無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区|散水試験で雨漏り箇所特定!ウレタン防水工事(絶縁工.....

江戸川区|散水試験で雨漏り箇所特定!ウレタン防水工事(絶縁工法)

【施工前】
雨漏り,水たまり

【施工後】
ウレタン防水工事,絶縁工法

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


江戸川区3階建ての住宅での雨漏り調査です。
雨天時に雨漏りを確認するのは1階の壁で、雨漏りの箇所を特定する必要があります。
点検口の取付と散水試験を実施後、ウレタン防水工事に当たりたいと思います。
江戸川区3階建ての住宅での雨漏り調査です。
雨天時に雨漏りを確認するのは1階の壁で、雨漏りの箇所を特定する必要があります。
点検口の取付と散水試験を実施後、ウレタン防水工事に当たりたいと思います。


担当:渡辺


【工事内容】
陸屋根工事  雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
DSカラーウレタン塗膜防水
お施主様
K様邸
【工事内容】
陸屋根工事  雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
DSカラーウレタン塗膜防水
お施主様
K様邸
3階建て雨漏り修防水工事

【点検の様子】

天井 雨漏り

室内で雨漏りを起こしているようです。3階建てのようですが、雨天時に濡れるのは1階の壁。全く原因が分からないという事で、早速調査です。

雨漏りをどこで、どのタイミングで起こしているかによって、雨漏りの場所は違います。

例えば屋根・陸屋根、サッシ、外壁と雨が入る場所は多々ございます。そこに更に吹き込む雨の時に、どこかに雨水が溜まったときに等、タイミングは其々です。

実際に今の状態と何が原因かを見ていきましょう。

雨漏り 防水

こちらが1階の外壁の状況です。外壁を一部剥がしたようですが、すでに濡れた跡がありクロスに染みてしまったようです。

上階のバルコニーには雨天後、水たまりができ全く排水されていない状態です。

バルコニーには必ず勾配があり、ドレンに向かって水が流れていくのですが、何かが詰まっているせいで滞留しているのです。

ドレン サッシ下

滞留することも防水を傷める原因にはなりますが、実際にどこからか漏水を起こさない限りはプールの状態が続くだけです。

この場合、ドレンの腐食によって排水途中で漏れてしまっている事も考えられます。ドレンは鋳物を使用している事が多く、経年によって錆が発生してしまいます。

取替を行うと躯体を傷める可能性があることから、改修用ドレンで被せて補修をするのが一般的です。

また、サッシとの取り合いや立上りと平場の接部は防水を傷める恐れがありますので充分に点検を行う必要があります。

点検口 点検口取付

雨漏りの原因を特定するために、どこから漏水を起こしているのか確認をします。点検口がある住宅は問題ありませんが、ない場合は点検口を作る必要があります。

人の身体が通れるほどの300~600角ほどの点検口を取りつけ内部の確認を行います。

散水試験 雨漏り箇所

雨が降って雨漏りを起こす、という状態を想定し散水試験を行います。雨漏りを起こした際に、漏水箇所より上階で漏水しているのは分かります。

しかし、場所が特定できない限りは無意味な補修を続けることになるかもしれません。そこで散水試験を行い雨水の入り口を確認します。

散水試験は該当箇所の下方面より徐々に上方へあげていきます。雨水の浸入に時間が掛かるケースもありますのでインターバルを置いて作業を進めていきます。

雨水の浸入を確認し、バルコニー防水の劣化と判断できましたので、引き続き補修にあたります。

【施工の様子】

高圧洗浄 高圧洗浄

今回ウレタン防水工事を行っていきます。雨漏りを起こしている為下地が雨水をしっかりと吸い込んでしまっています。その為、絶縁工法(通気緩衝工法)を用いて、下地の湿気を逃がせるように防水を行っていきます。

まずは下地の清掃に高圧洗浄を行います。下地の付着物を除去することで、塗料の密着性を高め綺麗に仕上げることが出来ます。

洗浄後 ドレン

しっかり乾燥させてから改修用ドレンの取付を行います。改修用は鉛の物を使用します。下地との隙間を作らないように施工するには柔らかく施工性の高い鉛は最適です。

改修用ドレンが薄いプレートと言えども、僅かな勾配のバルコニーでは少しの不陸が命取りです。必ず雨水が流れるように下地調整をする必要がありますのでご注意ください。

下地処理 樹脂モルタル

下地調整で凸凹が多い場合は樹脂モルタルで埋め、防水材との密着にはシーラーを使用します。勾配不良の場合は削り取りを行う必要もありますので、今現在の下地によって作業が大きく変わります。

通気緩衝シート 脱気盤

下地調整後に通気緩衝シートを張ります。このシートには無数の穴があり、下地と完全な密着を避けます。これが絶縁工法(通気緩衝工法)と呼ばれる所以です。

そうすることによって下地と防水層の間に通気層を設け、水蒸気を留めることが出来ます。

更に留めた水蒸気を逃がすために脱気盤を取りつけ空気の出口を作ります。こうすることで、防水層に膨れを起こさせず丈夫に保ちます。

立上り 通気緩衝シート

絶縁工法後にウレタン防水を施工していきます。まずは立ち上がりに補強布を張って防水塗料を塗布します。

必ず立上りから施工し、追って平場に施工していきます。トップコートまで必ず、立上り→平場と順々に施工していきます。

ウレタン防水 トップコート

ウレタン防水は2~3回に分け一定の厚みになるまで塗りを行っていきます。ウレタン防水が乾燥後に表面保護にトップコートを行います。

防水塗膜はそのままでは紫外線によって劣化しやすくなってしまいます。その為、トップコートで表面保護をしていきます。

トップコートは防水材ではありませんが、5年ごとに塗り替え施工を行う事で、防水層をしっかりと守ることが出来ます。

ウレタン防水の寿命はおよそ15年、その間にトップコートを2~3回行うのが理想的でしょう。

防水,トップコート

以上で、ウレタン防水塗膜工事(絶縁工法)は完了です。雨漏りを起こしていない狭範囲のバルコニーであれば密着工法も可能ですが、雨漏りを起こしている場合はまず、下地が雨水を吸い込んでいますので、通気緩衝工法が好ましいです。

防水工事では下地の状態をしっかりと把握することが非常に重要です。絶縁工法にて雨漏りも膨れ現象も起こさない防水層を形成することが出来ました。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行なったK様のご感想をご紹介いたします

K様のアンケート

【工事後】

工事後アンケート

Q1.ご自宅の工事を依頼する会社にはどんなことを期待されていましたか?
自宅の水漏れの原因が他の業者にみてもらっても不明で終わってしまっていた為、原因の追求と修理を第一に期待してました。
Q2.街の屋根やさんにご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
江戸川区内で、すぐに対応していただけるか。
Q3.初回訪問後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
お見積りいただきすぐに依頼しました。
Q4.数ある会社の中から、街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
インターネットをみて、近かったことと、現調に来てくださった渡辺さんがとても丁寧にみて下さり、とても分かりやすく説明して下さった。あとは日程調整など、迅速な対応がよかったです。
Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
2度にわたり水漏れテストを行って、しっかりとみて下さった。点検口もあらたに作って確認したうえで工事だったのでとても安心しました。今はどしゃ降りの雨が降っても漏れず、とても快適です。本当に有難うございました。

K様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

@media only screen and (max-width: 374px) {.h336 {height: 336px !important;} お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。特に…続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

      葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工、併せて塗装仕上げを行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      江戸川区南小岩でFRPベランダの陥没した排水口を改修用ドレンを使って補修、ウレタン塗膜防水で仕上げました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      墨田区本所で新たに換気棟を取り付けた屋根カバー工事を施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る