無題ドキュメント

HOME > ブログ > 世田谷区上野毛で築20年のスレート屋根を調査しました

世田谷区上野毛で築20年のスレート屋根を調査しました

更新日:2020年9月6日

きっかけは近隣で工事していた業者さんからの指摘

コロニアルの屋根

 近隣で工事をしていた業者さんから、棟板金が浮いているのでメンテナンスしたほうが良いと指摘を受けたお客様。念の為他の業者にも見てもらおうとなったとのことで、この度街の屋根やさんにお声掛けいただきました。

 実はこの「近隣業者さんからの指摘」は、私たちがお問い合わせいただく内容の中でも非常に多いお問い合わせ内容です。指摘される部分はほぼほぼ「棟板金」という屋根のてっぺんに取り付けられている金属の部分です。棟板金は屋根の中で風の影響を最も受けやすく、台風などで飛ばされやすい場所です。築10年ほどが経過してくると、棟板金を固定している釘が徐々に抜け始め、少し出っ張りになってきます。これを「釘が浮く」というのですが、築10年ほど経過するとほとんどの戸建てで同様の状態になってくるため、それぐらいの築年数の家に指摘をすれば、屋根を見ていなくても言い当てることができるというカラクリです。

 調査の結果なんともないことも多いですが、心配事をそのままにしておくのも不安でしょうから、街の屋根やさんの無料点検をご活用いただければ幸いです。

指摘を受けた棟板金をチェック

釘が浮いた棟板金 コーキングに隙間が空いた棟板金

 実際に屋根に登って調査しました。築20年とのことで釘の浮きは確認できましたが、棟板金はしっかりと固定されており浮いていませんでした。本当に浮いているのであれば少し持ち上げただけで外れそうになっているのですが、すべての棟板金を確認して問題はございませんでした。

 棟板金の内部には貫板という屋根に取り付けられた木製の板があり、その板に釘やビズで板金を取り付けることで固定されています。釘が浮いているということは、この貫板が劣化して釘を止めておく力が無くなってきたことを意味します。そのため釘の浮きは貫板を含めた棟板金のメンテナンス時期を知らせるサインとも取れます。

全体的に点検

苔の生えたコロニアルの屋根 屋根のヒビ

 屋根を点検する機会はそうそうないですから、全体的に点検させていただきます。表面は塗装の劣化があり、苔などが生えている状態です。築20年ということで屋根材に小さなヒビもはいっていましたが、早急に工事が必要な状態ではありませんでした。

 棟板金の交換のみのご提案もできますが、今回は屋根カバー工事のご提案をさせていただきます。築20年となると、屋根の内部で雨を防いでくれている防水紙の寿命の時期となります。この時期に棟板金のみの交換を行っても、数年で屋根から雨漏りを起こす可能性もあり、そうなると新しくした棟板金もすべて剥がして葺替え工事などを行う必要も出てきます。つまり、長い目で見たときに棟板金の交換工事がほぼ無駄になってしまう可能性があるのです。塗装も同様で、表面をメンテナンスできても内部がメンテナンスできないのでせっかく塗装した屋根を直ぐに葺替えることになる可能性があります。そのため、カバー工事でより長く保つためのメンテナンスをして、トータルのコストを抑えるというご提案になります。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウィルスへの対策としてマスクの着用や手指の消毒を徹底して行っております。お問い合わせの際はご安心していただければ幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができ…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る