無題ドキュメント

HOME > ブログ > 八王子市西寺方町にて洋瓦の屋根の点検を行いました

八王子市西寺方町にて洋瓦の屋根の点検を行いました

更新日:2021年3月8日

 八王子市西寺方町にて洋瓦のメンテナンスを行いたいので点検してほしいとのご依頼いただきまして調査へ行ってまいりました。
洋瓦は主に2つに分類することができます。一つは粘土瓦、もう一つはセメント瓦です。名前の通り使われている素材が違います。粘土瓦にはさらにF型とS型に分けられます。F型はフランス式、S型はスペイン式のものです。今回調査した屋根にはS型の粘土瓦が使われておりました。外壁もジョリパットが使われており、洋風のとてもオシャレな外観に仕上がっておりました。

漆喰にひびが入っておりました

 早速調査を行うと、漆喰にひびが入っている部分がありました。漆喰のある部分は屋根の取り合いになっている部分なので隙間が空いています。漆喰があることによって雨水の吹込みを防ぐことができます。しかしながら漆喰が劣化しひび割れが起きてくると、瓦との間に隙間が生じてきます。こうなると固定がされていない状態になるので落下したりしてしまう場合がありますので注意が必要です。漆喰の寿命は20年前後ですので定期的な点検、メンテナンスを行いましょう。
洋瓦 ひびの入った漆喰

行うべきメンテナンスは日本瓦とほとんど同じです

 日本の瓦と洋瓦(粘土瓦)はメンテナンスの方法が同じです。15~20年で漆喰詰め直し、25~30年で葺き直し工事を行うことがお勧めです。葺き直しが必要な理由としては屋根材の下の防水紙の寿命が25~30年程度だと言われているからです。防水紙に関してはどの屋根材でも共通で一つの節目と考えても良いかと思います。

混ぜ葺き仕様

 漆喰のひび割れのほかに瓦が割れている部分もありました。耐久性に優れメンテナンスフリーとまで言われる瓦が割れてしまう理由は、単純に台風などで飛ばされてきたものが当たり割れてしまうパターンや、凍害によるものが考えられます。凍害によるパターンは瓦の内部の水分が凍結・解凍を繰り返すことによって体積の膨張を引き起こすことで割れが生じてきます。割れてしまった瓦は落下の危険性があり大変危険ですので注意が必要です。

隙間の空いた漆喰 割れた洋瓦

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてマスクの着用を徹底し、調査にお伺いした際もソーシャルディスタンスを保っております。何かお困りごとありましたら安心してご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ

洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ

 洋瓦をご存知ですか。洋瓦はその名の通り、西洋由来の瓦です。「洋瓦なんて洋風の家以外似合わないよ」とお考えの方も多いでしょうが、実は純和風でも似合う洋瓦があるのです。現在、瓦屋根のお家にお住まいなら、洋風のお家の方はもちろんのこと、和風の家の方も洋瓦へ葺き替えを検討してみてください。絶対に素敵なお家…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

杉並区成田西で屋根の棟瓦の漆喰を耐久性が高いシルガードで詰め直し工事

【施工内容】

漆喰詰め直し

中野区白鷺で瓦が落ちそうと指摘された瓦屋根を部分的に漆喰詰め直し

【施工内容】

漆喰詰め直し

武蔵野市でセメント瓦屋根の漆喰詰め直しと小技を効かせたメンテナンス

【施工内容】

漆喰詰め直し

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る