無題ドキュメント

HOME > ブログ > 新宿区中落合、強風で剥がれた棟板金を調査しました

新宿区中落合、強風で剥がれた棟板金を調査しました

更新日:2020年6月13日

先日の強風で棟板金が剥がれてしまったとのこと

剥がれた棟板金(引き) 剥がれた棟板金(寄り)

 新宿区中落合にて棟板金の調査に伺いました。季節の変わり目は強風がよく吹きますが、今年も例外なく強風が吹いておりました。棟板金は屋根の一番てっぺんで屋根のつなぎ目をカバーしている部分です。屋根の中で最も風を受けやすい部分であるため、強風や台風の後に同様の被害でお問い合わせをいただくことが多くなっております。棟板金は屋根にしっかりと固定するため、中に貫板(ぬきいた)という板を取り付け、その板に釘で打ち付けることで固定しています。経年劣化で中の貫板が傷んでくると、釘を固定する力が弱まってきて釘が少しずつ抜けてきます。釘が浮いているとも言われますが、この状態が老朽化のサインでもあるので、注意して見ておきたい部分です。さらに劣化が進むと、強風などでこのように棟板金が飛んでしまうことがあります。

貫板にベニヤ板が使われているようでした

剥き出しの貫板

 先ほど説明した貫板にはいくつか種類があり、杉を使った木製のものから、最近ではプラスチック樹脂製の貫板もございます。樹脂製の貫板は木と違って腐食しにくいため、棟板金を交換される方には人気の素材です。また、棟板金を固定する釘も、最近ではビス(ネジ)で止める施工が多くなっており、釘よりも耐久性が増しています。

 さて、今回の貫板部分を見てみると、手前の貫板は薄く木の板が剥がれたように見えます。これは木を張り合わせて作られたベニヤ板が使われているからですが、貫板は丸太から切り出した無垢の木材を使うので、ベニヤ板が使われることはりません。ベニヤ板では十分な強度が得られないからです。なぜ今回の貫板にベニヤ板が使われていたのかはわかりませんが、手抜き工事の痕跡と思われます。

その他の棟板金や屋根も併せて調査します

無傷の屋根2 無傷の屋根

 剥がれた棟板金の場所以外も調査しましたが、今回は特に問題は見受けられませんでした。ご依頼をいただいたお客様は火災保険にご加入とのことでしたので、今回の修理工事は火災保険を使って工事することになりました。火災保険という名前のため知らない方も多いですが、ほとんどの火災保険では今回のような風害から雪害、落雷なども対象としていることが多いです。ご加入されていて被害にあった場合は、まずは保険会社に電話して内容を確認してみることをおススメいたします。

 また、一部の棟板金が壊れたということは、その他の部分も傷んでいるのだろうということで、これを機に全ての棟板金交換となりました。火災保険では災害で被害にあった部分の工事のみが保険金の対象となりますが、足場代などは被害部分のみの工事でも全て必要となるため、結果的にほとんどの費用を火災保険で賄うことができるケースが多いです。まずは被害にあわれたら、無料で調査にお伺いするのでお声がけいただければ幸いです。

 私達街の屋根やさんでは、新型コロナウィルスの対策として、訪問調査の場合はスタッフがマスクを着用してお伺いし、適正な距離を意識した対応をさせていただきます。ご安心してお問合せくださいませ。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区西新小岩で棟板金の交換工事を施工、それに伴い屋根塗装工事も同時に行いました

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装、遮熱塗料

足立区西新井で昨年の台風19号(令和元年東日本台風)で被害を受けた棟板金を火災保険を使って交換しました

【施工内容】

棟板金交換、ガルバリウム鋼板

調布市深大寺元町で下地が腐食したかわらUの棟をガルバリウム鋼板の棟板金へ交換工事

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

その他の施工事例一覧→

新宿区と近隣地区の施工事例のご紹介

葛飾区東金町で棟際の洋瓦のズレを棟積み直し工事で解消しました

【施工内容】

瓦屋根工事

豊島区池袋本町で屋上陸屋根直下の部屋の雨漏りをウレタン塗膜防水の通気緩衝工法と密着工法で解消しました

【施工内容】

陸屋根工事 

江戸川区南篠崎町でアパートのスレート屋根をカバー施工、屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトを使用

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る