点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 新宿区で雨漏りの原因となっていたバルコニーにウレタン防水

新宿区で雨漏りの原因となっていたバルコニーにウレタン防水

【施工前】
施工前のバルコニー

【施工後】
ウレタン防水後のバルコニー

【お問い合わせのきっかけ】
「お住まいを中古で手に入れたが雨漏りで悩んでいる」という新宿区のお客様からご相談を受けました。住み始めて数年してから雨漏りがはじまったということで、お客様がおっしゃるには「手摺りを含めてバルコニーがボロボロなので、おそらくそこからだろう」とのことでした。通勤に便利だからということで、手に入れた住まいだが、雨漏りがどうにもならなければ手放すしかないとまでおっしゃっているので、これは私達が何とかするしかありません。

【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックスカラーDS
お施主様
K様邸

【点検の様子】

バルコニー防水前 

ちょっと広めのルーフバルコニーです。床面に継ぎ目があるので、シート防水されたルーフバルコニーです。下の居室の屋根になっている部分に設けられています。なので、ここからの雨漏りは下の居室に影響が大きく出ます。お客様が「日当たりが悪い」とおっしゃられていました。よく見ると床面にはカビも生えています。

 

笠木のシーリング カビの生えた天井

笠木の部分にはシーリングを繰り返した後が残っていました。ここからも雨水が浸入していそうです。下の居室の天井には雨染みだけでなく、カビも生えていました。カビを含んだ水が浸入してくるので、こうなるのは当然です。重症化しているので下地から防水工事をやり直す必要が出てきました。

 

【既存の防水層の撤去】

シートにカッターを入れる シート撤去

床面のシート防水の継ぎ目となっている部分にカッター入れて切り込み、防水使われているシートを剥がしていきます。案の定、シートの下には泥水が溜まっていました。

 

防水シートの裂け目 シート防水の下にウレタン防水

シート防水に裂け目も見られます。シート防水を剥がすと、さらに防水層が出てきました。シート防水の下にまずはウレタン防水。ウレタン防水の上にシート防水をするのは間違いではありません。そのウレタン防水の下にはモルタル押さえ防水… モルタル押さえ防水の上にウレタン防水をするのも間違いではありません。両方とも間違いではないのですが、防水層を三重にするのはリスクが高すぎます。防水層はご存知の通り、水を通しません。水蒸気となった水の逃げ場がなくなるので、防水層を壊してしまう原因となるのです。

 

【ウレタン防水層のケレンと下地処理】

防水層 死膜を取り除く

今回は再度、ウレタン防水をしますので、死膜となっているウレタン防水の塗膜をできる限り、除去します。ウレタン防水層の密着度を上げるために必要な工程です。スクイーパーなどを使って、どんどん撤去していきます。

 

樹脂モルタル塗布 樹脂モルタル塗布

下地調整として樹脂モルタルを塗布していきます。この先、これから行うウレタン防水が何年持つかはこの下地処理の工程の影響が大きいのです。しっかりと塗布していきます。

 

【プライマーと通気緩衝シート貼り込み】

プライマー塗布 通気緩衝シート貼り

プライマーを塗布して、その上にシートを貼っていきます。このシートは水蒸気は通すが水は通さないという優れものです。

 

ドレンの設置 継ぎ目にクロス貼り

排水ドレンも設置します。排水ドレンは柔らかい鉛でできています。柔らかい鉛でできる理由は、ハンマーで叩いて変形させ、立ち上がり部分や床面に隙間無く密着させるためです。隙間がない方が雨水の浸入リスクを減らせるからです。シートとシートの継ぎ目はクロスを張ってずれないようにします。

 

【ウレタン塗膜防水】

ウレタン一層目 ウレタン二層目

ウレタン塗膜防水の優れたところはどんなところにも施工できるところです。液体なので複雑なかたちものの防水も可能です。塗る回数によって防水層となる塗膜の厚さも変えられます。今回は2層仕上げとするため、2回塗りとしました。

 

トップコート  トップコート、立ち上がり部への塗布

床面の最後の仕上げにトップコートを塗布します。これでバルコニーの床面の防水工事は完了です。

 

【その他の補助的な工事】

金属製の柵にドリル 通気用の穴

金属製の柵は何回か塗装されているようですが、塗膜が剥がれかかっています。下地の金属にも錆が出ている状態です。ドリルで穴を開け、これまで溜まった水分を逃がす部分を作ります。これで少しは寿命が延びるはずです。

 

笠木へのシーリング 笠木へのシーリング

笠木のシーリングも打ち替えておきます。これで、ここからの浸水もなくなるはずです。

 

【ウレタン防水竣工】

ウレタン防水完工

これで健全なバルコニーへと戻りました。柵にも水抜き穴を設けました。雨漏りとは無縁の生活をお送りいただけると思います。

 

 

 

 

 

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. 街の屋根やさん大田店

      1. 電話 0120-989-936
        1. 〒145-0071
          東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      1. お問い合わせはこちらから

        あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

         街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

        このページと共通する工事内容の新着施工事例

        小金井市中町で雨漏りしているマンションベランダの軒天張り替え工事

        【施工内容】

        破風板・軒天部分補修、雨漏り修理、マンション

        多摩区生田にて店舗の雨漏りの原因は庇(ひさし)の箱樋の詰まりでした

        【施工内容】

        雨漏り修理、商業施設、その他の工事

        川崎市麻生区にて鉄筋コンクリート造の戸建て住宅で雨漏り発生、陸屋根をウレタン防水工事

        【施工内容】

        防水工事

        その他の施工事例一覧→

        新宿区と近隣地区の施工事例のご紹介

        江戸川区にて都民共済を利用して強風で飛散してしまった棟板金を補修

        【施工内容】

        屋根補修工事、スレート屋根工事、スレート屋根補修工事、棟板金交換

        江戸川区のアパートにて積雪により歪んでしまった雨樋を火災保険を利用して交換

        【施工内容】

        葛飾区にてガラスネット波板から高耐久性のポリカーボネート製波板へ張替

        【施工内容】

        屋根補修工事

        その他の施工事例一覧→

        屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

        お問い合わせ・資料請求

        台風で被害を受けた方・受けたかも知れない方へ

        台風で被害を受けた方・受けたかも知れない方へ

        年末年始休業のお知らせ


        12月29(土)~1月6日(日)まで休業いたします。


         1月7日より通常営業いたします。年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

        お問い合わせはこちら

        • 屋根リフォームの流れ
        • 徹底したお住まい調査
        • 不安ゼロ宣

言
        • 屋根のお役立ち情報
        • 当社のご案内
        • 屋根の資料請求

        点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

        株式会社シェアテック
        街の屋根やさん東東京
        〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        街の屋根やさん東京大田
        〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        ページトップへ戻る