無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 多摩市桜ケ丘で半月の雨樋を角型のシグマ90に交換して排水量ア.....

多摩市桜ケ丘で半月の雨樋を角型のシグマ90に交換して排水量アップ

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


多摩市桜ケ丘で雨樋交換工事をおこないました。瓦屋根の軒先に付けてあるのは断面が半円の『半月』という雨樋です。昔からある雨樋で、吊り金具で下から支える取り付け方なのですが、金具が曲がりやすく外側に開いてしまう事が多々あります。古くなるの吊り金具に乗せて銅線で外れない様に縛ってあるものもあり、銅線が切れると風で飛ばされてしまう事もありました。今回交換するのは断面が四角い『角型』の雨樋です。積水化学工業製のシグマ90で、半月と比べて雨樋の排水量が増えるので、大量の雨が降った時でも今までより溢れにくくなります。また、上から吊り上げる金具を使用するので、曲がりにくく耐久性も高くなります。見た目もスッキリとして頑丈な雨樋に変わりました。
多摩市桜ケ丘で雨樋交換工事をおこないました。瓦屋根の軒先に付けてあるのは断面が半円の『半月』という雨樋です。昔からある雨樋で、吊り金具で下から支える取り付け方なのですが、金具が曲がりやすく外側に開いてしまう事が多々あります。古くなるの吊り金具に乗せて銅線で外れない様に縛ってあるものもあり、銅線が切れると風で飛ばされてしまう事もありました。今回交換するのは断面が四角い『角型』の雨樋です。積水化学工業製のシグマ90で、半月と比べて雨樋の排水量が増えるので、大量の雨が降った時でも今までより溢れにくくなります。また、上から吊り上げる金具を使用するので、曲がりにくく耐久性も高くなります。見た目もスッキリとして頑丈な雨樋に変わりました。


担当:富田


【工事内容】
雨樋交換
【工事詳細】
使用材料
積水化学工業シグマ90
施工期間
1日
築年数
30年
平米数
120㎡
お施主様
K様邸
【工事内容】
雨樋交換
【工事詳細】
使用材料
積水化学工業シグマ90
施工期間
1日
築年数
30年
平米数
120㎡
お施主様
K様邸
雨樋交換

【軒先の雨樋は断面が半円の半月が付けてあります】

軒先に吊ってある雨樋は断面が半円の半月です。軒先の鼻隠しに金具を打ち込んで、その上に雨樋を乗せています。上に乗せて外側の詰めを内側に折り込んでいるだけですので、雪などで上から力が掛かると金具が曲がってしまい、強風などでは下から雨樋が持ち上げられてしまう事もあります。

瓦の軒先に比べて雨樋が内側に入りこみ過ぎなので、雨水が雨樋を飛び越してしまう事が多々ある様です。劣化して割れている個所がある為に、雨水が波板の上にバシャバシャと落ちてしまうそうです。この様な事から雨樋を新しく交換する事になりました。

【古い雨樋を撤去していきます】

雨樋交換は古い雨樋を撤去するところから始まります。詰めを起こせば簡単に撤去出来ます。新しい雨樋は形が違いますので、取り外していきます。

軒先の鼻隠しに打ち込んであるので、全て抜いていきます。新しく交換する雨樋は断面が四角の角型で、金具の形が違います。

半月は下から受ける形の金具でしたが、交換する角型の雨樋は上から吊り上げる金具になります。水の流れを考えて、一番高い所と一番低い所に糸を張って糸の通りに金具を取り付けていきます。こうする事で水勾配を付けて雨樋の雨水がスムーズに流れる様になります。

【新しい雨樋は積水化学工業のシグマ90】

水勾配を付けて金具を固定したあとは雨樋を設置していきます。今回使用するのは積水化学工業のシグマ90です。角型の雨樋で、今までの半月と比べて雨水を受けられる量が増えますので、溢れる心配も半月と比べて減りました。

雨樋交換工事が完成しました。取り付け位置も元々の雨樋よりも若干外側に出しましたので、雨水が飛び越える事も無くなりました。上から吊り上げる金具ですので、雪や風の影響を受け難く、耐久性が高い雨樋になりました。見た目もスッキリとした印象になりましたので、お客様にも喜んでいただけました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともなかったという方が多いのではないのでしょうか。雨水を集め、…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区一之江で箱樋の破風板が腐食してしまうのを防止するために箱樋をふさいで雨樋を外吊りで新設しました

      【施工内容】

      破風板板金巻き工事、雨樋交換、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      杉並区阿佐谷南で傷んだ半月型の雨樋を水が溢れにくい角型のものに交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      江戸川区松江で令和元年房総半島台風で棟板金を破損したコロニアル屋根を火災保険で復旧、屋根塗装も実施

      【施工内容】

      棟板金交換、雨樋交換、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      多摩市と近隣地区の施工事例のご紹介

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      多摩市聖ヶ丘でチョーキングが出ているスレート屋根の下塗り材にベスコロフィラーを使用して屋根塗装工事

      【施工内容】

      屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る