無題ドキュメント

HOME > ブログ > 三鷹市深大寺で剥がれた棟瓦の漆喰は詰め直し工事でメンテナンス.....

三鷹市深大寺で剥がれた棟瓦の漆喰は詰め直し工事でメンテナンスします

更新日:2020年9月27日

 三鷹市深大寺で屋根の調査をおこないました。

 瓦葺き屋根で屋根の上に欠片が乗っているというお問合せでした。お隣りの方が屋根に欠片が乗っているのを教えてくださったそうで、下からでは屋根の状態が確認出来ませんでしたので梯子を架けて屋根を調べていきます。

 瓦は非常に長持ちする屋根材ですが、メンテナンスが必要無い屋根ではありません。実際には瓦の下地が劣化していきますし、棟瓦の下に詰めてある漆喰(しっくい)が剥がれてきますので、定期的に補修作業が必要になります。

屋根の状態を調べます

瓦葺き屋根に大きな不具合はありません 斜めになっている隅棟

 瓦葺き屋根全体を見てみると、ズレなども無く非常に良い状態だと思います。下地が劣化してくると沈みが出たり瓦を引っかけている瓦桟が傷んでしまい、下がってしまうところもありますが、その様な劣化状況は見られません。

 そうすると屋根に乗っていたという欠片とは何なのでしょうか?

漆喰が剥がれて土が見えています

 棟瓦は土を下地にして積み上げられているのですが、その土を雨から保護する為に塗ってあるのが漆喰(しっくい)です。漆喰は経年によってひび割れが出たり建物が動く事で剥がれたりしてしまいます。

 漆喰が剥がれると棟瓦の下地になっている土がむき出しになってしまうので、雨が降るたびに土が削られてしまい劣化が進むと棟瓦が崩れる原因になってしまいます。

剥がれた部分は漆喰の詰め直し工事でメンテナンス

漆喰が薄いので直ぐに剥がれる様です 隅棟の根元が剥き出しです

 漆喰が剥がれてしまった部分と浮いている部分があるのですが、この様な所には棟が崩れる前に漆喰(しっくい)の詰め直し工事が必要です。漆喰(しっくい)の工事をおこなう際には必ず古い漆喰を剥がす必要があります。

 古い漆喰の上に新しい漆喰を詰めても、古い漆喰ごと剥がれてしま事になりますし、厚みを持たせて詰めた時には仕上がりの位置によっては雨水を漆喰の裏側に呼び込んでしまう事にもなりますので、必ず古い漆喰は剥がしましょう。

 斜めに下っている隅棟部分のしっくいなのですが、一番高いところの漆喰が剥がれ落ちていましたので、ここからも雨水が入り込んで内側から棟を崩す原因になりますので、一緒に漆喰を詰めていきます。

 三鷹市深大寺で調査した瓦葺き屋根は、剥がれた漆喰が屋根に乗っている欠片でしたので、漆喰詰め直し工事のご提案です。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心してお任せください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も風雨…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

杉並区成田西で屋根の棟瓦の漆喰を耐久性が高いシルガードで詰め直し工事

【施工内容】

漆喰詰め直し

中野区白鷺で瓦が落ちそうと指摘された瓦屋根を部分的に漆喰詰め直し

【施工内容】

漆喰詰め直し

武蔵野市でセメント瓦屋根の漆喰詰め直しと小技を効かせたメンテナンス

【施工内容】

漆喰詰め直し

その他の施工事例一覧→

三鷹市と近隣地区の施工事例のご紹介

世田谷区東玉川で雪害にあった雨樋の交換工事が完了しました

【施工内容】

雨樋交換

世田谷区成城で階段手摺の工事中、下地の腐食が判明したため鉄骨の手摺に交換いたしました

【施工内容】

雨漏り修理

三鷹市深大寺で漆喰が剥がれて棟が崩れ始めたので棟瓦取り直し工事で元通りにします

【施工内容】

棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る