無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 文京区|昨年の雹害に火災保険を利用し補修メンテナンス

文京区|昨年の雹害に火災保険を利用し補修メンテナンス

【施工前】
雨樋破損

【施工後】
雨樋交換完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


昨年の7月の雹災による破損の補修依頼を頂きましたのは、文京区のT様邸です。
雨樋の穴・網戸の破れ・屋根等に多数の被害があるという事ですので、まずは住宅全体の状態を確認させて頂き、メンテナンスのご提案をさせて頂きます。
今回は雹災、つまり自然災害による破損です。このような場合に火災保険を利用することも出来ますので、合わせてご紹介いたします。
昨年の7月の雹災による破損の補修依頼を頂きましたのは、文京区のT様邸です。
雨樋の穴・網戸の破れ・屋根等に多数の被害があるという事ですので、まずは住宅全体の状態を確認させて頂き、メンテナンスのご提案をさせて頂きます。
今回は雹災、つまり自然災害による破損です。このような場合に火災保険を利用することも出来ますので、合わせてご紹介いたします。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 瓦屋根補修工事 雨樋交換 屋根塗装
【工事詳細】
お施主様
T様邸
【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 瓦屋根補修工事 雨樋交換 屋根塗装
【工事詳細】
お施主様
T様邸
足場アイコン火災保険アイコン雹災害屋根塗装雨樋交換

【点検の様子】

住宅点検 電化製品の故障

昨年の夏、急に大きな雹が降り、各地に大きな被害を残しましたね。

上空に寒気が流れ込むことによって雹は発生しやすい為、夏や冬の様に、地上と上空の気温差が出にくい季節よりも、初夏に発生しやすい傾向にあるようです。

こちらのお住まいでは当時、雹害・突風・落雷の影響であちこちに影響が出ました。

 

まずは、電化製品が落雷により使用が出来なくなってしまったようです。

停電が起こる事はあっても、電化製品が使用できなくなるという事はなかなか少ないと思います。

屋根点検 水切り板金の剥がれ

続いては住宅を守る屋根です。瓦には破損等はないものの。外壁と接している部分【水切り】の板金が剥がれてしまっていました。

こちらは突風の影響ですね。下地の木材に固定されていたのだと思いますが、経年により木材も傷んでしまっていたようです。

隙間の発生 トタン雨樋の破損

木材の隙間からは屋内が見えるような状態です。この状態を放置してしまうと、雨漏りを起こしてしまう恐れがありますので、早急に補修していきましょう。

雹災は被害箇所が広くなる傾向があります。直径5㎜以上の氷粒が雹と呼ばれるようですが、昨年都内に降った雹は、製氷機で作られる氷とほぼ同サイズのものばかりでした。

そんな大きな氷がものすごい勢いで落下してくれば、お住まいに大きな被害が及ぶのも仕方がないでしょう。

雹害による雨樋の破損

雹際による雨樋の破損

軒樋を見ると、雹の凄まじい被害がお分かり頂けると思います。たくさんの穴が開いた雨樋は、既に雨樋として機能せずに、あちこちから雨水が漏れ出してしまいます。

2階の高さは約6~7mありますので、この高さからのまとまった雨の落水は、騒音の原因です。

雨樋に当たった雨水が隣家に向かってしまう事もありますので、状況に応じて緊急性も異なります。

雹際の被害 網戸の破損

他にも雨戸の破れ・手摺・エアコンホースのテープの剥がれ等、被害は様々です。

このような箇所の補修を行う際にも。お住まいでご加入されている火災保険を使用することが出来ます。

破損してから3年以内であれば申請が可能ですが、申請が遅れると【経年劣化】と判断されることもあります。

その為、災害による破損に気づいた時には、早めの申請をお奨めいたします。

雨樋の破損 鋼板の雹災

火災保険の申請可能箇所は、破損した部分の復旧のみです。

雨樋は破損している事が目視で確認できますが、霧除けが雹で傷んでいる事が判別できますか?

霧除けの凹み確認

鋼板の凹み

実は無数の雹が当たったことで凹みが発生しています。今の時点では全く問題がないと思われがちですが、凹んだ部分から塗膜が剥がれ、錆の発生・拡大を起こす恐れがありますので、必ずチェックをして補修していきましょう。

火災保険を利用しての修繕は、お客様の加入条件等で異なりますが、破損範囲は全て対象となります。

網戸の補修も雨樋ももちろん補修範囲ですので、保険の申請時に漏れがないように、破損箇所を拾い出していきます。

 

【修繕工事開始】

道路占用許可申請 足場仮設工事

東京都内は敷地が狭い為、工事を行う前に足場が敷地内に収まるかを必ず確認します。

道路に足場が出てしまう場合は【道路占用許可】、道路上で作業を行う場合は【道路使用許可】を申請する必要があります。

道路管理者・所轄警察署長へ書類を提出する必要がありますので、書類申請の代行を弊社にて承っております。

手続きは2~3週間かかる事もありますので、早めに動いていきましょう。

足場を組んだら養生カバーを取り付け、怪我の発生を防ぎます。

産廃撤去 水切り下地補修

既存の使用できない材料を撤去、処分をします。

まず屋根は、板金と既存木材を撤去します。その後新たな木材に取り替えていきます。表面の木材のみの補修ですが、板金が固定できれば板金を取り付けることが可能です。

板金は屋根の形に合わせて加工し、雨が入り込まないように取り付けます。

鋼板錆止め 鋼板錆止め

霧除けはケレンで目粗しを行ってから、錆止め+塗装で錆の発生を抑えます。

大きな破損にならなくとも、後々トラブルの原因になりかねません。

施工前に雹の被害を確認して、少しでも傷や凹みが見られる場合は、塗装メンテナンスを行いましょう。

エアコンカバー巻き 瓦補修工事

エアコンカバーのテープのまき直し、瓦の板金カバーを行い、工事は完了です。

本来であれば葺き替え工事を行うことで、屋根の雨漏り等を改善出来ますが、施工費用や保険の補修範囲と大きく関係してくるかと思います。

雨漏りの発生を防ぐ為のメンテナンスを検討し、今出来る最大限の補修工事を行っていきましょう。

火災保険は何度使用しても、保険料は高くなることもありません。この破損はどうだろう?保険の補修範囲なのか?と気になる場合は、お気軽に街の屋根やさん東東京店へご相談ください。点検を行った上で、自然災害による破損なのかを判断し、申請手続きを行っていきましょう。

 

 

 

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディア…続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

雹によって屋根や外壁が壊れてしまった! 傷がついてしまった!! 凹んでしまった!!! 大事なお家の一大事、火災保険で直せます2017年7月25日更新2017年7月18日、東京23区内から首都圏周辺にかけて雹が降りました。降雹があった地域のお家は被害がないように見えても、ダメージを受けている可能性があ…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む
雪害漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      稲城市長峰で強風で破損した雨樋を火災保険を使って復旧工事をおこないます

      【施工内容】

      雨樋交換

      墨田区立花で令和元年東日本台風のご被害で棟瓦が損壊、雨漏りの発生に伴い棟取り直しと部分葺き直しを施工

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      調布市深大寺元町で下地が腐食したかわらUの棟をガルバリウム鋼板の棟板金へ交換工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      文京区と近隣地区の施工事例のご紹介

      豊島区東池袋で瓦屋根からコロニアルに葺き替えられた屋根をIG工業スーパーガルテクトでカバー工事しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板

      新宿区若松町で台風被害にあった塩ビの波板を火災保険で使ってポリカーボネートに交換しました

      【施工内容】

      その他の工事

      北区滝野川で廃版となっている洋風厚型スレート屋根を軽量でスタイリッシュなディプロマットスターに葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る