外壁のタッチアップ

リクシルのフーゴR(ナチュラルシルバー)を、撤去した柱と同じ位置に取り付け直し復旧を行いました。外壁との取り合い箇所は変わりますので、色の差違が出ないよう調色を行った塗料で外壁のタッチアップを行いました。もちろんこのような細かな作業も火災保険に申請することが可能です。しかし調色は必ずしも全く同じ色に仕上がるわけではありませんので、予めご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

【工事を終えて】

屋根カバー再工事

軒先唐草と雪止め金具のみを再利用し、屋根葺き替え工事を実施しました。今後数か月に再度自然災害で破損してしまった場合も、火災保険を利用し補修することが出来ますのでご安心ください。火災保険は何度利用しても保険料が上がる事もなく、また申請に通りにくくなるということはありません。雹や台風、積雪などが発生した場合は一度無料点検を行い、今回のような被害があった場合は速やかに補修を行っていきましょう。

街の屋根やさんでは火災保険を利用しての原状復旧、お住まいの今後を考えたリフォームのご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行なったF様のご感想をご紹介いたします

F様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.屋根の工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
ハウスメーカーからの提案
Q2.屋根工事会社をどのように探しましたか?
インターネット
Q3.街の屋根やさんを知りすぐお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
ホームページの内容を見て問合せ。メンテナンスが必要かどうか?
Q4.何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
ホームページでの説明内容と実績
Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
説明が丁寧で親切な対応でした。

【工事後】

工事後アンケート

Q1.ご自宅の工事を依頼する会社にはどんなことを期待されていましたか?
工事実績や説明等の信頼性の高い会社であること
Q2.街の屋根やさんにご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
費用と工事内容を比較して、信頼のおける所を選んでました。
Q3.初回訪問後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
特にありません
Q4.数ある会社の中から、街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
納得できる説明をしてもらえたこと
Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
工事終了後も丁寧な説明で安心です。

F様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

雹によって屋根や外壁が壊れてしまった! 傷がついてしまった!! 凹んでしまった!!! 大事なお家の一大事、火災保険で直せます2017年7月25日更新2017年7月18日、東京23区内から首都圏周辺にかけて雹が降りました。降雹があった地域のお家は被害がないように見えても、ダメージを受けている可能性があ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      江戸川区北葛西で瓦屋根から金属屋根への葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      北区西ヶ原で雨漏りをしている小波スレートのガレージ屋根の葺き替えを行いました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      荒川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      荒川区町屋で切妻形状の化粧スレート屋根の天窓を撤去しながらIG工業スーパーガルテクトで屋根カバー工事を行いました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板

      足立区佐野でFRPにタイルが貼ってあるベランダの雨漏りをウレタン塗膜通気緩衝工法で防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      台東区千束でベランダ防水の劣化に伴うメンテナンス、通気緩衝工法で施工致しました

      【施工内容】

      防水工事、外壁塗装

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る