無題ドキュメント

HOME > ブログ > 東村山市萩山町で外側に崩れ始めた棟瓦は取り直し工事で元に戻し.....

東村山市萩山町で外側に崩れ始めた棟瓦は取り直し工事で元に戻します

更新日:2020年2月13日

東村山市萩山で屋根の調査をおこないました。お問合せのきっかけは瓦がズレていると指摘されたという事でしたが、瓦葺き屋根の状態はそれほど酷くありません。下地の状態も悪くありませんが、唯一の不具合は棟の熨斗瓦(のしかわら)が外側に崩れ始めている事でしょうか。しかし、この棟瓦のズレも回りは何ともないのに一枚だけズレていて、何となく違和感を感じます。瓦のズレを指摘してきた業者が屋根に上ったそうですが、まさかとは思いますがその時にわざとずらした可能性も考えられます。

屋根の状態は良い方です

瓦葺き屋根 瓦葺き屋根もメンテナンスが必要です

屋根は瓦葺きで築35年程度経過しています。今までメンテナンスをした事が無いというお話でしたが、屋根の状態は悪くはありません。瓦葺き屋根は何十年も持つ屋根という認識が多いのですが、実際にはメンテナンスが必要です。瓦自体は問題はありませんが、漆喰や瓦の下に葺いてある防水紙(ルーフィング)は劣化しますので、手直しをおこなわなければなりません。

外側に崩れ始めた棟瓦

棟瓦は、平らな熨斗瓦(のしかわら)を積んだ上に丸い瓦を乗せるのですが、一番下の熨斗瓦が外側に飛び出していました。瓦を積んで銅線でしばっていますが、その銅線も何か所か切れていました。熨斗瓦の下には漆喰が詰めてあり、漆喰が剥がれてしまうと土がえぐられて支えが無くなる事で、外側に広がってしまう事があります。今回もそのような原因かと思いましたが、漆喰も問題なく飛び出した瓦に付いた汚れを見ても、最近外側に広がったのは間違いなさそうです。このことから、もしかしたら屋根に上った業者がわざと引き抜いた可能性も考えられます。

屋根の不具合を指摘する訪問業者を屋根に上らせるのは止めましょう

雨水を流す溝に土ぼこりが溜まっています 防水紙の劣化はそれほど酷くありません

以前の状況がわかりませんので確実ではありませんが、飛び込みの訪問業者を屋根に上らせるのは危険ですので止めましょう。瓦の下に葺いてある防水紙の状態も確認しましたが、それほど傷みは出ていませんので緊急性のある状態ではありませんでした。東村山市萩山で調査した瓦葺き屋根は、訪問業者は屋根全体のメンテナンスで高い金額を提示してきたそうですが、実際には今すぐに全体を直す必要は無いと判断しました。実際に棟瓦がズレていますので棟取り直し工事で元の状態に戻すご提案をしました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

墨田区立花で令和元年東日本台風のご被害で棟瓦が損壊、雨漏りの発生に伴い棟取り直しと部分葺き直しを施工

【施工内容】

瓦屋根工事、屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

江戸川区篠崎で瓦屋根の棟しっくい崩れが原因で雨樋詰まりが発生、乾式工法で棟の取り直し工事を行いました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

江戸川区中央で雨漏りの発生から屋根の棟及び瓦の部分葺き直し工事で解消致しました

【施工内容】

屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

と近隣地区の施工事例のご紹介

清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

【施工内容】

瓦屋根工事

小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

【施工内容】

屋根補修工事

東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る